世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2678年10月23日(火)毎年恒例電信電話記念日六甲山ヒルクライム(武庫川経由)

我が國の電氣情報通信開始149周年

井上功一であります。

10月23日は、
「電信電話記念日」。

太陰暦明治2年9月19日(西暦1869年10月23日)に、
東京~横浜間の電信線架設工事が、
着手され、

我が國の電氣通信の歴史が
始まったことを祝う記念日であります。

大日本帝國が創設されて、2年目の着手であり、
大日本帝國が、
電氣通信を、
國家のインフラストラクチャーとして
重要視しており、
西欧列強に対峙できる
近代國家であったかが、
よく分かります。


NTTグループでは、

午前中、出勤した者が、
午後が、休暇。
電氣通信省時代から続く、
古き良き伝統。

日本電信電話株式会社の設立当初の企業理念は、

私たちは、世界的視野に立った技術開発をもとに、
最高のサービスと信頼を提供しつづけ、
豊かな生活・文化の創造に貢献します。

今年も、
天氣予報と違い、
雨も降ってきませんでしたので、

帰宅後早々に、
14:20頃から、
ロードレーサー(自転車)で、
武庫川経由で、

毎年恒例電信電話記念日六甲山ヒルクライム
へ行ってきました。
181023_1645~001

氣温は、山頂で13℃程度。

六甲山は、櫻、ブナ等が、
少々紅葉。
181023_1652~001

山頂からは、
割りに、大阪湾が、クリアに望めました。
写真を撮影し、
ウインドブレーカーを着て、
早々に下山。
181023_1646~001 
181023_1648~001

少々下ったところで、
チュープラー前輪がパンク。
タイヤを剥がして、
スペアタイヤを嵌め、
少々スローペースで下山。
雨もぱらついてきました。
181023_1648~002

宝塚市役所付近で日没となり、
目出度くナイトラン。

雨も強くならず、
また、43号線高架が庇になって、
ほとんど濡れずに、無事帰還。

その上、
ウインドブレーカーに、
靴用防水スプレーを塗布しておきましたが、
なかなかの効果でした。

ルート
伝法→43号線→伝法大橋→武庫川大橋東詰→武庫川左岸道路
→武庫川橋→武庫川右岸河川敷道路
→宝塚新大橋→逆瀬川→明石神戸宝塚線→逆瀬川→六甲山頂
(往復)

T3:34:59
D63.35
A17.7
M53.3


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/10/24(水) 02:01:04|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2678年10月23日(火)クリンチャーホィール前後輪手組み(MAVIC OPEN PRO CD 32穴)→ロードレーサー(自転車)用  | ホーム | 【実施模様】2678年10月22日(月)<サラリーマン黄昏戸別訪問>釈量子、数森圭吾支援兼宇宙の法黎明編 割引券販売>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3899-d307cd63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (556)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1004)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (88)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる