世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【拝聴報告】2678年07月04日(水)<アメリカ合衆國独立記念日>御生誕祭御法話「宇宙時代の幕開け」於大阪正心館→地球人類が、全宇宙に誇る弱肉強食適者生存を超越した「愛」「自己犠牲の精神(特攻精神他)」「多元性を尊重する共存共栄」

井上功一であります。
昨夕07月04日(水)は、

業務終了後、
大阪正心館へ立ち寄り、
180704_1839~001

御生誕祭御法話
「宇宙時代の幕開け」
衛星中継を拝聴しました。


1.副館長のお出迎え、新刊頒布、ご挨拶
・1Fロビーでは、
副館長自ら、
声を張り上げて、
ラ・ムーの本心他
新刊を頒布されていらっしゃいましたので、
「帰りに、貰いますわ。」
と応えておきました。


・御法話終了後も、
副館長が、ご挨拶。
イエス・キリストの
宇宙人リーディングについて、
イエス様の性格、愛の中に左翼思想が
あるという興味深いお話他
非常に分かり易く、
上手に纏めていらっしゃいました。


・御法話後、
皆が、談笑する2F食堂に、
女性職員さんと共に、
新刊を頒布。
お釣を自ら用意されたり、
非常に腰低く、
記念撮影、握手、談笑にも、
氣軽に応じられ、
本当、人間できてはる。
と思いました。
公認候補で、立候補されたら、多分当選。
180704_1835~001


・私も、
アスガルト文明時代、日本の神代の時代を、
勝手に妄想しながら、
折角なので、
厚かましくも、
副館長と、
写真撮影、握手をした後、

能勢妙見山に関して、
少々談笑し、

「北極星の化身
妙見大菩薩、北辰大菩薩が、
ご本尊で、
大阪の守護神。
東京に別院もあり、
勝海舟とそのお父さんが、
熱心に信仰していた。
由来は、
天平勝宝年中(西暦750年頃)、
能勢妙見山が、
まだ、為楽山と呼ばれていた頃、
北斗七星の方角から、
UFOに乗って
星の王様がこの山に降りてきて、
村人達は行基菩薩に請い、
その山頂に北辰星をお祀りしたのが
北極星信仰(北辰星信仰)の始まり。」

という話をお伝えし、
一度、能勢妙見山へ
行かれることを、お勧めしておきました。
妙見山には、能勢電で行くことも、
よくご存知でした。
(きっと、鉄道マニアだから。)
アンドロメダと関係あるかもしれない
能勢妙見山を知って貰えて、
地元民として、本当に嬉しく思います。
180704_1829~001


・やはり、
副館長は、
古来より、庶民が神さんと共に生活し、
「自由」「民主」「本音」な空氣の大阪が、
東京よりも、
合っていらしゃるのかもしれません。

*御法話終了後は、昨年の造幣局花見以来
1年振りに、滋賀の高橋さんとリアルでお会いでき、
四方山話に花が咲き、
楽しい夕べとなりました。

2.御法話の感想、印象に残ったところ
(1)地球人類が、他の宇宙人より勝り、
500種類の宇宙人が、未だに地球で学びにくる
弱肉強食適者生存を超越した「愛」「自己犠牲の精神」「多元性を尊重する共存共栄」。
但し、科学技術は、宇宙標準よりかなり劣り、
数百年年から、数千年遅れている。
文科系は、宇宙トップレベル(芸術、文学、哲学、思想)
理科系は、宇宙平均以下(科学技術、数学)

・この話を、聴いている間、
大東亜戦争、神風特別攻撃隊の情景がリアルに浮かび、
散華された英霊、大日本帝國軍人の報國の至誠を、
感じながら聴いておりました。

本年2678年、
大日本帝國創設150周年、大東亜共同宣言採択75周年でありますが、

「八紘一宇」「四海同胞」の肇國の大義により、
強者(白人)が、弱者(有色人種)を滅ぼし、
強者(白人)が、弱者(有色人種)を植民地、奴隷にし続けることを、
良しとせず、

10倍の國力の差がありながら、

民族の伝統文化宗教を破壊するグローバリズムである「共産主義拡大阻止」

「アジヤ諸國の独立解放」

「人種差別撤廃」

といった目的の為、

最後は、必死必中の神風特別攻撃隊迄出撃させ、
日本臣民が、「一億総特攻の精神」にて、
死力を尽くして戦い、
志半ばで、終戦となりましたが、

「アジヤ、アフリカの國々が独立」し、
元敵國のアメリカ含め、
世界的に「人種平等の精神」「人権尊重の精神」が浸透し、
「多様性、多元性を認める世界」となってきました。

やはり、
人類史の転換点である
「正義の戦争=大東亜戦争」。

日本の究極の「自己犠牲の精神」である
「楠公精神」「松陰精神」「特攻精神」「三島精神」
は、
地球のみならず、
男女愛しか解しない科学技術万能主義者、進化の神レプタリアン、
ベガ、プレアデス、アンドロメダ他の宇宙人、全宇宙をも、
教導する「愛」の極致であるかもしれません。

*UFOを飛ばすことが出来る高度の科学技術を
持ちながら、
ほとんどの宇宙人の「愛」の認識は、
自己保存の為、
優秀な子孫を残す為の男女間の愛レベル。
「隣人愛」「世界愛」「自己犠牲」は、
理解できない。
多分、
「無我」「無私」「滅私奉公」も、
理解できない。


(2)<アメリカ合衆國独立記念日>に、「宇宙時代の幕開け」が、
説かれた理由推定→アメリカの「自由」「民主」「人種の坩堝=多元性」
・アメリカ合衆國は、
清教徒精神「信仰」による
「自由」「民主」を尊重する國家建國。
アメリカは、単一民族でない「人種の坩堝」。
人種の違いは、宇宙人の違い。
180704_1826~001


・また、
ハリウッド、NASAによる宇宙人、UFO啓蒙が進んでいる。
数百万人から数千万人がアブダクショされ、
國民が、UFO、宇宙人を身近に感じている。
アメリカ合衆國が、今後、
500種の宇宙人と交流するに当たって
果たす使命は、大きいと言えます。

(3)宇宙人が、核戦争等の危急存亡の秋を除き、
地球に介入できない2つの理由
・1つは、エル・カンターレが、地上にあるから。
外宇宙から、他の銀河から来た宇宙人も全て補足し、
地球で何をしたかを把握し、
その宇宙人を断罪することができる。
これが、悪質宇宙人地球侵略の抑止力となっている。
エル・カンターレ入寂後は、地球人類が自己解決する必要がある。
→ここ数十年で、なんらかの具体策講じる必要有り。


・もう1つは、
核戦争等の危急存亡の秋を除き、
その惑星の自治を尊重し、
介入できない協定遵守しているから。

・多くの宇宙人は、地球で、高度な「愛」を学ぶ為、
地球人として転生したく、
いつも、
「自分たちが、地球を侵略したい。」
というよりも、
「地球人が、地球を滅亡させないかどうか。」
を常に憂慮し、
見守っている。

3.その他御法話の論点
(1)日本は、UFO先進國
・幸福の科学の宇宙人リーディングにより、
500種の宇宙人の存在を明らかにし、、
常時20種の宇宙人と接触。
数億年前から地球に飛来する宇宙人とも接触

・NASA、ハリウッドを遥かに超越。

・10月12日公開の
アニメ映画「宇宙の法、黎明編」では、
ハリウッドを驚愕させ、
アカデミー賞受賞を狙い、
地球人類のUFO、宇宙人認識啓蒙の促進を図る。


・宇宙時代の幕開けに当たり、
具体的には、
「自由」「民主」「信仰」
という価値観を常識にすべく、
教導啓蒙し、
不安と希望が錯綜する中、
宇宙に、
「希望の未来」を提供することが、
幸福の科学のミッション。


(2)レプタリアン論理による北朝鮮、中華人民共和國の人権弾圧は、
決して許さじ。

・レプタリアン論理
「強者は、弱者を滅ぼし、奴隷にしても良い。」
に基づく、
北朝鮮の人権弾圧、
中華人民共和國による
東トルキスタン、チベット、内モンゴル
民族浄化、虐殺は、
エル・カンターレの名に於いて許さず、
必ず是正させる。


・一方で、
イスラム教等の偏狭な教義は、
是正させ、多元性を、認めさせる様にする。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2018/07/05(木) 10:05:49|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3761-7fb29096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad