世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参加報告】2679年09月14日(土)『自由・民主・信仰』の集い~『自由のために、戦うべきは今!』発刊記念~於大阪正心館

<香港革命>
JAPAN ERWACHE!
八紘一宇
暴支膺懲
香港独立支援
KIMG1044.jpg

井上功一であります。
残暑厳しい9/14午後、

釈党首、三宅出版副局長をお招きして
大阪正心館にて開催されました

『自由・民主・信仰』の集い
~『自由のために、戦うべきは今!』発刊記念~

八紘一宇腕章を装着し、
氣合いを入れて参加致しましたので、

参加報告致します。
KIMG1043.jpg


直感的感想を申せば、
を申せば、
神のお告げでもあり、
世界最強のインテリジェンスである

「公開霊言」(自由のために、戦うべきは今!他)

を、最大の武器として
神の鉄槌を、習近平、支那共産党へ下し、
世界征服戦略たる「一帯一路」を頓挫させ、
世界人類の統治原理を、
「自由・民主・信仰」する秋至れり。

「香港革命」「香港独立運動」は、
その最前線の橋頭堡。

また、
神武天皇肇國の大義「八紘一宇」を國是とする日本であり、
右翼、民族派、保守勢力が、
「香港革命」「香港独立運動」を支援表明するのは、当然。

平和、基本的人権、民主主義、自由を尊重する現日本国憲法を護持第一の
左翼、革新、人権平和勢力が、
「香港革命」「香港独立運動」を支援表明するのは、当然。
と言えます。

まだまだ、我々は、
リアルな現実世界で、教導啓蒙する必要がありあます。
KIMG1042.jpg


1.釈党首「香港支援渡航報告」
(1)号外チラシ騒動「自衛隊香港出兵」の本当のところ
・今年1月1日の最初の霊言が、メタトロン(イエスの宇宙的魂)
「~しかし、今年は、世界的に、
あなたがたの名前がもっと知られるようになるでしょう」。
→メタトロンの霊言P79
と予言されていた。
アグネス


・今回の号外は、時間がなかったので、
リバティと共同作成でなく、幸福実現党単独作成。
今まで、号外、幸福実現NEWSも、全く反響なかったが、
初めての反響。


・拡散していった経緯
日本に滞在する支那人実業家=宋文洲(そうぶんしゅう)氏が、
号外の「守護霊」の文言を欠落させ、訳して支那版ツィッターに投稿。

→「守護霊」が欠落していると指摘を受け、
宋文洲氏が訂正投稿

→周庭(アグネス・チョウ)氏が、号外の訂正依頼ツィッター投稿

→CCTV中国中央電視台(支那國営テレビ)が、
「守護霊欠落版」の宋文洲投稿を取り上げ、
支那全土に拡散。


・守護霊霊言は、真実。
号外内容は、全く変えず。
過去世の天草四郎、アグネス・チョウ氏は、
イエス・キリストの魂系統の一部。
よって、今回の霊言は、
人類史の転回点に於けるベルーフ召命
と言える。


・アグネス・チョウ氏へ、幸福実現党から、
直接会談を申し入れているが、今のところ返事無し。


(2)今日の香港、明日の台湾、明後日の日本
→日本にとっての正義の戦い
・2019年10月01日(火)香港をお掃除→習近平國家主席守護霊霊言
人民解放軍による丸腰善良香港市民虐殺、一斉弾圧→第二の天安門事件
*10月1日は、国慶節=中華人民共和国の建国記念日。
今年は、節目の70周年。余談話で、第二次世界大戦開戦80周年でもあります。


・2020年01月10日(金)台湾総統選挙
国民党親中派の総統になれば、支那台湾省となる可能性。


・2021年 支那共産党立党100周年
東京オリンピック翌年であり、台湾省になっていなければ、
支那による台湾侵攻の可能性。


・2024年 トランプ大統領2期目任期終了。
終身独裁者=習近平國家主席70歳。
日本が、支那、核武装統一朝鮮から、「核恫喝」を受け、
戦わずして破れ、属國、自治区になり、
日本語を禁止され、
日本國民が奴隷として、恥を晒して生きる可能性。


・「香港革命」が失敗した場合は、
上記に様に、日本消滅の可能性があるが、

成功していけば、
侵略を受け、勝手に自治区にされ、
支那共産党の
人権侵害、弾圧、虐殺にさらされている
「チベット」「南モンゴル」「東トルキスタン」
に、独立の氣運が再び起こり、
中華人民共和国自体が解体解放され、
「自由、民主、信仰」を統治原理とする
國家が建國される可能性がある。


(3)丸腰市民の平和的デモ(武器は、雨傘とペットボトルだけ)
・「香港革命」のデモ、行事は、毎週土日に開催。
カップルが手を繋いで参加したり、小さいお子さん連れの方も多く、
非常に、平和的なデモ。


・そこらじゅうに、
北京政府に直結する監視カメラが設置されており、
何時、一斉連行されるか分からない状況下
5つの要求が満たされる迄、決して引かない。
という覚悟でやっている。


・香港には、7万人の人民解放軍が駐屯するビルがある。


・とにかく、善良な市民を
催涙弾、ゴム弾、警棒で攻撃し、拘束する警察を
「ヤクザ」「ヤクザ」「ヤクザ」
と言って
多くの香港市民が嫌悪し、反感を持っている。


・キリスト教の集会に警察が来ると
「宗教の集会に、警察が来るんじゃない。」
と野次が飛び交い、
警察は退去させられるくらい、
「信教の自由は、自由の中で最高」
と、香港市民は、思っている。


・デモの戦略「ビー・ウォーター」*ブルース・リー
催涙弾が飛び交う様になると、自然に消えるという様に
変幻自在、臨機応変にう実施。


・行った方々で、「日本人、大好き。」と大歓迎。
「日本にも、もっと支援してほしい。」と言われた。


(4)我々の戦い方→現実世界での「霊言」に基づく思想戦、言論戦
・ネットには、フェークニュースがあふれ、
「香港デモ=暴動」とする日本のマスコミがある。
しかし、
現実世界の巷で、街宣、チラシ配り他を、やっていると、
香港人、台湾人、欧米人等から、お礼を言われ、
激励を受ける。
よって、
バーチャル世界よりも、
現実世界で、巷に出て、
デモ、街宣、戸別訪問、陳情・要請等で、
行動していく。


・日本では、与党、野党共に、
「香港革命」支援表明をしておらず、
幸福実現党のブルーオーシャン。

2.三宅出版副局長のお話~香港デモ参加も踏まえ~
(1)完全武装でデモ参加
・黒シャツ、帽子、ゴーグル、マスク
露出する腕にサランラップを巻き、実際にデモ参加。
今日も、当日スタイルで、ご登場。
サランラップは、着色放水で、色が付き、
逮捕されない様にするもの。


・警察が催涙弾を発射し、
実際に500m全力疾走して逃げた。


・日本の全共闘世代、反原発、反基地運動やっている方々には、
実際の人権、自由、民主主義を、
護る運動がどんなものであるかを、
知って貰う為、ぜひ、香港に行ってもらいたい。

(2)「青銅の法」による「香港革命」理解
・1章の無私のリーダーシップ
アグネス・チョウ氏は、その実例。


・2章自己犠牲の精神
10人の偉人の実例が紹介されているが、
イエス・キリストは、22ページに渡って紹介。
アグネス・チョウ氏は、イエス・キリスト魂系統の一部。


・アグネス・チョウ氏が、精力的に活動できるのは、
「正しいことをしている。
と日々、考えているから。」
とインタビューで回答。

(3)『自由のために、戦うべきは今!』は、世界各國で出版。
・香港、台湾、シンガポール、マレーシア、アメリカ、オーストラリア、
ドイツ、カナダで、出版予定。

・台湾、ドイツの出版社さん、紀伊國屋書店さんのご尽力。

・『自由のために、戦うべきは今!』経典流布により、
思想による「支那包囲網」を形成させる。


3.軽部本部長のお話
・香港革命、幸福の科学大学認可、映画も、
「霊言」がポイント。


・タイには、降魔型エル・カンターレ像が一体もないので、
大阪本部で安置支援。


・9月16日(月、祝)10:15~11:30
東京新宿デモ
「香港革命-自由のために、戦うべきは今!」
→井上参戦予定

・9月21日(土)13:00~15:15
大阪府本部拡大政治部長会議
*里村さんをお迎えして


・9月23日(月、祝)13:00~14:00
大阪デモ
「香港革命-自由のために、戦うべきは今!」
→井上参戦予定


4.第二部「釈党首を囲んで」座談会
党集会の良いところは、一方通行ではなく、
双方向の座談会が別途あり、直訴できるところ。
いつもながら、なかなか健全であると思います。

Q1大阪でも、北海道どころではなく、
多くの土地建物が、支那人に買い占められ、
また、
大阪の西成区では、商店街を潰して、
チャイナ・タウンを作る構想もある様ですが、
幸福実現党として何かできないのか。
また、住民である我々党員ができることは、無いのか。


A1西成のチャイナ・タウン構想は、
商店街の方々は、反対。
しかし、
大阪維新の会が、
支那人他観光客を呼びたい。
として積極的推進している。

昔、幸福の科学では、
リバティ等でも、
支那人観光客を呼び、日本の自由な空氣に
触れさせて、感化させれば良い。としていたが、

2010年
支那に國防動員法が施行され、
全世界にいる
男性18歳から60歳、女性18歳から55歳の支那人は、
有事に際して、
支那共産党に命令により、
一斉に武装蜂起することが可能になってからは、

支那人に対する規制強化をすべきである。
という党方針になっている。

北海道でも
外人に対する土地売買規制強化署名を実施し、
北海道知事に陳情したが、

全國展開で実施すべきと考えている。

現行法では、
大正5年施行の「外國人土地法」の改正になる。
自民党で改正しようとしたのは、
故中川昭一代議士だけ。
今、改正できる勇氣を持つ代議士はいない。
→特攻精神の幸福実現党が敢行すべき。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/09/14(土) 22:53:26|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2679年09月15日(日)高槻、亀岡、豊能初秋里山セミロングライド | ホーム | 2079年09月13日(金)今宵は、中秋の名月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/4237-64eea93b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (980)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (67)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる