世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【拝聴報告】2679年02月07日(木)<北方領土の日>”「天御祖神の降臨」講義”→「正史3万年を誇る日本文明」これこそが、ダークマター=毛沢東思想・中華思想撲滅の必殺技。


<靖國神社御創立150年>
JAPAN ERWACHE!
神道の最高神は、天御祖神
神道の主宰神は、天照大神
天御祖神3万年振降臨
大八洲成立20万年前、正史3万年を誇る日本文明
日本文明は、ラムディア文明、ムー文明の源泉、東洋文明の始祖
文明伝達:日本→インド→支那→朝鮮→日本


井上功一であります。
<北方領土の日>の本日は、

業務終了後、

サラリーマン黄昏戸別訪問を実施せず、

大阪正心館に赴き、
190207_1942~001

2月5日(火)収録された
”「天御祖神の降臨」講義”
を拝聴致しました。
190203_2317~001


9条改正、再軍備、核武装できない日本の現実直視、
バランスオブパワーの観点から、
不本意ながら、
支那封じ込め戦略(China Containment Strategy)
を、足らざるを得ず、

ロシアとの外交は、
「日露平和条約早期締結」
最優先でありますが、


北方領土問題
竹島問題
拉致被害者問題
捏造歴史侮辱問題
一帯一路による支那侵略問題
沖縄問題

結局
その原因は、
「戦争放棄」
「正史3万年を誇る神洲という國體欠如」
にある。
と言えます。

戦争の出来る普通の独立國
かつ
國史観、國體観に誇りを持つ國
ならば、
上記軍事外交問題は、
即解決することでありましょう。


その意味で、
「毛沢東の霊言」は、
世界人類の敵ダークマターを操るダークマスターの本質分析の決定版。

「天御祖神の降臨」は、
ダークマスター及び
日本を侮辱し続ける支那両朝鮮征伐の必殺技。

と言えます。


「天御祖神の降臨」は、

1章「天御祖神とは何者か」
2675年10月03日収録

2章「日本文明のルーツを探る 天御祖神の降臨」
2678年7月23日収録

*1章の方は、天御祖神の機嫌が悪く、
終始宇宙語で話され、斎藤哲秀専務理事を、
少々おちょくってはった。という話も。


以下、概要、印象に残ったところと、
感想を記述致します。

講義の構成は、
-ザ・リバティ編集人=綾織次郎氏解説

-大川隆法総裁による講義、質疑応答
質問者
・釈量子党首
3万年を現代日本文明の意義と御世代わりの皇室

・綾織次郎編集長
宇宙を含めての
エル・カンターレ、ヒーム、天御祖神の関係性


非常に深い話もありましたが、
ゲラゲラ笑ってしまうほど、
愉快で楽しい和やかな講義だった。と思います。
結論は、
「正史3万年を誇る日本文明」これこそが、
ダークマスター征伐の必殺技。


天御祖神は、アンドロメダ銀河他、外宇宙も統治。
3万年前、アンドロメダ銀河から宇宙船団で、20万人を連れ、
富士山裾野静岡県側に、着陸し、言葉、文明を教え、
近代化しされた。
ということでありますが、
3万年前は、
地球物理学時代区分では、
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第四氷期。
アトランティス文明、ムー文明より古く、
ラムディア文明くらい。

支那5000年
インド8000年
中東8000年
エジプト1万年
日本3万年

以前は、
神道の教え秩序礼節は、孔子の儒学から流れてきた。
という話でしたが、
天御祖神から、紫光線は流れていった。
ということにもなり、

黄金の法、太陽の法が大幅書き換えになると思います。


宇宙人面白話では、
映画「愛國女子ジャンヌ・ダルク」
の挿入歌
「インスピレーション」(←曲名不確か)
を、
2月4日(月)に
ポール・マッカトニー守護霊(宇宙人部分)から
霊指導を受けて作曲。
遂に、宇宙人の協力を得て映画製作する様になった話。

少彦名命は、アベンジャーズのアントマンそのもの、一寸法師。
因みに、一寸法師は、大阪市住吉区安立(あんりゅう)の民話。

かぐや姫、浦島太郎も、宇宙人UFO話。

1.3万年前、天御祖神の教え
教え➀礼儀作法
教え➁天と地の違い
教え➂男女調和のあり方
教え➃人生の節目に儀式を行う
教え➄「祈願」「祭り」
教え➅「敬の心」「信じる」「習う」
教え➆「秩序」「調和のあり方」

神道、儒教、東洋文明の風習を包含し、
日本が、東洋文明の源流であることが分かります。

2.霊格の上下を詮索せず、そうおっしゃってる。と捉える。
・天御祖神が、エル・ミオーレ君、エル・カンターレ君、
アルファ君とおっしゃるので、
釈尊に、大川総裁が訊かれると、
「アンドロメダは、文化が低いので、
時々、心の繊細な教えを説きに行き、
文化を高めている。」
という話。

・天御祖神が、11次元存在というなら、
ヒーム神は、13次元である。
とおっしゃっている。

・であるので、
立場の違いを弁え、
誰が霊格上か下かを、詮索せず、
そう仰っている。
と受け入れることが大事。


3.現日本の場合、「象徴天皇」と宗教弾圧を防ぐという意味で「政教分離」が重要
・宇宙人見解によると今年は、内閣、皇室にとって厳しい年になる可能性。
しかし、逆に、HSにとっては、それだけ仕事が大きい年。


・神社神道一本で一神教的な祭政一致の日本となると、
皇室とエル・カンターレ信仰が両立せず、
幸福の科学が弾圧される可能性もある。
よって、宗教立國を目指すが、
象徴天皇と宗教弾圧を防ぐ。
という意味で政教分離が重要。
幸福の科学も、他宗を過剰に批判せず、
包含する方向性。


・懸念事項は、
皇后陛下過去世が、建礼門院。
皇太子殿下過去世が、安徳天皇。

以前の霊査にあること。

4.<ご参考>地球人類文明史概略
地球人類が、地上に誕生 4億年前
地球物理学時代区分:古生代デボン紀

「アルファ時代」3億3千万年前
地球物理学時代区分:古生代石炭紀

「エローヒム時代」1億5千万年前
中生代ジュラ紀

「ガーナ文明」最盛期 73万5千年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第二氷期

ムー大陸出現 37万年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第二間氷期

「ミュートラム文明」30万年前~15万3千年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第三氷期~第三間氷期

大八洲出現(大陸から離れ、日本列島ほぼ完成)20万年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第三間氷期

ラムディア大陸隆起 8万6千年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第四氷期

アトランティス大陸浮上 7万5千年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第四氷期

「ラムディア文明」4万4千年前~2万7千年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第四氷期

「日本文明」3万年前~現在
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第四氷期~新生代第四紀沖積世

「ムー文明」2万年前~1万5千3百年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第四氷期

「アトランティス文明」1万6千年前~1万4百年前
新生代第四紀洪積世(氷河時代)第四氷期

「アスガルト文明」1万年前~6千年前
新生代第四紀沖積世



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

  1. 2019/02/07(木) 23:34:22|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【これは、エエヨ!】「蔣介石の霊言」<支那事変理解、台湾独立の決定版>→東洋の盟主=大日本帝國肇國の大義「八紘一宇」に基づくアジヤ各國自主独立共存共栄理念を、高く評価し、頭脳明晰体力強靭な帝國軍人を畏怖し尊敬。軍事は、正義。人を殺すことに、全く躊躇しない「先軍政治」に、戦争放棄金儲け第一の「後軍政治」は、勝てない。1972年、経済第一で「日中國交正常化」で台湾を見捨てた田中角栄の罪は、重い。過去世は、北条義時(政子の弟)、幕末薩摩藩藩士、隋の役人(遊牧民の鮮卑族)、他仏教との関わり深い。 | ホーム | 【実施模様】2679年02月06日(水)<サラリーマン黄昏戸別訪問>「釈量子、数森圭吾支援兼消費増税10%中止署名依頼」大阪市城東区南鴫野商店街>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/4028-43c2ffc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (663)
後援会、選挙、解任通告 (549)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (302)
自転車 (969)
音楽 (20)
健康 (30)
【これは、エエヨ!】 (83)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (39)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる