世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【映画館初回(計3回目)鑑賞の感想】2680年05月22日(金)映画"心霊喫茶「エクストラの秘密」-THE REAL EXORCIST-"

→映画館の音響設備は、全く別物、臨場感20倍。全ての台詞、BGMが、はっきり立体的に聴こえる。
人類史の転換点=大東亜戦争(大和魂の精華、特攻精神)+金儲第一戦後日本(唯物実用主義)の幸福の科学による総決算、
そのパワーアップした思想・言論による宇宙の邪神アーリマンに支配された人権弾圧國際犯罪人國家=中華人民共和国解体人民開放。
ボランティアリズムとアマチュアリズムに裏打ちされた余暇に嗜む市井の宗教活動家・政治活動家こそ、世界を変えるかも。

KIMG3192.jpg
井上功一であります。

緊急事態体制解除により、
本日05月22日(金)は、

大阪でも、多くの映画館で、
上映が始まり、飲食店も通常営業となって来て、
本来の大阪の活氣と笑いが、
巷に戻ってまいりました。

映画館支援と、人出状況を把握する為、

業務終了後、
キャサリンちゃん(お買い物自転車)で、
淀川沿いを走行し、

リネリーブル梅田へ行き、

実写映画
"心霊喫茶「エクストラの秘密」-THE REAL EXORCIST-"

を、
18:45の回にて、
映画館初回(計3回目)鑑賞して参りました。
感想を、備忘録として記述しておきます。
客席は、1席空毎で、定員は、いつもの半分。
15名程度の入りで、最前列で快適鑑賞。
KIMG3193.jpg

KIMG3194.jpg

まず、
2回目の感想で、
6月5日は、金曜日。今年の話としましたが、

悪魔に憑依された杏花から
着信のあったイサムのスマホ日付表示
改めてよく見ると、

”6月5日(水)”

ではなく、水曜日。

昨年2679年(令和元年、西暦2019年)の話だと思います。
大変、失礼しました。
KIMG3195.jpg

KIMG3196.jpg
本日05月22日(金)は、
支那コロナウィルス大流行で、
全世界に迷惑をかけ、
世界人類の敵となっている支那で
全人代が開幕し、
香港弾圧強化の法案が出された。
といった話もあります。
KIMG3197.jpg

緊急事態体制が解除となった今、
・決死不如不思死生
・生死一如
・暴支膺懲
・経済再興の鍵は、脱支那、去支那、無神論共産主義撲滅。
・支那コロナウィルス(生物兵器)大流行に対する
・支那への責任追及・損害賠償請求
この方向で、
巷の空氣を醸成して行き、
支那へ、神の鉄槌を下す一助とすることが、必定。

特に、印象に残ったのは、
映画館音響の格段な高品質さ。

もうほんと、映画が別ものと思えます。
映画館の音響設備は、全く別物、臨場感20倍。
通行人憑依霊の声、女子高校生自殺霊の声、喫茶店のBGM他、
全ての台詞、BGMが、独立したスピーカーから聴こえてきて
非常にはっきり立体的に聴こえます。
KIMG3198.jpg

1.大日本帝國(正)精神主義+戦後日本(反)プラグマティズム=ゴールデンエイジの日本(合)霊界科学主義
・巷の身近な悪魔祓いがテーマとなっておりますが、
マクロな視点からは、
人類史の転換点=大東亜戦争(大和魂の精華、特攻精神)

金儲第一戦後日本(唯物実用主義)の幸福の科学による総決算が、第一のテーマ。


・大日本帝國の使命は、
アジヤ・アフリカの開放独立、人種差別撤廃、無神論グローバリズムである共産主義拡大阻止
そして、
八紘一宇による宗教紛争解決、各民族の共存共栄
でありましたが、

主題歌には、
「~私の最後の戦いかもしれない。
敵は、強い。
見たこともないほど強い。
でも、やらなくてはいけないのよ。
無名の英雄でいいから。
神よ、仏よ、私の命を光に変えて。
電撃一閃。
悪魔を打ち破りたいのよ、たいのよ、たいのよ。~」

ここには、
物理的國力では、はるか劣る日本が、
「100発100中の砲は、100門の砲に勝る」
とする精神に象徴される様に、
神への信仰、精神力、刻苦勉励により、
補い克服し、

もうすぐ、
5月27日海軍記念日(日本海海戦戦勝記念日)が
やってまいりますが、

日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変
大東亜戦争を、
日本臣民と共に死力を尽くして戦った
日本の神々の真心が込められて、
それが、吐露されておるのだ。
と強く感じました。


・また、悪魔の嫌うこと
-正直で噓をつかないこと
-勤勉にコツコツ努力すること
-明るく積極的に生きること
とありますが、
正に、帝國軍人、あるいは、特攻隊員そのもの。
やはり、
大日本帝國陸軍・海軍は、
神の軍勢たる皇軍であったのである。
と思います。
KIMG3199.jpg


・一方で、一億総特攻を敢行せず、
志半ばで、大東亜戦争終戦となり、
戦前の神洲不滅思想、精神主義を全て捨て去り、
アメリカのプラグマティズム(唯物実用主義)一辺倒。
吉田茂の吉田ドクトリン
「アメリカは、日本の番犬様。日本は、金儲けに専念する。」
という反戦平和の支那ポチ、アメポチ属國根性で、
やってきて、現在行き詰まり。


・そして、今ゴールデン・エイジは、
戦後レジームから離脱し、戦前日本、日本の正史30000年を正しく評価し、
精神主義とプラグマティズムを兼ね備えた幸福の科学の思想・言論による
宇宙の邪神アーリマンに支配された
人権弾圧國際犯罪人國家=中華人民共和国解体人民開放が、
映画の第二のテーマ。

2.ボランティアリズムとアマチュアリズムによる宗教活動・政治活動こそ世を開く
・主人公サユリは、喫茶店のウェイトレスで、
仕事中に電話かかってきたり、抜け出したりしますが、
一応、余暇に、無償で嗜む悪魔祓師。
やはり、
ボランティアリズムとアマチュアリズムに裏打ちされた
余暇に嗜む市井の宗教活動家・政治活動家こそ、
世界を変えるという象徴なのかもしれません。


・何事も、仕事の対価を得て
生活の糧として、業務遂行するプロは、
組織の規制、維持、組織の不条理もありますし、
己の志を純粋に保持することが、
非常に難しい面もあります。
こういうことに頓着しなくて良く、
極めて自由度が高いところが、
ボランティアリズムとアマチュアリズム
の良いところ。
在家信者の最大の魅力ではないか。
と感じました。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/05/22(金) 23:57:04|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2680年05月23日(土)<神崎川、猪名川、池田、國道176号線>緊急事態体制解除後視察ショートライド | ホーム | 2680年05月22日(金)<テレワーク30日目>「ユニバーサルシティポート」業務開始前日光消毒ポタリング”本日か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/4559-7d2aa677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (677)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (530)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1011)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (73)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる