世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参加報告】2679年10月26日(土)大阪日台交流協会 令和元年10月例会「中国との距離感に悩む中華圏―共振する台湾・香港」


井上功一であります。
秋も深まる10/26(土)午後は、
大阪倶楽部で開催された
KIMG1350.jpg

大阪日台交流協会 令和元年10月例会
「中国との距離感に悩む中華圏―共振する台湾・香港」
講師:駒見一善氏(立命館大学国際教育推進機構准教授)
KIMG1351.jpg


に参加致しました。

以下、感想と概要を記述致します。


・今年6月から本格化した「香港革命」により、
香港の人は、「自由、民主主義、人権、信仰」を護る為、
武力、軍事力が無く、雨傘とペットボトルで戦っている。
しかし、台湾は、中華民國という独立國で、
軍事力もあり、全くの丸腰ではない。

台湾では、
民進党、國民党関係無く、
台湾國民は、
中華人民共和国の「一国二制度」よる一つの中国は、絶対反対。
本音は、台湾独立。現実は、現在の対中状態維持。

台湾海峡では、
2018年、
支那本土から台湾側金門島水道水供給開始→台湾の安全保障上問題
香港⇔広州間の直通鉄道開通→九龍半島に、支那の官憲が居座る
香港側窓口の西九龍駅には、北京政府のイミグレーション(入國管理)設置

支那と、香港・台湾は、経済、交通では、距離縮まる。
しかし、
自由、民主、人権を大切にする香港・台湾と、弾圧正当化の支那とは、
心理的な距離は、更に拡大の一途を辿っている。

来年1月の総統選、立法委員選は、今年1年が実質の選挙戦であったが、
選挙の争点は、経済問題から、対支政策に移行。
*当初、劣勢であった蔡英文氏が、香港情勢がアシストする形で、優勢に。
「今日の香港は、明日の台湾」が、台湾に浸透。

という話が、非常に印象的でした。


・本年、大東亜戦争終結74年、
大日本帝國が勝ち、
台湾が日本領土。
八紘一宇の精神により、
支那本土は、
漢人の中華國、満人の大満洲帝國、
チベット、南モンゴル、東トルキスタン独立維持にて、
民族毎に独立共存共栄。共産主義勢力を完全撲滅。
といったことが実現しておれば、
現東アジヤの問題は、
かなり解消されたおったかもしれず、
非常に残念に思っております。

また、
後3年に及ぶ支那本土戦國共内戦で、
毛沢東の当初37万人の八路軍が、
アメリカから、
30億ドル、新兵器約四十師団分が与えられ、
軍事顧問約1500名が援助していた
蒋介石の500万人の國民党軍を、
破り、
本来勝てるはずの蒋介石が、台湾に逃げる羽目になったのは、
毛沢東の八路軍が強かったもではなく、
蒋介石の國民党軍が、政治同様に腐りきっており、
過度のインフレ、
地主から接収や土地を小作人へ、共産党の様に不分配他で、
國民党政権が、
支那人民に、嫌われており、
國民党軍から、八路軍に寝返る兵士が多かったから。
とも、言われおります。

どちらにしても、
1949年、
共産党独裁人権弾圧國家=中華人民共和国を、
東アジヤに建國させてしまったのは、
大日本帝國と中華民國の責任。
「自由、民主、信仰」の世界人類普遍の統治原理にて、
なんとか、
中華人民共和国解体解放せねばなりません。


以下、その他主な論点、感想を記述致します。


1.「香港革命」の経緯
(1)「逃亡犯条例改定」の原因
2018年、台湾旅行中の香港人男性が、知人の香港人女性を殺害。香港に逃げる。
しかし、台湾香港間に、「容疑者引渡しの取り決め」無しの為、
台湾側が、男性を殺人罪で訴追できない問題発生

(2)発端
・2019年2月、香港政府が、逃亡犯条例の改定案原案公表
   4月、香港立法会へ上程

・北京政府の干渉があり、
-容疑者引渡しを、台湾のみならず、中国本土、マカオも含む地域に拡大
-殺人、誘拐、汚職、密輸、不法入境等37の犯罪に適用。


(3)改定撤回運動(デモ)を促進させた「銅鑼湾書店事件」
・「銅鑼湾書店事件」発生
「習近平の実態」「習明沢がハーバードでやったこと」といった
楽しい書籍を出版する氣骨ある出版社。
店主や、関係者が突然失踪する事件発生。中国本土にて拘束状態で発見され、釈放。
発見された際、「通行証」は、自宅にあり、香港で拉致され、
不正規ルートで、中国本土に連行されたことは、明らか。

・香港人に、「一國二制度」は、既に死んでおり、
香港内で、中国批判すると、合法的に、中国本土へ拉致拘束されるのではないか。
という不安が広がる。
特に、香港は、1949年、中華人民共和国が建國され、
支那共産党から香港に逃れてきた人が多いので、
不法入境で、突然拉致されるのではないか。
と憂慮する人が多い。

2.支那との距離に悩む中華圏(台湾、香港、マカオ、シンガポール他)
・支那の台頭は、大きな経済的チャンスだが、
商売をコントロールされる脅威。

・支那人観光客を当てにしていると、
街が、貴金属店とドラックストアばかりになる。
*日本の心斎橋商店街なんかも同様。

・支那本土では、私有地を持てず、
支那人が、土地を買いあさり、
自國民が土地を買えなくなる。

・アメリカの中華街等でも、
青天白日満地紅旗に変わり、
五星紅旗が、掲揚される様になったこともあった。

3.2021年1月「総統選、立法委員選挙」について
・民進党:蔡英文(総統)が、党内候補
蔡英文

・國民党:韓國瑜(高雄市長)が、党内候補
韓國瑜

・柯文哲(台北市長)は、立候補見送り、
民進党に近い政策の台湾民衆党を立党。第三極を目指す。
柯文哲
*余談話で、柯文哲氏は、ロードバイク(自転車)愛好家で、
ロングライド520kmを28時間台で走るお方。
自転車産業盛んな台湾には、ジャイアント、メリダ他、
ヨーロッパプロへ供給するメーカーがあります。
欧米フレームの多くは、台湾メーカーがOEM。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/10/28(月) 23:52:51|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【実施模様】2679年10月30日(水)釈量子、数森圭吾支援戸別訪問&”世界から希望が消えたなら。”割引券販売 於旭区、都島区 | ホーム | 【実施模様】2679年10月28日(月)釈量子、数森圭吾支援戸別訪問&”世界希望消”割引券販売 於守口市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/4280-8a7ebcfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (38)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる