世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2677年12月23日(祝、土)<奉祝>天長節



天皇彌榮


井上功一であります。
本日、
12月23日(祝、土)は、

天長節。

今上陛下におかれましては、

85歳(滿84歳)のお誕生日をお迎えになられました。


ご長寿をお祝い致しますと共に、

皇國の彌榮を願い、

神洲不滅の誓いを致し、

世界に冠たる皇國=大日本帝國の再興を、

改めて期したいと思います。

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/12/23(土) 07:47:07|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【受講報告】2677年12月15日(金)『無我なる愛』論文答案研修(第十八回)最終回於大阪正心館

井上功一であります。

本日は、
業務終了後、
幸福の科学大阪正心館に赴き、
171215_1817~001

毎年年末恒例の、
『無我なる愛』論文答案研修(第十八回)
を受講し、

論文二問を書き上げて参りました。

今回第十八回で、『無我なる愛』シリーズは、終了。

次回からは、別のシリーズが開始されるそうです。

第一回から受講しておりますので、
激寒の宇都宮総本山正心館へ行ったのを、
思い出します。

静寂の中、誰にも邪魔されず、
只管思慧し、
思う存分書き綴る至福の時。
私の最も好きな研修。

毎年、
今年の反省と来年の方針決定の場
としております。

来年2678年は、
「信仰の法」の年でありますので、
将来の世界人類の平和を願い、
ストレートに、神の正義を貫き、
祭政一致の國體再興を、
テーマとして取り組む所存であります。
171215_2351~002


ガイダンスDVDを視聴した後、
19:45から開始して、23:45に終了。

三問の課題の内、
二問を選択して取り組みでしたので、

第一問と第三問を選択。


第一問は、
・楠公精神、松陰精神、報國の至誠、特攻精神、幸福実現党精神は、無我の境地
・政治運動、選挙運動は、無我修行の好機
といった様な論点で展開。


第三問は、
・天御祖神を始祖とする皇國史観侵透は、祭政一致の國體再興の一助
・公開霊言は、巷の常識、CIAを凌ぐ世界最高のインテリジェンス
といった様な論点で展開。
171216_0016~001


普段の自作チラシの集大成みたいなところもあり、
普段、基本自由放任、ほったらかしの守護霊もお越しになり、
終始、愉快で仕方ありませんでした。
ほんと、宗教修行は、良いものでありますね。


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/12/16(土) 02:20:51|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2677年12月01日(金)統一地方選優先の天皇陛下御譲位日程決定は、不敬の極み。





井上功一であります。

澄みきった空に、
明鏡の如き月が輝き、

師走となった大阪市内は、
冷え込み、5℃程度。

一氣に、冬となりましたが、

本日、
「今上陛下、平成31年4月30日、御譲位。」
という日程が決定されてしまいました。

統一地方選後、
選挙優先という人間都合日程は、

政治家(与野党共に)の自己保身であり、

不敬の極み。

天皇陛下は、
皇孫であらせられる現御神。

そもそも、
臣下が、御譲位を決めること自体間違っておるのであります。
祭政一致の宗教政党
幸福実現党に於いても、
これ迄通り、
「政局より政策」
「選挙より正義」
という基本姿勢にて

選挙運動最優先ではなく、
神の正義を貫き、
報國の至誠に生き、
日々の政治運動に於いて
國民の皆様の教導啓蒙、
國民の皆様の問題解決、
に専心し、
選挙は、頑張るものではなく、
あくまで日常の通信簿
と捉えて
実のある取り組みをすることが、重要であります。


来年平成30年、2678年は、
折しも、
「信仰の法」の年。
我が國體の本義を、問う年。

神洲不滅の皇國再興、
祭政一致の國體再興
(宗教立國)
を、期すことが、
必定かもしれません。






テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/12/01(金) 22:42:12|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【これは、エエヨ!】<祝大川隆法総裁著作2300冊>"公開霊言「マイティー・ソーとオーディンの北欧神話を霊査する」”→正義の雷神ドンナー(Donner)、及び主宰神ヴォータン(Wotan)の霊言。

Deutschland ERWACHE!

「神の正義」を、宇宙に張り巡らせる「ユッグドラジール(世界樹)」
160817_2249~001
神の正義を貫き、刃向う敵は、神の鉄槌を下し、徹底的に叩き潰さん。
世界に冠たるドイツ再興の予感。
「アスガルト文明」「ゲルマン神話」現代に復活。
ゲルマン民族は、アトランティスの末裔、実在したアスガルト。
150524_1913~001



井上功一であります。
昨年8月18日にも、

「マイティー・ソーとオーディンの北欧神話を霊査する」
171127_2342~001
即ち、
正義の神(雷神)ドンナー(Donner)、
及び
主宰神(戦いの父)ヴォータン(Wotan)

の公開霊言拝聴報告致しましたが、

目出度く
大川隆法総裁2300冊目の著作として、

発刊されましたので、
加筆修正して、
以下、投稿いたします。


今までは、
シュヴァルツバルト(ゲルマンの黒い森)で、
黒魔術を使う神々
という
ゲルマンの神々に対して
非常に失礼な見解でしたが、

ゲルマン(北欧、ドイツ)には、
アトランティスの末裔として、
10000年前から、5000年前に、
テレポーテーション能力により、
霊界、宇宙へも、自由に行き来できる
アスガルト文明が、栄え、
それが、現ヨーロッパ文明の基礎
となっていることがよく理解できる
公開霊言であります。

ヨーロッパに、
キリスト教が伝来してから、
文明が栄えたというのは、
やっぱり、
ユダヤ系(レプタリアン系)の
排他性一神教のエゴであり、
キリスト教伝来により、
逆に、由緒正しい伝統文化が、
破壊されていった。ということが本当にところ。


幸福の科学信者さんが、
お喜びになるところでは、


正義の雷神ドンナーと、
その弟、火の神、智慧の神ローゲ(Loge)は、

共に、ヴォータンの息子。

ヴォータンは、戦いの神であると共に、智慧の神。
ヴォータンは、トス神、HSU指導。
オフェアリス神の

激昂すると、
髪を逆立てて、
ハンマー(ミョルニル)で、
敵の巨人族、マンモス、バッファローも、
頭を叩き割り、一撃必殺。
ハンマーを回して、
雷雲、ハリケーンを呼び、
氣象を司ることができた
マッチョマンの
ドンナー神は、
日本には、伊邪那岐大神、御次女様として、転生。


ハイテク、智謀、技術革新と、
智慧を用いて戦う
ローゲ神は、
日本には、天御中主神、御三男様として、転生。

ドイツ(ゲルマン)と、日本は、
太古より深い縁があります。


日本には、戦死した英霊の集う「靖國神社」
ゲルマンには、
巨人族(レプタリアン)との
ラグナログ(世界最終戦争)に備え、

ヴォータンが、
ヴォータンの娘である
天駆ける馬に乗った
ヴァルキューレ達に、
Flagstad.png
英雄が戦死し、
ヴァルファーター(戦いの父)の下へ
赴くことを、告げさせ、
ヴァルキューレ達に
戦場で戦死した英雄を
「ヴァルハラ」
140408_2330~001
へ運ばせる。
といった共通項もあります。

同じ白人でも、
単なる弱肉強食、適者生存の世界に生きる
「アングロサクソン」

深い哲学、精神性精神性、
自然を愛する情緒のある
「ゲルマン(北欧系)」
では、相違があり、

ドイツ音楽愛好家が、
日本に多いことでも、
分かる様に、
ゲルマン民族は、日本人と
精神が似通っております。

また、
ドイツのバイロイト祝祭劇場で、
バイロイト祝祭劇場
バイロイト音楽祭開催期間中
特に、
ゲルマン神話、アスガルト文明を題材にし、
ドイツ精神の精華と言える
「ニーベルングの指環」上演のある昨年に、
公開霊言が、実施されたのは、
強く神々の意志が働いたと言えます。

*バイロイト音楽祭は、
リヒャルト・ヴァーグナーが、
ヴァーグナ信奉者・パトロンである
バイエルン國王ルートヴィッヒ2世に、
資金援助を受け、
設計、建設した
「バイロイト祝祭劇場」で、
臨時編成オーケストラにより、

毎年7月8月に、
ヴァーグナーのオペラ、楽劇
のみ上演されます。

ゲルマン神話、アスガルト文明理解には、
ヴァーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」が、
最適。

私(井上)は、
エッダ、サーガという

ゲルマン神話(北欧神話)を、主題とし、

「ドイツ精神」「ゲルマン魂」

とは、如何なるものかを示した

リヒャルト・ヴァークナー
ヴァークナー
製作の
楽劇「ニーベルングの指環」他

中学生、高校生の頃から、
親しみ、

神道以上に、
ゲルマン神話には、傾倒しており
魂の郷愁を強く感じますので、
ほんとこの霊言、

嬉しくって仕方ありません。
ヴォータン神、ドンナー神から、
直接、話を聴ける幸福の科学は、
本当に、良いところであります。


*因みに、
「ニーベルングの指環」は、
序夜「ラインの黄金」
第一夜「ヴァルキューレ」
第二夜「ジークフリート」
第三夜「神々の黄昏」
からなり、
上演には、四夜16時間以上かかります。


以下、感想を述べます。


1.ゲルマン民族は、アトランティスの末裔、実在したアスガルト
・ゲルマン神話の世界は、10000年前から5000年前。
氷河期が終わって、温かくなり始めた時代。
10400年前、アトランティス大陸沈没に際して、
宇宙、ギリシア、アフリカ(エジプト)、アメリカ大陸へ、
逃れていった。

・宇宙に逃れ、北欧の地アスガルトに、宇宙から、
高度な文明を持って「天孫降臨」したのが、
ヴォータン他の「アース神族」。よって、天孫民族と言える。
文字、言語、文化、芸術、伝統、氣風、
ヨーロッパ文明の基礎をかなり創ったのが、「アース神族」。
ここ3000年期のヨーロッパ文明は、かなり高等。


・マディソン・グラント著「偉大なる人種の消滅」他、
多少偏向しているところもありますが、
ゲルマン民族、アーリア人種が優秀で、
アトランティスの末裔というのは、
やはり事実であった。と言えます。

この現代に蘇える「ゲルマン神話」が、
日本と同じく、枢軸國であり、
戦後レジームに苛まれる
同盟國ドイツとって、

「世界に冠たるドイツ」

再興の一助となる予感が致します。


・アスガルトの國土は、
ドイツ、ポーランド、フィンランド、スウェーデン、
ノルウェー、デンマーク、イギリス、アイルランド。

・アスガルト文明消滅後、ヴォータンは、
ギリシャ、アフリカ(エジプト)文明を指導。
アトランティスのピラミッドパワーを
エジプトへ伝えたのも、アスガルト。

・アメリカ大陸には、赤色人種がいたが、
アトランティス人が、氣象兵器で、
滅ぼしたのではなく、火星人。
ヴォータンは、
アガシャーが、アトランティス滅亡させた張本人の一人。
ともいっております。

2.東方の巨人族は、退化したレプタリアン
・寒い地域のウクライナ、ロシアからスラブ系の巨人族が、
攻めてきたので、その戦いがあった。
他、当時、南方、海賊、宇宙との戦いもあった。

・ドンナーの時代で、でくの坊の巨人族、氷と雪の世界の民族は、
ロシア方面へ撃退して、戦いを終わらせた。

・巨人族の霊界は、今で言うところの地獄界。


3.当時の「アース神族」は、宇宙、霊界含めテレポーテーション
・アスガルトでは、隕石の地球外元素により、反重力装置があり、
飛行、建築能力も進んでいた。


・当時の寿命は、5000歳。霊界、地上界の区別無く、一体の世界。
霊界と普通に行き来でき、霊人と、普通に話ができた。


・科学と魔術は、全く同一。狭い範囲の科学に縛られる現代が、
非常に哀れ。


・「アース神族」は、テレポーテーション能力があり、
宇宙、霊界含め、瞬間移動できた。


・ヴォータンの傍に、
偵察をする二匹の鴉(カラス)フニンとムギン
160817_2225~001
がよく描かれるが、実は、人間。
当時は、空を飛べる羽付き人間もいた。


・ヴォータンが隻眼で描かれているが、
天体観測等で、
望遠鏡を多用していたのが、そう描かれている。


・宇宙の9つの世界を統治。アンドロメダへはよく行った。
ゲルマン神話では、
宇宙は、宇宙のトネリコ(ユッグドラジール=宇宙樹)の中に、
ヴァルハラ城のあるアスガルト神が住まうアスガルト、
ヴァーン神の世界ヴェナハイム(ヴォータン妻フリッカ、美と青春の女神フライア、平安と虹の神フローの出身地)、
侏儒族の住む霜と氷の國ニーベルハイム
巨人族の住むヨトォンハイム
人間族のミズガルト
地獄界のニーベルヘラ
他の9つの世界があるという世界観。
これらは、霊界であるとともに、他惑星であると考えられます。
今以上に、霊的に進化していたのかもしれません。


・日本の神々では、天御祖神、天御中主神、天鳥船神が、宇宙へ自由に
テレポーテーションできた。

4.ドイツ國歌歌詞
作詞:ハインリッヒ・ホフマン・フォン・ファラースリーベン
作曲:ヨーゼフ・ハイドン


1番
Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt,
Wenn es stets zu Schutz und Trutze
Brüderlich zusammenhält,
Von der Maas bis an die Memel,
Von der Etsch bis an den Belt -
|: Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt. :|


ドイツよ、全てに冠たる、
世界に冠たる我がドイツよ!
マース川からメーメル川、
エッシュ川からベルト海峡まで
護りの為めに いつも
兄弟の如く団結せば
ドイツよ、汝は全てに冠たる、
世界に冠たる我がドイツなり!


2番
Deutsche Frauen, deutsche Treue,
Deutscher Wein und deutscher Sang
Sollen in der Welt behalten
Ihren alten schönen Klang,
Uns zu edler Tat begeistern
Unser ganzes Leben lang.
|: Deutsche Frauen, deutsche Treue,
Deutscher Wein und deutscher Sang. :|



ドイツの女、ドイツの誠、
ドイツの酒にドイツの歌よ。
その古への調べを
宇内に保持し、
この身命ある限り、
我らを弥貴き業へと赴かせよ。
ドイツの女、ドイツの誠、
ドイツの酒にドイツの歌よ。


3番
Einigkeit und Recht und Freiheit
Für das deutsche Vaterland!
Danach laßt uns alle streben
Brüderlich mit Herz und Hand!
Einigkeit und Recht und Freiheit
Sind des Glückes Unterpfand.
|: Blüh' im Glanze dieses Glückes,
Blühe, deutsches Vaterland. :|



団結と権利と自由を
祖國ドイツの為に!
我ら兄弟の如く挙りて
その為に努めようぞ!
団結と権利と自由こそ
幸福の証しなれ。
この幸福のもと栄光あれ、
栄光あれ、祖國ドイツよ!


4番
Deutschland, Deutschland über alles,
Und im Unglück nun erst recht.
Nur im Unglück kann die Liebe
Zeigen, ob sie stark und echt.
Und so soll es weiterklingen
Von Geschlechte zu Geschlecht:
|: Deutschland, Deutschland über alles,
Und im Unglück nun erst recht. :| )


ドイツよ、全てに冠たる、
艱難の時にこそ冠たるドイツよ。
艱難の時にのみ愛は
己が強さと清さの程を示さん。
かくて世代から世代へと
ドイツはこれぞと遍く報らすなり。
ドイツよ、全てに冠たる、
艱難の時にこそ冠たるドイツよ。



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/11/28(火) 00:40:52|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2677年11月23日(木、祝)<奉祝 新嘗祭、初転法輪祭>

井上功一であります。

昨日11月23日は、
本年の五穀豊穣を、
神々に感謝する

「新嘗祭」。
171123_1454~001


幸福の科学においては、
31年前の昭和61年(西暦1986年)、
大川隆法総裁先生が、初めて説法された日、

「初転法輪祭」。
171123_1633~001


早朝、國旗掲揚をして、
お祝いし、
171123_1740~001

天御祖神、八百萬の神々に、
感謝の誠を捧げ、

新米を、スーパーで買い、
今年初めて戴きました。

我が國は、
神々も、勤労をされ、
働くことを、尊ばれる國體であります。

勤労を尊び、
怠慢を悪しとし、
労働することを喜び
とする精神は、
現在においても、
息づいております。

これが、
我が國の強みであります。

また、
石田梅岩先生が、説かれ、
深く日本人に、その精神が根付いている
石門心学は、

自己責任、自助努力に基づく、

「質素、倹約、正直、勤勉」

という日本型資本主義精神
であります。

最近は、
西洋型資本主義
新自由主義
等を有りがたがる傾向もありますが、

この類は、レプタリアン型資本主義
と言えるかもしれません。
ドラッガー氏も、
社会保障を代替している
終身雇用、福利厚生充実の日本型経営を、
高評価していらっしゃいます。


初転法輪祭が、
新嘗祭
と同日であるというのは、

天御祖神であらせられる
大川隆法総裁先生が、
自助努力、自己責任、自由を尊重され、
勤勉、勤労を美徳とされること、
そして、
法という果実の豊作を願われている現れ
であるのかもしれません。



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/11/24(金) 02:29:30|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【拝聴報告】2677年11月12日(日)『新しい霊界入門』-『渡部昇一 死後の生活を語る』講義-→政財界への波及効果が大きい「霊界の証明」「日本啓蒙」の一書。「セルフヘルプ」の精神は、仏教霊界に通じる。「知は、力なり。」とは、「目的としての学問」


井上功一であります。
小春日和の本日(11/12)、

『新しい霊界入門』-『渡部昇一 死後の生活を語る』講義-
171112_1823~001
が開催されましたので、

豊中支部迄赴き、
衛星中継を拝聴。
171112_1535~001

良い天氣でしたので、
ロードレーサー(自転車)で、
片道14kmを、
神崎川沿いのなにわ自転車道
171112_1554~001

阪神高速高架側道
経由で、往復。
多少は、運動になりました。
171112_1554~002 
 


民族派、國粋主義者の
私にとって、
渡部昇一先生は、

・皇國史観による我が國體観。

・大東亜戦争は、正義の戦争。

・現御神、八紘一宇、大東亜戦争、通洲事件、
本年80周年である支那事変南京攻略戦の真実、

・英王室の「ノブレス・オブレージュ」の真意は、
ドイツのハノーバー朝起源の為、
ドイツと戦争した時、
率先して、王室、貴族が、従軍しなければ、
利敵行為をしていると、英國民に疑われるから。


我が國の國體の本義を、
理解し、
血肉にするに当たり、
書籍だけではありますが、

非常に、薫陶を受けましたので、

本日の講義も、
非常に高い関心を持って拝聴致しました。
171112_1557~001

本当、
嬉しさ満載の講義。
未拝聴の方は、
拝聴を、強くお薦めします。

【印象に残った2点】
特に、印象に残ったのは、

1つは、「目的としての学問」
資格取る。就職する。収入を得る。出世する。
この世のテクニックとしての学問。
その為の
「手段としての学問」
が、
多くの人の学問への姿勢。

しかし、
学問の本質は、
勉強すると、喜びを感じる。
勉強そのものが、喜び。

「目的としての学問」

目的としての学問=知は、力なり。


*私も、幼少時から、これまでの人生
「なんで?とにかく知りたい。」
「疑問、好奇心、本質を知りたい。」
これで、生きてきましたので、


「目的としての学問」

非常に共感致します。
幸福の科学に入信したのも、
「とにかく知りたい。」
この動機故。

政治運動、宗教活動で、
戸別訪問、フェーストゥフェースで対話するのも、
選挙、支持者獲得、布教、伝道、救済の為というより、
どちらかというと、
相手のお話を聴き、
未知なる世界、新たな知識を得るところが、
大きいと言えます。

印象に残ったもう1つは、
渡部先生は、
3次元世界の延長と言える
集団で生活する世界ではなく、
各人、
個人で生活し、
研究、学問に励み、
お互い干渉しない世界に、
還られていらしゃる。

時々、
谷沢永一先生(過去世、孟子)
なんかとも、対談される。

光に近い世界で、霊太陽は見えないが、
昼しかない世界。
171112_1558~001


*岩山の上に、庵を結び、
思索に耽り、必要な時以外、
他人と会わない霊界生活。
非常に、郷愁を覚えます。

こういう世界還るのは、
かなりハードル高く
幾転生かかるか分かりませんが、
目指したい。と思います。

【ご参考】公開霊言「『幸福実現党に申し上げる』
―谷沢永一の霊言―」
以前、
谷沢永一先生は、霊言で、

「幸福実現党が、
2013年参院選で勝つ方法は、
全くない。0%に近い。
しかし、
だからこそ、君たちは、正しい。
間違っていない。」

「正しいことを言っているからこそ、
マスコミは、報道しない。
現時点で選挙に勝つということは、
唯物論、左翼思想に汚染された
マスコミに迎合していることである。」

「選挙に勝つという様な、
人に愛されたいという様な、
欲をだすな。
君たちは、歴史を創っているのだ。
短い期間で止めたら、
日本史の教科書にすら載らない。」

「玉砕戦法こそ、回天の偉業である。
帝國海軍の人間魚雷回天は、
乗り込んで、ハッチ閉めたら、
敵艦に突っ込んで、
敵艦を撃沈するしかない。
人間魚雷に入ったら死ぬ。
これが回天。
入った以上、死ぬしかない。」

「負け続けてもいいから、
『特攻精神』で、
妥協せず、正論を言い続けよ。」

「君たちの特攻精神が、
安倍首相に、
吉田松陰、三島由紀夫、安倍晋三、
といった
マネをさせ、
日本を保守回帰させたのみならず、
保守言論人に、
勇気を与えておるのだ。」

「中国も、選挙に負け続けながら、
今、
倒すという荒業をやっておるのだ。」

「戦後、
左翼に汚染された日本、
日本のマスコミを除染し、消毒して、
徹底的に、
悪魔を殲滅してしているのが、君たちだ。」

「君らは、単なる維新ではなく、
保守反動型の『白虎隊』
である。」

「安倍さんでは、
領空侵犯機の撃墜命令、
領海侵犯船の撃沈命令、
自衛隊の交戦命令、
を出すことができない。
現に、
国土交通大臣に、
親中派である公明党の人間を
任命していることからも分かる。
これは、中国へのご機嫌取り。
安倍さんは、この程度。
だから、
選挙に勝とうと、負けようと、
自衛隊を交戦させる為に、
君らが、
國論を、教導しなければならない。」

「知行合一といっても、
ただ行動しておれば良いのではない。
深みと高さがあってこそ広がりを生む。」

「正しいか、正しくないかを、
國民に、問い続けよ。
一切の妥協なく、
正しいことを貫くことで、
愛され、人気も出てくる。
これが、幸福実現党の魅力。
選挙に当選するという様なものは、
後からついてくる。」

「2012年衆院選でも、
最後は、
少々ご機嫌取りに走った気があったが、
硬派は、硬派で貫くこと。」


非常に、幸福実現党を、
応援してくだっさっております。


【拝聴後】
講義拝聴後は、
この前、
危篤状態で入院されていながら、
選挙前に退院され、
先般の選挙でも、多大なるご協力を頂いき、
また、
仏法真理学検定試験も
受験された80代女性他、

50代~80代の知的生活を
日々歩まれるオネイ様方と、
選挙話、数森さんの健闘、
神話の霊言、
ドイツリートの話他
楽しく談笑。


こういう
セルフヘルプ、ピンピンコロリ
に生きられる
高齢者ばかりになれば、
日本の社会保障費は、かなり削減できる。
と思います。
財源ではなく、思想、思考の問題かもしれません。


以下、その他内容と感想を記述します。
171112_1600~001

【その他、主な内容、感想】

1.セルフヘルプを信条にすれば、仏教霊界(幸福の科学霊界)へ還る
・渡部先生は、キリスト教徒かつ、上智大学。
かつ、皇室護持、皇史観浸透に励まれ、神道的。
しかし、
還られた世界は、仏教世界。
なぜなら、
セルフヘルプ、自助努力、勤勉は、釈尊の縁起の思想に行き着く。
セルフヘルプは、仏教霊界に繋がる。

2.「霊界の証明」の一環、本書1冊で、日本は、霊的人生観啓蒙できる。
・渡部昇一先生は、政財界に多大な影響力をお持ちで、波及効果大きい。


・渡部先生は、「宗教と知的生活」両方感じ取られる方、
よって、大川隆法総裁が、唯一対談
された。


・マイティー・ソーの霊言で、2300冊になるが、
来年の戦略経典「信仰の法」も、
いっしょに宣伝やる。

*マイティー・ソーは、
ゲルマン神話の雷神ドンナー(トール)、
お蔵入りと思っていた霊言が、
記念すべき2300冊目として、
発刊され、
現在に、真のヨーロッパ文明の源流と言える
「アスガルト文明」復活を、
非常に嬉しく思います。
日本霊界と近しいドイツ霊界が、
再興し、
元同盟國ドイツが、戦後レジームから、
離脱する機会となることを、
祈念しております。
171112_1600~002

3.他宗にも、幸福の科学思想かなり浸透。
・神社に、「天照大神」の霊言を、献本しに行くと、
「天照大神、咲也加さんなんでしょ。
それぐらい知ってますよ。」
とよく言われる。

それで、今秋衆院選、
河野一郎候補が、
高千穂地域で、8.6%の高得票率を得た。

神社本庁7700万人に、
幸福の科学の思想が浸透しつつある。
今までも、
外側→神道、内側→仏教
で、良好な関係。
今後も、
外側→神道、内側→仏教(幸福の科学)
となっていく。


・伝統仏教(曹洞宗)の現職お坊さんも、
法事の時、
法事の前、正心法語読み、
伝統経典読経して、
幸福の科学の話を、する人も、
出てきている。
*2017年11月号NO.369、P20~P23にも掲載。
→ここからも、
幸福の科学が、如何に寛容で、
多様性、複数性を認め、自由な宗教であるかが、
よく分かります。

4.その他
・大川隆法総裁が、入寂された後、
「主、エル・カンターレ」
と呼んでも、本体は、出てこないが、
「大川隆法総裁先生」
と呼べば、
今世個性化した部分が、出てくる可能性はある。

ルート
伝法→43号線→伝法大橋→なにわ自転車道→大豊大橋
→大阪池田線→曽根南町3西→勝部寺内線→豊中支部
(往復)

T1:20:03
D28.25
A21.1
M44.1


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/11/12(日) 21:34:34|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【参列報告】2677年08月26日(土)日蓮宗正蓮寺「川施餓鬼」~支部門前化考察~


井上功一であります。
本日8月26日は、

居住する大阪市此花区伝法の団地の隣にある
170826_1416~001

日蓮宗正蓮寺「川施餓鬼」催行の日。
170826_1408~001

本年は、土曜日でしたので、
地域社会の伝統文化に馴染む為、
参列致しました。
170826_1413~001
正蓮寺「川施餓鬼」は、
大阪市指定文化財でもあります。


正蓮寺は、
寛永2年(1625)に開創され、
約400年の歴史を誇ります。

また、
川施餓鬼は、
水難事故で、餓鬼道へ堕ち、
飢えと渇きに苦しむ餓鬼に飲食を施し、
仏に供養することによって餓鬼を救済すると共に、
自身も長寿を願う伝統仏事。

日蓮聖人が萬霊供養のため、
川まで出向き、
諸霊を送り出す経木流しが
組み合わされた盆行事が、
由来と言われております。


正連寺に於ける大法要・焼香の後、
170826_1425~001 
170826_1443~001 
170826_1449~001

15:00頃から、
日蓮上人立像を乗せた神輿、導師、
170826_1457~002
檀信徒、地域御世話人会の方々の行列が、
170826_1457~003
団扇太鼓を叩き、
大音声で、「南無妙法蓮華経」を
唱題しながら、
淀川堤防迄練り歩く

「練供養(ねりくよう)」催行し、

伝法漁港から、乗船出航して、
170826_1509~001
「船渡御(ふなとぎょ)」、
「経木流し」
170826_1527~001
で終了。

船は、供養船5隻の他、
警戒船が数隻にて実施。

供養船は、
大音声で、
「南無妙法蓮華経」を
唱題しながら、
伝法大橋と伝法漁港の間を、
2周します。
170826_1536~001 
170826_1540~001 
170826_1548~001 
170826_1549~001

ほんと
壮観な宗教スペクタル、宗教イベント
宗教パフォーマンス
と言えます。
170826_1603~001

特に、乗船している
檀信徒、地域御世話人会の方々の
感動は、非常に大きいと言えます。
170826_1604~001


幸福の科学も、
支部門前化を掲げるなら、
地域行事として馴染み、
ここまで行かなくては。
170826_1604~002

例えば、
大阪正心館で、
萬霊供養後、
正心法語を読経ながら、
あるいは、
「エル・カンターレ、ファイト」
を叫びながら、
天満橋、淀屋橋迄、
練り歩き、
「練供養(ねりくよう)」
乗船して、
大川に出て、
正心法語を読経ながら、
あるいは、
「エル・カンターレ、ファイト」
を叫びながら、
「船渡御(ふなとぎょ)」、
「経木流し」
を催行すれば、
大阪の夏の風物詩。
となるかもしれません。


テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017/08/26(土) 18:56:53|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ご参考】門前町考察「高野山」「通天閣」


井上功一であります。
昨日は、
納涼、
及び、
ゴールデンウィーク聖地四国巡礼のお礼詣り
の為、
自転車で
高野山に行っておりました。
夜は、
奥の院参道に、蝋燭が灯される
高野山万燈供養会(ろうそく祭)
170813_1358~001
が、
行われた様であります。

最近、
「幸福の科学支部門前化」
が、

話題になり、

常時思慧を
行っておりましたが、

門前化と言えば、
集客せずとも、
日本全國、全世界から、
観光客、参拝者が、
訪れる状態。

最終形として、
1つは、
「高野山」
170813_1347~001

金剛峯寺、奥の院を中心に、
保育園から大学、
商店街、コンビニ、
銀行、
宿、町役場
迄兼ね備える宗教地域。
170813_1400~001


もう1つは、
「通天閣」
170813_1831~001
お笑いの街大阪のシンボルタワー
「通天閣」を中心として、新世界商店街、
ジャンジャン横丁、
山王商店街、
動物園前商店街、
萩の茶屋商店街
天下茶屋商店街
飛田新地
が広がり、
スマートボールを介する遊技場、
土産物店、
カラオケ居酒屋、
ドテ焼き屋、
串カツ屋、
遊廓
が、多数出店集積し、

全國的に有名な
「庶民、労働者の総合レジャー街」
として、一年中賑わっている状態。


こういう最終形を、
考慮すると、
支部の門前化は、
非常にハードルが高く、
数十年以上かかると思われ
先ずは、総本山、聖地、正心館の門前化に特化集中すべき。
と言えますが、

事例を考察することで
支部門前化実現に
一歩近づくことでありましょう。


「高野山」「通天閣」「天理市」等を
視察するのも、
良いかもしれません。



1.集客せずとも、参拝、来訪される理由
・弘法大師空海のご偉業とご遺徳。

・通天閣の建物自体の魅力、集客力。
170813_1834~001

2.巷の人が、宗教に求めるものは、神秘性と宗教性・境内地に、入った途端に、
厳粛、荘厳な空氣があり、
こういうところ、
万人が感じると思います。
・幸福の科学支部は、
せっかく境内地があっても、
駐車場、駐輪場になってしまうのが、少々残念。


・支部、支部長という名称も、
前々から思っておりましたが、
生命保険会社、
あるいは、
秘密結社ショッカー
みたいですので、

支部→寺院or社
支部長→住職、庵主、導師に改めるのも良いかも。


・どう考えても、
幸福の科学の売り、魅力は、
宇宙の根本仏
エル・カンターレ。
どれだけ偉い神さんかを、
巷に浸透させること。



3.観光仏教、葬式仏教こそ、門前化への「キーワード」
・例えば、お盆の供養大祭も、
高野山の万燈供養会の様に、
自治会とタイアップして、境内、歩道に、蝋燭を灯し、
地域行事にする。
※他、クリスマス時期に、
イルミネーションで、支部精舎を電飾するとか。


・支部行事、支部精舎自体を、
当該自治会、当該自治体の観光資源とする。


・最近は、
独居老人、無宗教の人も多く、
亡くなってから、
ご遺族が、葬儀の為、
入檀、墓地探しする方も多い。
宗派、無宗教に関係無く、
終活支援してくれる組織に対するニーズは、益々拡大。


・公認で地方議員立候補の際、
幸福の科学支部を観光資源とする政策
終活支援政策
を掲げるのも一つ。


4.あっさりしている幸福の科学風土は、魅力
・創価学会の様に、
ディープな人間関係を築くのが良い。
幸福の科学は、冷たい。
という人もありますが、
「君子の交わりは、水の如し。」
「来る者は、拒まず。去るものは、追わず。」
という
新興宗教にしては、珍しい
行雲流水の如き、
お互い全く利害関係の無い
「自由と民主主義」を

尊重する組織風土は、
現代人に、非常に適合しており、魅力的。
今後とも、維持したいところ。
→ここが、ネット入会盛況の理由。


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/08/14(月) 19:39:17|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【参加報告】2677年08月02日(水)特別大講演会「人類の選択」→「自由と民主主義」「世界的正義」が、始原の神の世界観。戦わずして敗れ「圧政、弾圧粛清」の社会主義的全体主義の奴隷となること勿れ。これが、今現在の人類の選択。

井上功一であります。
報告が、大変遅くなりましたが、
忘れない内に、
率直な感想記述致します。


2677年08月02日(水)
靖國神社参拝の後、
170802_1626~001
東京ドームに参集し、

大川隆法総裁特別大講演会

「人類の選択」

を拝聴致しました。
ある方から、
急遽、アリーナ席譲って頂いたので、
アリーナ席にて拝聴。
本当に、ありがとうございました。
170802_1704~001

・東京ドームでは、
お互い少々年寄りになりましたが、
22年前、再会を誓い合った
多くの法友と再会を果たし、
感無量でした。
現法友皆、同期の櫻。

帰りのツアー新幹線車中は、
宴会状態で、
「同期の櫻」を、
5番迄歌いたい氣もしましたが、
自重しました。

行き帰りの車中では、
各人の入信の経緯、
幸福の科学グループに於ける
各人の位置付け等
改めて談笑し、
結構、共通項があることも分かり、
より一層懇親が深まりました。


・昔の夏の東京ドームは、
真夏の太陽が照り付け、
汗だくで、入場を待つ記憶がありますが、
今回は、霧雨が降り、
非常に涼しく快適な入退場でした。
170802_1706~001


・また、
千眼美子さんの歌、
流石ライブで、
聴衆の心と一体となり、
感動的な上手な歌唱でした。

國語のディクションがしっかりしていて、
聞き取りやすく、声量の十分あり、
歌詞の一つ一つを十分解釈した上で、
乙女心の情感込めて歌われており、

「ほんま、上手や。
これやったら、ほんまCD買うても
エエわ。」
と思いました。


・さて、ここから本番。
「人類の選択」
の概略と感想。


端的に申せば、
始原の神は、

地球人類創造の秘史をも、開示された上で、

全体の幸福を、個人の幸福
とする
「世界的正義」「神の御心」
に全く頓着しない
下品で独善的な独裁者に、

全國民が、諂う
社会主義的全体主義を良し。
とされず、

例え、
100万人の犠牲が出たとしても、
逆に、日本独立再興の好機と捉え、

戦意高揚運動

北朝鮮征伐戦争賛成運動

日本再軍備核武装運動

を、慣行してでも、

日米同盟を最大限発揮し、

それ(支那、北朝鮮及び指導する宇宙人)
と徹底交戦して、
戦わずして、敗れること勿れ。

始原の神の心を体現せる
祭政一致の國體にて、
「自由と民主主義」を尊重する世界にせよ。

これが、
第七文明を、存続繁栄させる唯一の道。
今が、
その二者択一の分岐点である。

また、
宗教紛争解決には、
「萬教帰一」、「八紘一宇」、「祭政一致」。
一神教の偏狭さが、紛争、戦争を招いている。

容認される軍備増強、國防強化、防衛力増強容認とは、
「世界的正義」「世界人類の幸福」
を貫いているかどうか。

「始原の神の御心」
が反映されているかどうか。


と仰せになられた。
と理解しております。

170802_2020~001


1.世界人類、今、山頂の分岐点「自由と民主主義」or「弾圧と粛清による社会主義的全体主義」
~日米的世界観or支那、北朝鮮的価値観の二者択一~
・70億人の世界人類が、21世紀、
「平和と安定」or「増えすぎた人類が淘汰」
今、
この選択を迫られている山頂の分岐点にある。


・21世紀始め人類を見捨てない為、
アルファ「始原の神」「創造の神」が、
現れた。

それを、伝承していくのが、
全世界の今日集ったあなた方。
全世界の「人類の選択」を視聴したあなた方。
世界の果て迄視聴してもらうには、
今年10月までかかる。

2.地球人類の創造と、地球の運営方針
・エル・カンターレ地球初の人格である
アルファは、3~4億年前の恐竜時代、
3種の地球人類が創造された時に、下生。


・人類の始祖の1つは、地球霊体数百人に、
地球に完全に適合した肉体を持たせ、
地上に送り込む。


・2つ目は、他の惑星から
地球に適合できる肉体を持つ宇宙人招聘。


・3つ目は、他の惑星から宇宙人招聘し、
地球人と宇宙人のハイブリッド肉体を創造し、
地上に送り込む。
→多分、クラゲのベガ星人等。


・地球系霊団の方針として、
考え方、特徴が全く異なる人類を、
「融和」と「調和」を基本方針として、
地球人としての意識を醸成する為、
様々な文明を興した。
その結果、
「寛容の心」で温かく見守り、
緩やかな「進化」と「発展」
を見た。


・この100万年では、7つの文明を起こし、
現在、
「自由と民主主義」の第7文明。


・アルファ(エル・カンターレ)の神は、
ユダヤ教のエロヒム、
イスラム教のアラー、
儒教の天帝
神道の天御親神
であり、同一人物。
よって、「萬教帰一」。

3.今、第7文明「自由と民主主義」存亡の秋
・「自由と民主主義」を脅かす2つのリアルな現実
1つは、「北朝鮮のICBM完成実践配備」。
もう1つは、
始原の神の発露である
「世界的正義」を理解しない軍備増強、國防強化。


・アメリカは、この1ヶ月で決断し、
北朝鮮に対して軍事行動起こさず、放置し、
北朝鮮征伐のチャンスを逃せば、
スーパー大國の威信を失墜、覇権國から凋落し、
他國が、言うことを訊かなくなる。

→しかしながら、
かつて五大強國の大日本帝國であった我が國が、
戦争放棄を掲げ、
反戦平和、非核三原則、憲法9条護持を唱え、
金儲けに専念して、逃げ続けるだけで、

東洋の盟主、世界の護民官として、
使命を果たせず、
東アジヤの安定と平和の為に、
全く無力であることは、
本当、恥であり、
死力を尽くして戦われた父祖にも、
申し訳が立ちません。
やはり、
我が國は、
北朝鮮征伐を、
皇軍復活、日本核武装、正統な日本國憲法制定
の好機と捕らえ、
行動することが、必定であります。


・アメリカがの逃してきた過去の北朝鮮征伐のチャンス
1回目1994年クリントン大統領時代、北朝鮮核疑惑。
クリントン大統領は、攻撃決意。
しかし、韓国の盧武鉉大統領が、
韓国人100万人犠牲は、困ると泣きつき、中止。
幸福の科学は、実写映画「ノストラダムス戦慄の啓示」で、
北朝鮮の核武装警告。


2回目2008~2009年金日正時代、
核開発更に促進。
オバマ政権、リーマンショックの為、
消極的。


3回目、今、金正恩時代。
アメリカ本土迄到達するICBM(大陸間弾道弾)完成。
170804_1852~002

4.各國のマスコミと政府力関係(言論の自由保障度)
・北朝鮮→支那→ロシア→アメリカ→日本
の順に、マスコミの力増大。

・北朝鮮、
政府批判できるマスコミ存在せず。
完全独裁國家。

・支那、
政権争いがあり、
多少権力闘争ある独裁國家。
(習近平も、6回暗殺未遂がある。)
政府批判したマスコミのメインキャスターは、粛清。
批判したマスコミ会社は、國営化か、廃業。

・ロシア、
半独裁、半民主主義國家。
政府批判したマスコミのメインキャスターは、暗殺。

・アメリカ
大統領批判を自由できるマスコミ存在。
しかし、トランプ大統領は、
マスコミに十分反撃でき、対等な関係。

・日本
政府が、マスコミの支持率を常に考慮。
批判しないように、
安倍さんは、マスコミ幹部を食事会へ呼び、
懐柔。
それで駄目なら、
政権が崩壊。


5.各宗教の問題
・キリスト教→「政教分離」これがあるが故、
愛の宗教であるが、戦争を思う存分実施。

・祭政一致イスラム教は、
教えが古く、
コーラン読んでも、
原理主義に徹しても、
現在のムハンムドの心が分からない。
神の御心が分からない指導者の判断が、神の判断。

・インドは、
様々の神の上に存在する神を理解すること。


他、
非常に多くの論点があり、
密度の高い説法でありました。



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/08/05(土) 01:20:03|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【参拝報告】2677年07月31日(月)鴉宮(からすのみや)、澪標(みおつくし)住吉神社夏祭

JAPAN ERWACHE!
正義の戦争=大東亜戦争終結72年
支那事変制圧80年
7月7日は、コミンテルンによる蘆溝橋事件の日
12月13日は、皇軍による南京解放治安回復祝祭日
大日本帝國軍人は、皇國の譽

天皇弥榮
祭政一致
八紘一宇
皇軍復活
日本核武装
暴支膺懲
北朝鮮征伐


井上功一であります。
昨夜は、業務終了後、
大阪市此花区伝法に鎮座する

鴉宮(からすのみや)、
170731_1947~001

澪標(みおつくし)住吉神社
170731_2019~001

の夏祭へ

参拝致しました。

地元の神様とより懇意となり、
地元大阪市此花区の郷土史、先人の偉業

を深く理解し、
地元の神様方とより懇意になる為、
地元大阪市此花区に
鎮座する神社夏季例祭へ、
参拝するシリーズ5回目。


鴉宮は、800年、
澪標住吉神社は、1200年
の由緒正しい歴史を誇る古社であります。
170731_2002~001

特に、
鴉宮は、
豊臣秀吉公朝鮮征伐戦勝所縁の神社。

朝鮮動乱における

・北朝鮮徹底懲罰殲滅

・日米戦勝


を強く祈念して参りました。

本日は、宵宮で、
鴉宮周辺は、夜店が多く、
参拝客で賑わっておりましたが、
170731_1949~001 
170731_2001~001

澪標住吉神社では、
境内にゴザを敷いて、
神輿を担いでいたオッチャン達が、
寝転んで、
飲酒食事中で、
少々ひっそりしておりましたが、
なかなか情緒がありました。

1.御祭神
・鴉宮
天照皇大神、
住吉大神(底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后)
恵比須大神
市杵島比売大神


・澪標住吉神社
天照皇大神
住吉大神(底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后)
八幡大神
神武天皇

2.鴉宮の謂れ
800年前の建保3年(1215年)、
伝法村の船問屋衆が
村と港の繁栄を祈念し

「傳母頭(もりす)神社」
170731_1958~001

として、鎮座。
伝法村は、淀川河口の港町として、
隆盛を極めました。

文禄元年(1592年)2月19日
豊臣秀吉公は、
朝鮮征伐の為、海陸の大軍を挙げるに当たり、
其軍港を

「傳母(もり)村川口ノ港」

と定められ
出征の時に際して

傳母頭(もりす)神社奉紀神主、田中八太夫に命じて、

「海路の平穏」
「武運長久戦捷」

の祈願をさせられました。

神主田中八太夫の夢に、

「社頭の森中より
三足の鴉を飛ばして
軍船に駕せしめ、
海路の方向を示し且つ守護なさしめん。」

という
神のお告げがあり、
翌日、秀吉公に報告すると、
大変満足され、
即刻、
神主田中八太夫を、
此遠征に於ける水先奉行とされました。

お告げの通り、
朝鮮征伐の海路は、波平らかで、
三ツ足の鴉は、
常に、軍船の前後に飛翔し、
真に守護の任を全うし、
無事、朝鮮半島へ上陸。
日本軍は、百戦百勝。

朝鮮に、「城下の盟」を誓わせました。

文禄2年(1593年)1月16日未の下刻に、全軍凱旋。
翌17日、
秀吉公は、傳母頭神社に参拝し、自ら凱旋の報告祭典を執行。

「傳母頭神社」を改め、

「鴉之宮」

の名を贈り、
鴉が巣を成している森へ
遷座させ、
「鴉之宮」に、
神領を入津料として
碇泊船より納米せしむる権利を与えられました。


3.澪標について
澪標住吉神社の神紋であり、
大阪市の市章でもある

澪標(みおつくし)は、

河口付近で、船が、浅瀬で座礁するのを防ぐ為、
航路を示す標識であります。


テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/07/31(月) 23:48:08|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad