世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】”TRUMP'S AMERICA トランプのアメリカ~その偉大なる復活の真相~”→アメリカ版國體の本義。神のもと、一つの國家として再建。トランプの米内戦(グローバリスト反米米國人との戦い)と戦果。米多民族國家の本質は、「人種のるつぼ」(アメリカの共通文化)○、「サラダボール」(アメリカの分裂)×。

井上功一であります。

やっと、414ページの大書

”TRUMP'S AMERICA トランプのアメリカ
~その偉大なる復活の真相~”

著者:第58代アメリカ合衆國下院議長
ニュート・キングリッジ

監修/解説:一般社団法人JCU議長
あえば直道
181204_1954~001

を、

読み込みました。


私は、日本人であり、
現同盟國アメリカに興味はあれど、
外國へ行ったこともありませんし、
アメリカ國内のことも、
伝聞でしか知りませんので、

本書の中で、
事例として、
いろいろな人物が出てきても、
顔、状況がはっきりイメージできる訳でなく、
異國の話な感覚で、
眠氣を催したしましたが、


端的に申しますれば、

・トランプ大統領就任から2018年春迄の
「アメリカ國内の戦い」とその戦果。


・アメリカ合衆國建國の精神に回帰し、
神(創造主)のもとの國家として再建。
アメリカ國民の自由の権利は、政府ではなく、
神(創造主)から、与えられ、保障されているものである。
として、
「信仰」「自由」「民主」により統治する。


・ナショナリストの「トランプのアメリカ」の人々

グローバリストである「反トランプ、反米アメリカ人」
の戦いは、
「トランプのアメリカ」の人々が、
勝利を収めつつある。


・アメリカが、経済成長率3%~4%可能となり、
好景氣になっていったのは、
減税・雇用改革法成立により、
減税して、個人の可処分所得増大、個人消費増大。
その一方で、
転落防止セーフティネットを残しながらも、
「雇用は、福祉より優れる。」
「依存から自立、自由。」
の原則とおり、
-大学教育偏重のオバマ教育政策で疲弊した職業訓練学校を充実
-フードスタンプ等生活保護需給条件厳格化
-障害者から被雇用者へ
-薬物中毒者を犯罪者刑務所送りにせず、
脱犯罪化、治療、社会復帰
他、

福祉コスト、司法コスト、救急医療コスト、失業率を下げ、
社会保障費そのものを削減。
さらに、労働人口増加で、國家の労働生産性向上。
により、

社会保障費そのものを削減することのより、成功。


日本では、
國家財政を食い潰している
高額な福祉費、社会保障費ありきで、
直ぐ、減税すると財源がない。
という論理に帰結しますが、
國民の可能性を信じ、
福祉費、社会保障費を削減し、
労働人口、生産性を上げる方向にすれば、
外人労働者受け入れ無し、消費税減税5%も、
かなり可能性あるかもしれません。

*日本人感覚では、
医療現場のオピオイド多用により、
鎮痛薬オピオイド中毒が社会問題化するなら、
オピオイド自体を使用禁止にすれば良い。
と思いますが、
薬剤好き、サプリメント好きなアメリカ人は、
発想が違うのかもしれません。

・トランプ政権は、新規規制1つに、16の規制措置撤廃。
中小企業の行政手続き時間労力が軽減され、
雇用コスト削減により、収支状況改善。


・米多民族移民國家の成功の要は、
「人種のるつぼ」として、
出身地人種を問わず、
アメリカに溶け込み同化して、
アメリカの共通文化を受け入れること。
決して、
「サラダボール」として、
人種、民族、宗教が、それぞれ独自に伝統文化を発露し、
アメリカという同じボールに入り、
同じドレッシングで覆われているので、良し。
とすることではない。
アメリカ人としてアメリカ文化に「同化」することが、重要。
「サラダボール」思想は、アメリカの分裂を招く。

といったところが、
結論であった。と思います。
181204_1930~001

*但し、
もうすぐ、
12月8日(土)
「降魔の日」「人類史の転換点、正義の戦争=大東亜戦争開戦記念日」
ですが、
アメリカの立場で書かれておりますので、

第二次大戦(大東亜戦争)を、
ドイツの悪と日本の悪を打ち砕く戦い。

善良で平和を愛する神の子と、
近代の歴史の中で見た最悪の悪の代理人との間の戦いであった。

「異教徒の残忍性」と「キリスト教の理想」の争いであった。

とされております。
181204_1931~001

しかし、
正しくは、
枢軸國は、無神論グローバリズム共産主拡大阻止の為、
死力を尽くして戦った。
特に、大日本帝國は、
肇國の大義「八紘一宇」「四海同胞」の精神により、
・グローバリズム共産主拡大阻止
・人種差別撤廃
・アジヤの独立解放
の目的の為、
最後は、必死必中の神風特別攻撃隊迄出撃させ、
戦ったのである。
一億総特攻により、
本土志半ばで、終戦になったが、
戦後、世界が、人種差別撤廃の機運となり、
アジヤ、アフリカの多くの國々が、
植民地から解放され、独立していった。

「自由」「資本主義」の総本山
アメリカは、戦う相手を間違えたのである。

と訂正しておきます。
181204_1932~001


以下、
少々、記述致します。

1.ナショナリスト「トランプのアメリカ」の人々
・自由主義、伝統的価値観、常識的な統治スタイル尊重の勤勉な人々

・「メイク・アメリカ・グレイト・アゲイン」「アメリカ・ファースト」
アメリカが強ければ、自分たちの家族がより良い未来を築けると直感。

2.グローバリスト「反トランプ」の人々
・急進派、リベラル、グローバリスト、
エスタブリッシュメント(共和民主両党の支配階級エリート、ユダ金、ネオコン他)
ディープ・ステイト(政権交代と関係なく、國家の内部で重要決定権を持っていると考えられる権力組織)
アメリカの第4権力「國家官僚」。

・ジョージ・H・W・ブッシュ大統領の「ニューワールドオーダー」構想に、未だ囚われる人々。
「ニューワールドオーダー」は、グローバル市場偏重の、金銭で平和を買おうとして、大失敗。

3.特に、印象に残った記述
P54大統領は「アメリカは信仰者たちの国です。
我々の国の町々でははっきり見ることができるのに、
簡単に忘れてしまうこと、それは我々の生活の質は物質的な成功でなく、
霊的な成功によって決まることを我々は忘れてしまいやすい点です。」と語った。


P55建国の理念にあるように、我々の権利は政府からでなく、
創造主(神)から与えられたと信奉することである。
信仰を上位に置くからこそ、政府が大きくなりすぎることを抑え、
そして国民の自由を守れるのである。


P62事実、ジェファーソンとその他の建国の父は、
宗教は道徳の主要な根源で、道徳は自由社会に不可かつだと信じていた。
彼らは、アメリカを導く健康で多様な宗教が存在し、
この宗教が政府に妨げられずに継続して成長するように、
彼らは憲法修正第1条に国教条項を組み入れたのだ。

(トランプ大統領)
「建国の父は、活気に満ちる公共の広場には宗教的意見が不可欠で、
そこで信者と宗教法人は差別されることもなく、また連邦政府からの報復をおそれず、
自由に自分の信仰を実践できることを心に描いていたでしょう」。


P117決して間違えてほしくないことは、
言論は暴力であるというエリートによる議論は、
言論に対して自分達が権力を持とうとする、
下手な企てであるということだ。
暴力は暴力、言論は言論だ。
棒と石は骨折を招くかもしれないが、
言葉では決して傷つけられないということは、
全てのアメリカ人が覚えておくといい。

*ヘイトスピーチ規制、SNS言論統制も全く同じ。
グローバリストの企てと言えます。(井上)


P249反トランプ連合にとって官僚制は、
選挙での議席獲得や議会での法律制定を経ずに、
アメリカ人に急進的な世界観を押し付ける道を提供してくれる。


P244司法省のメンバーの97%が2016年選挙でクリントンを支持する寄付を
行っていたことを思い出していただきたい。
もしこれらのメッセージ(クリントン情報漏洩電子メール)が回復できるなら、
FBIエスタブリッシュメント上層部のトランプ抵抗行動がいかに根深いものかについて
興味深い洞察が得られるだろう。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:アメリカお家事情 - ジャンル:政治・経済

  1. 2018/12/05(水) 23:21:20|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【実施模様】2678年12月06日(木)<サラリーマン黄昏戸別訪問>「釈量子、数森圭吾宣伝兼消費増税10%中止署名依頼」 | ホーム | 【これは、エエヨ!】 公開霊言 「天御祖神の降臨」→皇國史観による國史決定版。天御祖神3万年振御降臨。神道は、3万年前から世界宗教。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3946-9b4ae850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (677)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (530)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1011)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (73)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる