世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】"長谷川慶太郎の未来展望~コロナ禍の世界をどう見るか~”→「ゴールデンエイジ」=「ガラガラポンの時代」。それでこそ、「救世主再臨」の意味がある。マスコミが、幸福実現党を黙殺する「本当の理由」は、「幸福の科学が、皇室の代わりに國教になろうとしているもう一つの革命勢力」に見えているから。

 井上功一であります。
國際エコノミスト=長谷川慶太郎氏の
公開霊言第二弾。
"長谷川慶太郎の未来展望~コロナ禍の世界をどう見るか~”
KIMG3593.jpg
本質を突いたストレートな言論で、
非常に嬉しくなって参ります。
様々な面白話が展開されておりましたが、
特に、
・「ゴールデンエイジ」=「ガラガラポンの時代」。
現体制崩壊、暗黒の時代だからこそ、「救世主再臨」の意味があり、
「救世主」の有難みが出てくる。
・マスコミが、幸福実現党を報道しない「本当の理由」は、
「幸福の科学が、皇室の代わりに國教になろうとしており、
現國體、現体制を揺るがす共産党に次ぐ、
もう一つの革命勢力」に見えているから。
この2点非常に、核心を突いたご指摘だと思います。
しかしながら、
先日の「信仰からの創造」では、
「ただ一人往く」
「たとえ世界を敵にまわしても」
この精神で取り組め。
ということでしたので、
今まで以上に、神の正義と至誠を貫くのみであります。
その他、論点と感想を記述致します。
1.インターネット経済、仮想通貨投機は、実体無き経済は、バブル経済
・私(井上)も、ネット世界は、所詮電氣切ったら消える儚い仮想現実世界
と、常日頃捉えておりますが、実体無き経済は、バブル経済。
・実体無き経済崩壊後は、汗をかいて働いて実体経済を地道にやるしかない。
2.國債、公債を乱発するのは、國民の現金を当てにし、甘えている。
・國債、公債を乱発して國力なく財政赤字でも、日本國民は金持ち。
償還する氣なく、
最後は、徳政令を出せば、なんとかなる、と政府は考えている。
3.日本は、今、要請、緊急事態宣言出せば、國民を奴隷化できる感染症全体主義
・憲法変えずとも、法律作らずとも、要請、緊急事態宣言だせば、
無言の圧力、同調圧力で、國民を自由にコントロール出来ることに、
味をしめているいるのが、現在の政治家。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/07/13(月) 21:26:36|
  2. 後援会、選挙、解任通告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【これは、エエヨ!】”「呪い返し」の戦い方~あなたの身を護る予防法と対処法~”→「武士道とは死ぬこと見つけたり」の真意とは、怨霊、生霊とならず、潔く護國の英霊として天上界へ還ること。呪い予防は、常日頃から、三福(惜福、分福、植福)を心がけ、嫉妬や恨みを受けない様にすること。 | ホーム | 【拝聴報告】2680年07月12日(日)御生誕祭 御法話「信仰からの創造」→宇宙の根本仏、地球神「エル・カンターレ」の世界的知名度向上が、ゴールデン・エイジ(太陽の時代)開闢の秘訣。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/4596-9ca8223f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (680)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (533)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1014)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (76)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる