世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】「UFOリーディング-イランの混迷とコロナウィルス対策の指針編-(メタトロン[8]、ヤイドロン[24])」

→時には、諦念、静観と諸行無常も大事。現文明との決別及び新文明への禊。
イランは、近い内に体制崩壊(支那も)。
連休明けには、支那コロナウィルス感染リスクを取って経済活動再開啓蒙。
非常事態体制は3ヶ月が限度。
KIMG2799.jpg

霊言、UFOリーディングは、世界最強のインテリジェンス

JAPAN ERWACHE!
決死不如不思死生
非理法権天

支那共産党、習近平は、
武漢新型肺炎大流行の責めを負い、世界の犠牲者に謝罪し、
遺族に損害を賠償しなさい!
暴支膺懲
武漢新型肺炎は、支那共産党ウィルス
人権弾圧虐殺者=習近平國賓招日即刻中止

カジノ誘致の本質は、國際金融(シナ金、ユダ金)による日本侵略

香港、台灣、チベット、南モンゴル、東トルキスタン独立支援
イランは、6000年を誇る世界人類の宗教的聖地
KIMG2806.jpg


井上功一であります。
緊急事態宣言下
本日(4/23)で、テレワーク14日目になりますが、
更に在宅勤務者が増え、
内の企業グループ西日本管内で、
10000人以上がテレワーク実施。
お陰様で、リモートアクセスサーバーに規制が係り、
社内ネットワークに接続出来るまで数時間。
接続出来ても、暫くすると強制切断されて、
再接続に時間を要するという
西欧ロココ調時代の様な優雅でスローな業務スタイル。

但し、ヴァークナー作品を中心に、
歌劇、楽劇、歌曲を業務BGMにして、
アスガルト情緒豊かに業務遂行。
朝は、業務開始前に、通勤代わりに自転車ポタリングしたりして、
なかなか快適で楽しいテレワークライフ。
また、
掃除、洗濯、炊事、布団干したりしながら、
業務でき、
休憩で、寝転べたりして、
非常に自由度が高いのも、テレワークの醍醐味。

会社としては、
通勤費、事務所賃料、事務所光熱費
を、著しく削減できるメリットもあります。

今後は、AI、ロボットに、とことん働かせ、
人間は、判断業務、創造企画業務のみ実施。
ある意味、
テレワークは、
新時代の貴族スタイルとなる可能性があります。
KIMG2807.jpg


さて、本日は、夕方、

「UFOリーディング-イランの混迷とコロナウィルス対策の指針編
-(メタトロン[8]、ヤイドロン[24])」


を、拝聴して参りました。
いつもながら、本当のことを、
よくぞ言ってくださった。
と非常に嬉しいリーディングでありました。

支那コロナウィルス感染者増大より、
緊急事態宣言延長による経済的破綻の方が、
実質、破壊力があると思いますので、
今、世間体を考慮し、
実質、政治運動自粛しておりますが、

・支那コロナウィルス感染リスクを取って
積極的経済活動再開促進

・支那への責任追求、損害賠償請求

の教導啓蒙の政治活動こそ、
連休明けから必要だと思います。
KIMG2808.jpg

結論は、
・HS、日本の現実力では、
イランに干渉することは、不可能。
時には、諦念、静観と諸行無常も大事。
現文明との決別及び新文明への禊。

イランが、日本に深い縁があり、
清廉潔白な武人であることを、
世界に示せただけでも、意義がある。

イスラム改革には、トス神の思想が不可欠。

イラン現体制は、
革命、外圧によって崩壊する可能性大。


・國家が財政的破綻するので、非常事態体制は3ヶ月が限度。
連休明けには、感染リスクを取って、経済再開すべき。

ここから、余談話ですが、
最近は、
「支那ウィルスで、日本人40万人が死ぬ。」
という話をマスコミが報道しておりますが、
人口1億2650万人で、40万人なら、0.3%。
確かに、広島・長崎原爆投下、東京大空襲の30万人の死者を、
上回りますので、
人情的には、忍びなく、非常に悲しいことであります。
但し、世界人類の文明の転換点、
人口が半減する。3分の1になるなら別ですが、
1000人に3人が死ぬ程度ですから、
それ程、
ヒステリックに、悩乱する必要もないと思います。
また、
肺炎の場合、寝たきり、植物状態になって長患いする訳ではなく、
発症から死ぬ迄も、長くて数週間、普通は、1週間未満。
その意味で、比較的苦しみも少ない。と言えます。

やはり、

「人間は、何時かは死ぬ。
これで、今世の魂修行が終わった。
自由自在な心が全てのあの世に還れるわい。
ほんと有難い人生だったなあ。
それでは、皆さん、はい、さようなら。」

と微笑んで多くの方が死ねる様に、
・霊魂不滅、
・転生輪廻、
・三途の川の渡り方他死去直後の様子と対処法
といったことを、
全面的に打ち出して、
ストレートに、
死の恐怖が漂いつつある巷で、

「支那コロナウィルス感染リスクを取って
積極的経済活動再開促進」

と共に、
教導啓蒙するのが良いかもしれません。

生死の意味が理解でき、
死ぬのが、全く怖くなくなり、
安心出来、心が落ち着くことが、
最大の救い・ご利益であり、
これが、宗教の一義的な存在意義。

支那コロナで死ぬより、
経済的破綻して生きる方が、
遥かに苦しみは、大きい。


と考えております。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2020/04/23(木) 23:10:00|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2680年04月23日(木)<テレワーク14日目>此花区高見新家公園業務開始前ポタリング~松屋も、店内営業20:00迄。20:00~5:00は、テイクアウトのみ~ | ホーム | 2680年04月22日(水)<テレワーク13日目>本日の業務BGMは、ヴァークナー歌劇「彷徨えるオランダ人」(西暦1951年、北ドイツ放送管弦楽団&合唱団)、(西暦1944年、ミュンヘン國立管弦楽団&合唱団)、フルトベングラー「ピアノとオーケストラの為の交響的協奏曲」(西暦1939年1月19日、ベルリン管弦楽団)、ベートーベン「ピアノ協奏曲第4番 ト長調」(西暦1954年1月17日、ウィーン交響楽団)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/4514-202868d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (680)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (533)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1014)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (76)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる