世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご報告】2679年8月15日(木)<特攻の父>大西瀧治郎海軍中将墓参~特攻精神発露の秋~

JAPAN ERWACHE!
皇國の譽、神風特別攻撃隊編制75年
特攻精神は、大和魂の精華=幸福実現党精神
Great East Asia War is Holy War!
KIMG0872.jpg




井上功一であります。
大東亜戦争終結の日
靖國神社正式参拝した後、
横浜鶴見の
曹洞宗大本山總持寺に、
KIMG0868.jpg
赴き、

特攻の父
大西瀧治郎海軍中将

の墓参をし、


・中華人民共和国習近平國家主席の
地球征服計画「一帯一路」、

・核武装した統一朝鮮の反日侮辱、

に曝される皇國存亡の今、

一億二千万の日本臣民、
再び、
特攻精神を発露して、
暴支膺懲、二韓征伐を敢行すると共に、
KIMG0869.jpg

我が國が、
東洋の盟主、
世界の護民官、
世界に冠たる皇國
として再興し、
大日本帝國時代と同様、
肇國の大義「八紘一宇」により、
チベット、南モンゴル、東トルキスタン、香港、台湾
の「自由」、「民主」、「信仰」
を、
最大の仮想敵國=中華人民共和国の弾圧洗脳から
護ることを
強く誓って参りました。
KIMG0870.jpg


戦わずして敗れるを
良しとせず、
必死必中の戦略により、
死中に活を見出だす
「特攻精神」は、
「究極の自己犠牲の精神(愛の思想)」。
また、
和魂と荒魂からなる
「大和魂の精華」
であると言えます。
KIMG0871.jpg


※墓 は、
昭和38年8月23日
奥様の大西淑恵氏
海軍特務機関「児玉機関」の児玉 誉士夫氏
が再建。
KIMG0873.jpg



大西中将は、
航空機による艦隊攻撃の優位性
戦艦不要論を唱え、
図上演習でそれを何度も証明。
帝國海軍航空艦隊育ての親にして、
真珠湾攻撃の立案者。
また、
必死必中の
神風特別攻撃隊結成者。

大東亜戦争は、
人種平等、アジヤ各國の独立解放は、
達成すれど、
グローバリズムである共産主義拡大阻止は出来ず、
志半ばで終戦となりましたが、
もし、
「一億総特攻」による本土決戦を敢行し、
長期持久戦で、
数年間戦っておれば、
後のベトナム戦争の様に、
アメリカは、敗退していた可能性があります。

連合国プロパガンダから覚醒し、
大日本帝國始め、
枢軸國を正当に評価すること、
また、
「特攻精神」を十分理解し、発露して、
次世代に継承することが、
皇國再興の秘策であり、
英霊の末裔たる我々の責務
であります。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:大東亜戦争の本当のこと - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/08/15(木) 15:02:13|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2679年08月15日(木)東京(関東)グルメ | ホーム | 【ご報告】2679年8月15日(木)「大東亜戦争終結の日」靖國神社正式参拝~神洲不滅の誓い~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/4190-77401013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (968)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (32)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる