世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】「韓非の霊言」→支那の唯物科学主義は、リアリストへの道。リアリストでなければ、戦争に勝てない。もう一つの中華人民共和国解体解放戦略は、「支那の日本化」「日本は、最高度に成功した社会主義國家」。驚愕の転生、「神皇正統記(じんのうしょうとうき)」を記した「建武の親政」南朝の北畠親房。他、ニッコロ・マキャベリ、頼山陽、クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル少将、清水幾太郎

井上功一であります。

少々、投稿が遅くなりましたが、
2月15日(金)業務終了後、

2/9収録「韓非の霊言」、2/11収録「林彪の霊言」
を拝聴致しました。

まず、
「韓非の霊言」から、

韓非は、
信賞必罰の法家であり、
習近平が、尊敬し、秦帝國同様の法治國家とせん。
としており、
また、
ニッコロ・マキャベリとしても、
転生しており、
両人とも、リアリストである思想家であり、
非常に期待を持って拝聴。

参謀、軍師、リアリストであるので、
「味方にして敵、敵にして味方」といった
斜に構えた姿勢が面白く、
更に、
中華人民共和国の実態が出来、

非常に、楽し嬉しい公開霊言でした。

公開霊言は、
やはり、
「死人に口有り。」
世界最高最強のインテリジェンス(諜報)。


特に、
北畠親房、清水幾太郎
190216_2038~001

として、転生されていたことが、秀逸。


北畠親房公は、
後醍醐天皇
「建武の親政」南朝を支えた公卿。

萬世一系。
大日本は、神國なり。
南朝の正統性。
他を表し、
水戸学の始祖=徳川光圀の「大日本史」
に多大な影響を与えた
「神皇正統記(じんのうしょうとうき)」
を記されたことで、有名。

「神皇正統記」は、
皇國史観による正統な我が國史を教導する
國史書の一つでもあります。

清水幾太郎先生は、
「60年安保闘争」の左翼オピニオンリーダーであながら、
左翼から右翼に転向された
保守社会学者で、
「日本核武装のパイオニア」。


非常に、
皇國日本の國體護持、発展、彌生に、

関係の深い方が多く、
他の転生に、
・ニッコロ・マキャベリ
・頼山陽
・クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル少将
メッケル

・壬申の乱の頃

・平清盛に関係があり後鳥羽上皇の頃
→蔣介石の過去世が北条義時であるので、
非常に興味深いところ

・以外に乾信にも近い。


日本に、
右翼、保守の総帥である
北畠親房、清水幾太郎として転生したとする
「韓非の霊言」を、
簡体字で翻訳して出版すれば、
多少なりとも、習近平の虚構の自信を、
揺さぶることになるかもしれません。

因みに、
ニッコロ・マキャベリは、
イタリアルネッサンス期の
リアリズムに徹する近代政治学の祖。

頼山陽は、
江戸時代儒学者で、
皇國史観である
民間の國史書
「日本外史」を著し、
吉田松陰他
明治維新の志士に多大な影響。

クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケル少将
ドイツ帝國軍人で
大日本帝國陸軍大学校教官として3年間教鞭を取り、
帝國陸軍の軍制、戦略、近代化に貢献。

韓非の魂群は、
単なる「革命家」ではなく、
「統制」「維持」をも、考慮する
理想を夢想せず、現実を直視する
「テクノクラート(科学者・技術者出身の、政治家・高級官僚。技術官僚。)。

以下、その他の概略、感想を記述致します。

1.習近平が、法家「韓非」を尊敬するのは、単なるポーズ、利用
・私(韓非)は、利用されているだけ、
習近平は、欧米型のマキャベリ等の近代政治思想に対抗する為、
欧米に先立つこと2000年前に、
法治國家として存在していたことを、宣伝したいだけ。


・中華思想では、世界は、支那が全て。
それ以外は、バーバリアン(野蛮人)という世界。


・習近平の理想とする法治主義とは、
為政者が都合の良い法律を作り、
人民を裁くという方式。
結局、法で裁いていることいし、
為政者が、手を汚さないという
為政者の責任逃れに過ぎない。


・毛沢東思想礼賛も、習近平が、毛沢東の権威を利用しているだけ。
自分が、皇帝になれ迄のポーズ。


2.民度の低い支那の様な國では、國家社会主義的統治にならざるを得ない
→國民が、自分で考えて判断できてこそ、「自由、民主、信仰」による統治が可能
・民度の低い支那人に、「自由」を与えると滅茶苦茶になる。
即暴動が頻発し、内乱が生じる。
これが、支那4000年の歴史の本質。大多数の人民が、自分で考えて判断できない。


・「恐怖」「法律」「褒美」「教育」によって、人民を支配統制する
「國家社会主義」に為らざる得ない。


・支那で、未だに、信教の自由を与えることに、警戒するのは、
1800年代アヘン戦争以降、
キリスト教伝道と一体化した欧米帝國主義侵略により、
支那が植民地となり、搾取されたトラウマ故。

・今でも、キリスト教傀儡政権を作られることを、
極度に恐れている。
*多分、幸福の科学も。


3.唯物論科学浸透は、支那近代化の要諦
・支那で、未だに、信教の自由を与えることに、警戒するのは、
1800年代アヘン戦争以降、
リアリストでなければ、戦争に勝てないことが分かり、
支那は、
共産主義の無神論を崇拝し、
唯物科学主義へ傾倒して、リアリストへの道を歩んでいる。


・アメリカも、プラグマティズム(実用主義)に徹した故、
戦争に強く、繁栄しているとも言える。
日本軍は、精神主義で、アメリカ勝ちそうな所までいったが、
もう少し、プラグマティズムがあれば勝てた。と思い、残念。


・毛沢東は、蔣介石を取り逃がしたことが、悔しくて仕方がない。
台湾併合も当然。


・習近平は、「一帯一路」により、かつての欧米植民地帝國主義を、
再現し、リベンジしようと考えている。
ヨーロッパ、日本を植民地にすることが悲願。

4.支那殲滅戦のみならず、もう一つ「支那日本化」も持っておくこと
→日本は、最高度に成功した社会主義國家
・シンプルな頭の釈党首なら、
東トルキスタン、チベット、南モンゴル、台湾、香港独立支援として、
即対支那戦争と短絡化するかもしれないが、

「支那日本化」

を、もう一つの戦略として、考慮すべき。


・日本は、身分制無く、貧富の差の少なく
累進課税により所得の再分配が適切に行われる
世界でも珍しい
「最高度に成功した社会主義國家」。
社会主義を理想とする支那が学ぶことが多い。
来日する支那人他外國人を、教導啓蒙し、

「支那日本化」

を図ること。

日本は、「東洋のギリシア」としての使命を果たすべき。

5.(ご参考)日本の正統な國史教育は、皇國史観
國史教育の目的は、
客観的史実、考古学を学ぶのみならず、
自國民の郷土愛を育み、
父祖尊崇の念、祖國に対する自信と誇りを、
醸成すること。
よって、他國を考慮する歴史認識等存在せず。

國史教育では、
・天御祖神の降臨~古代文献『ホツマツタヱ』に記された創造神~
・大日孁貴の霊言―天照大神のルーツとその教え―
・ホツマツタヱ
・古事記
・日本書紀
・風土記
・神皇正統記(北畠親房)
・大日本史(徳川光圀)
・國體の本義(文部省)
・神々の公開霊言
・大日本帝國軍人の公開霊言
・新・神国日本の精神(大川咲也加)
・大川隆法の”大東亜戦争”論(上、中、下)(大川真輝)


ぜひ、
必須として頂きたい。と考えております。

特に、
「新・神国日本の精神」の
「國家神道」という概念、言葉は、
GHQによる占領政策「神道指令」で、
初めて出てくる創作である。
とするところは、
吉田ドクトリン、戦後レジーム離脱において、
非常に秀逸であります。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/02/17(日) 04:01:04|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【これは、エエヨ!】「林彪の霊言」→「側近による毛沢東虚像暴露の一撃」大天才毛沢東は、インチキの虚像、中身は空っぽ。日本で言えば、池田大作。中華人民共和国は、張子の虎。中華人民共和国と國交正常化したのは、アメリカ、日本の最大の汚点。日本軍は、嫌いというより強かった。日本軍が、アメリカなんかに負けたのが、不思議でならない。支那が、日本に負け、日本に30年程統治して貰った方が、人民は幸せになっていたと思う。 | ホーム | 【拝聴報告】2679年02月11日(祝、月)”「毛沢東の霊言」講義”→毛沢東は、大躍進政策、文化大革命で、支那人民6500万人を虐殺した犯罪人。コミンテルン(國際共産党)支那支部成立100周年西暦2021年に、台湾、香港の虐殺の恐れ。日本は、大日本帝國時代同様に、東洋の盟主、世界の護民官として、その使命を果たす秋。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/4044-ef5ff9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (977)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (64)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる