世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2678年5月15日(火)慶祝沖縄県祖國復帰46周年『沖縄と本土は一心同体。沖縄県民は、皇國民。』

2678年5月15日(火)慶祝沖縄県祖國復帰46周年『沖縄と本土は一心同体。沖縄県民は、皇國民。』

2678年5月15日(火)
慶祝沖縄県祖國復帰46周年
『沖縄と本土は一心同体。沖縄県民は、皇國民。』

井上功一であります。
5月15日は、昭和47年(西暦1972年)、沖縄県が、米国から祖國日本に復帰した大切な日。昭和27年(西暦1952年)4月28日のサンフランシスコ講和条約発効から、遅れること20年。4月28日が、「主権回復記念日」であるならば、5月15日は、「第二の主権回復記念日」と言えます。

朝鮮の、沖縄県は、「辺野古移設反対」「米軍基地撤去運動」「琉球独立運動」が展開されており、支那公船による領海侵犯が日常化しております。「琉球独立運動」とは、支那(中華人民共和国)の沖縄自治区化工作であり、沖縄県が、琉球として非武装の丸腰で独立すると、沖縄は、支那の属國となり、沖縄県民の皆さんは、支那の奴隷として、恥を晒して生きる未来が待っております。よって、「琉球独立運動」を殲滅し、沖縄県民の皆さんが、古来より、皇國民、日本國民であり、沖縄と本土は、一心同体であることを、深く理解することが必要であるのであります。

1.沖縄・本土一体史観→二千数百年前から、沖縄は、日本の領土。
・「人種的」には、頭蓋骨の小さな差異、顔の彫りの深さ、頭や顔の大きさ・形を比較し、沖縄人は本州現代人に近いこと。

・「歴史的」には、沖縄は、平安期以降、突如として農耕社会が出現していますが、これは12世紀前後に九州の日本人が南西諸島に南下し、これが現在の沖縄県民の直接の先祖であること。また、琉球王國正史『中山世鑑』では、琉球王國の最初の王・舜天は、源為朝の子とされております。

・「言語的」には、日本語と琉球方言は、音韻・文法・語彙等が、全く同一言語から派生したことが証明されていること。

・琉球王國は、社会主義私有財産が認められず、八公二民の 重税→明治政府の琉球処分により解消。

・神武天皇の祖母「豊玉姫」が、里帰りされる神話がありますが、幸福の科学公開霊言より、豊玉姫 が、石垣島出身であることが明らかになっており、皇室の祖先が、沖縄出身であり、沖縄は、日本。また、本土、沖縄とも、日本は、「太陽信仰」が根付き、正史30000年を誇り、1万5千年前のムー文明の正統な末裔であることも明らかになっております。

2.「日米同盟」が日本、沖縄の平和を保障しているリアルな現実
・大東亜戦争沖縄戦で20万人の人が亡くなり、決して許すこともできない心情もありますが、アメリカは、世界最大の経済國家、軍事國家であり、アメリカと本気で戦争して、近代戦で、勝てる國は、ありません。我が國が、北朝鮮の核、弾道ミサイルの脅威に怯え、支那公船の尖閣諸島周辺航行どうすることもできず、未だに捏造の従軍慰安婦で韓国に金をせびられ続けるリアルな現実を直視すれば、日米同盟は、アメリカへの隷属ではなく、現日本の平和の要と言えます。

・政治家としての最も重要な資質は、自國民を護る為、軍事力を行使を決断し、「負けるような戦争は、しない。」ことであり、「世界最強國」との同盟堅持は、政治家の義務であります。

・また、支那の他、北朝鮮まで水爆弾頭付ICBM、SLBMを保有するに至った現在、日本核武装は、必定であり、日米同盟をイコールパートナーとして強化する為、自衛隊を普通の軍として、日本が、再軍備することは、当然であります。

3.南北朝鮮「板門店宣言」は、仮初めの平和、日本消滅の序曲
・今後、米朝首脳会談→アメリカ中間選挙→日本天皇陛下御譲位皇太子殿下天皇即位→日本参議院選挙→大阪G20サミット→東京オリンピックと、世界的に、平和ムードが蔓延して参りますが、「朝鮮半島非核化」を掲げながら、日帝35年植民地支配の反日プロパガンダにより、水面下で、「核武装した統一朝鮮」実現していくことが、南北朝鮮の深層心理。「反戦平和」を唱え、アメリカ等他國にすがることしかできない戦わない日本であれば、2~3年後、着実に日本消滅の現実に直面します。


日本國民 幸福実現党員 井上功一
〒554-0002大阪市此花区伝法6-3-4 1119
PHS:070-5163-4296 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2018/05/16(水) 21:13:01|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3697-7c8279e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad