世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

「ファイナルジャジメント」映画主人公!?のような熱い学生メッセージ

From:シブチョウ

Uくんから熱いチャレンジ報告メッセージを頂きました
心に火が付きます
一緒に行動!または応援いたしましょう!!

*・゜゜・*.。..。.*
各大学での突撃ジャッジメント本当におめでとーー!!

僕からは、今日のチャレンジについてお伝えします!!

長いですが興味あれば読んでください。

自分なりにROLEを果たしたいと思い、

つい先ほど、我が大学の教職の授業(自分は受けていない)に単身で突撃し、FJのPRを試みてきました。

生徒数はざっと数えるに100人余り。

授業開始前に、担当の先生に
自分達のサークル活動の一貫でエキストラに出演してきた『ファイナル・ジャッジメント』という映画のPRをさせてもらえませんか?
と突撃で申し出ると、
『少しだけならいいよ。』
という返事が。

それから5分ほど授業開始を待ちました。

ドキドキしながら何を伝えるか、考えると鐘が鳴り、
ざわめく生徒達の前に立ち、
「みなさん、聞いてください。」

その一言でさらに一瞬のどよめきが、、

負けずに
「僕は今日はこのファイナルジャッジメントという映画について知ってもらいたくてこの場に立たせてもらいました。」

その後、
「今、日本はかつてないほどの危機にあります。
尖閣諸島問題、沖縄の基地問題など、様々に外交上、危惧すべき問題が山積みなのはご存知の通りです。

この映画『FJ』は、その喫緊の問題に対して、真っ正面から取り組み、もし日本が他国から侵略を受け、占領されてしまうとしたらどうなるのかを如実に描いています。

みなさんは、今、平和の上に暮らしており、
こうして大学に集い、自由に勉強していると思いますが、
このような学問の自由、思想の自由、結社の自由など、自由というのは当たり前に存在するものではありません。

教員を目指す人にこそ、このような自由の大切さを知り、未来を担う子供達に伝えてもらいたいんです。

僕は真なる平和の教育とは、単に戦力削減のみでなされるとは思いません。

自由と平和を守るには強い意志、勇気が必要だと思います。

このことをまざまざと実感させられるのがこの映画です。
どうか1人でも多くの人に観ていただきたいと思っています。」


まさに鷲尾正悟になった気分で完全にアウェイの中、5分程、真剣に熱く話をさせてもらいました。

中には、無関心な人もいれば、うなずきながら真剣に聞いてくれる人も。

「少しでも興味があり観たいという人にはチケットをお渡しします。」

と伝え、数人の手が挙がりほっとすると

「それって幸福の科学が創ってるんじゃないですか。」

と冷めた声で横やりが入り、ドキッとしましたが、

「そうです。しかし、僕は幸福の科学が創ったものであれ、宗教が携わっていたとしても、本当に大切な考え方や正しいものは正しいものとして伝えるべきだと思っています!」

と切り返すと、とりあえず渋々納得したようで、引き下がりましたが、

また手が挙がり、
「これは営利活動じゃないんですか?このような営利活動は国立大学法人では禁止されているはずですが。」

と言われたので
「僕は重要なことを伝えたいという個人的信条で動いているため、特に映画の営利目的のためにやっているわけではありません。僕には映画の収入は関係ありません。特に今回は公の場で堂々と伝えているので嫌なら、無視してください。」

とやりとりしていると、先生が

「それでは授業を始めるのでやめてください。」

と問答無用で差し止めに入ってこられ、

僕も不本意でしたが、これ以上粘るのはさすがに無理だと判断し、やむなく退出しました。

突撃で行ったので、仕方ない部分もあったのですが、
正直悔しい思いでいっぱいでした。

国の有数の国立大学において禁止されているからだめだという安直な考え方をする人が当たり前にいること。

真に大切なことがまだまだ気づかれていないこと。

歯がゆい気持ち、
もどかしさがたまりませんが、

気づいてからでは遅いのだということを、挫けずに愚直に伝え続けなくてはいけないと痛感しました。

しかし、
このたった数分間のチャレンジもみんなの毎日の頑張り、支えのおかげです。


久しぶりに心臓がドキドキしたチャレンジでしたけど、まだ諦めることなく頑張りたいと思います!!


長文読んでいただきありがとうございました。 

UK
 



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:2012年公開 邦画 - ジャンル:映画

  1. 2012/06/09(土) 12:53:49|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2012年06月09日(土)<ご参考>【ついき秀学の未来への決断】自衛隊を「軍隊」とする解釈改憲を急げ | ホーム | 【実施模様】06月08日(金)<サラリーマン出勤前街宣>「平成・大坂夏の陣<橋下徹宰相就任阻止>」於三国駅前>>

コメント

歯がゆさ、もどかしさ、わかります。
信仰者には常に付きまとうことですなあ。
そこまで言えたら上等上等
それ以上は如何とも出来ませんから。
  1. 2012/06/09(土) 16:34:59 |
  2. URL |
  3. maka #ftr86F3A
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

20歳そこそこで、これだけ行動できたら、たいしたものだと思いますね。
ほんとに。

オッチャンたちも、気合を入れて取り組みたいと思います。
  1. 2012/06/09(土) 21:56:14 |
  2. URL |
  3. 井上功一 #qhByB3uI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/603-39d3463d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (664)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (306)
自転車 (975)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (63)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる