世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2011年09月11日(日)”鈴木真実哉教授セミナー『鈴木真実哉教授の世直し論』”参加報告

井上功一です。

2011年9月11日(日)午後

幸福の科学豊中支部で開催された

聖学院大学経済学部教授
鈴木真実哉氏セミナー

『鈴木真実哉教授の世直し論』

に参加して参りました。

豊中支部では、
鈴木真実哉教授セミナーは、

今回も、
第一部:講演&質疑応答
第二部:ティーパーティ
第三部:ディナー(飲み会)

三部構成
大変、お得なセミナーでした。


青田さんのポルシェ911カレラで、
お迎えしましたので、
「軽自動車、支部に駐車禁止。」

真実哉教授は、上機嫌でした。


第一部では、
清貧の思想を努力しない言い訳にしてはいけない。
大金持ちだけど、贅沢できないのと、
貧乏で贅沢できないのは、違う。
貧乏で贅沢できなくて「清貧」といっているのは、恥ずかしい。

・国民のたかり根性は、ペットと同じ。
ペットは、衣食住保障されているが、自由がない。
人間の幸福は、「自由」であること
ペット国民が増えているが、
人間が、ペットの幸福に甘んじては、いけない。

・円高、円安と日本では、いっているが、
海外では、強い、弱い。といっている。
よって、円高は、好ましいことである。


・増税は、全く必要なし、
復興国債の日銀直接引き受けしても、
財政破綻しない。
日本には、あまり公表されないが、
借り方に、資産が多くある
また、経常黒字で、債権国である。

・大黒天に愛されるコツ
-ビジョン・目標・理想が明確なこと
誠実であること(手を抜かない)
継続的学習(創意工夫し続ける)
-自分の仕事を客観的に評価する仕組みを持っている
-「相手のために」ではなく、「相手の立場」に立つ(献身的)



第二部は、
「生きる意味」へのサイン会で盛り上がり、
あっと言う間に完売。

・鈴木真実哉教授に対する
テレビ、ラジオへの出演要請。
111012_2257~001 

111012_2258~001 



第三部は、
常連の
紅一点(千中のI井由美子さん)

健全な聖中年のオッチャンたち、

器の大きな八巻支部長
(歴代支部長で、オッチャン飲み会参加初。)
但し、古くは、三嘴さんはよく参加されてました。

・八巻支部長の経歴よもやま話

寺田パパ、
出戻り安藤さん


「奥方内助の功自慢、あげまん自慢」
に、花が咲いていました。


『鈴木真実哉教授の世直し論』は、
DVD化しておりますので、
豊中支部で、視聴可能です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:税金 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/10/12(水) 23:56:40|
  2. 経済、増税阻止、震災復興
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011年10月13日(木)21:00開始<幸福実現TV>「崖っぷち日本、どうする安全保障!?」参戦模様 | ホーム | 2011年08月20日(土)「宗教立国実現研修」第二部(深田としこを囲む会)【参加報告】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/63-f34f8e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (39)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる