世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2678年01月20日(土)<大寒>「大阪~明石→アワイチ淡路島一周→明石~大阪」大寒陽だまりロングライド自称寒稽古 















180120_1450~001

井上功一であります。

昨日(1/20)は、「大寒」。
寒氣益々、加わる
二十四節季の最後の節季。
立春迄、
1年で、最も寒い季節であります。

また、
一昨日(1/19)、
オフェアリス神の霊言を拝聴し、

エジプト・ギリシヤ一体文明
地中海文明に、甚く触発されましたので、

日本の地中海=瀬戸内海、
日本のクレタ島=淡路島

暖かい日溜りを堪能し、
自称寒稽古を兼ねて、

ロードレーサー(自転車)で、
大阪から明石迄自走往復して、



「アワイチ(淡路島一周)」


を、
実施しました。

明石から淡路島岩屋迄は、
ジェノバライン利用
片道
乗船料¥500。自転車¥220。
15分程度で到着。


氣温は、日中9℃~10℃。
日没後は、5℃。

昨年6月11日以来、半年振り。

瀬戸内の暖かい太陽が常時輝き、
陽射しは、春。

立川水仙境、黒川水仙境の二つがありますが、

よく手入れが行き届いているのは、
黒川水仙境の方で、
黒川水仙境への道路は、観光客で大渋滞。
今が、見頃です。
また、
南淡路水仙ラインでは、日本猿が、
路側を歩いていたり、中々長閑。


今回は、
道に迷って、
ショートカットせず、
うずしおラインを通り、
大鳴門橋にも行きました。

但し、
出発が、遅かった為、
淡路島で走り始めたのは、

大鳴門橋で日没。

淡路島西側には、
サンセットラインがありますが、
文字通りサンセットのナイトラン。


中々楽しい

余談話で、
元旦、スポークが1本飛んで、
補修した後輪が、
洲本付近で、
再び、
スポークが1本飛びました。
しかし、大して振れず、
そのまま、
残り200km程度走破。
やっぱり、スポーク全て張替え様と
思います。




ルート
伝法→43号線→伝法大橋→三ノ宮→神戸明石線→元町→28号線→長田
→2号線→明石港→ジェノバライン→岩屋港→28号線
→洲本→県道76号線→立川水仙郷ナゾのパラダイス→南淡路水仙ライン→阿万
→阿万福良湊線→うずしおライン→鳴門観潮線→大鳴門橋→鳴門観潮線
→鳴門観潮線→阿万福良湊線→湊→県道31号線→淡路サンセットライン→明石大橋
→岩屋港→ジェノバライン→明石港→2号線→三ノ宮
→43号線→伝法大橋→伝法


T11:30:48
D257.86
A22.4
M54.4

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/01/21(日) 13:12:20|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2678年01月22日(月)爆弾低気圧の嵐は、過ぎ去り、空には、三日月輝く大阪。 | ホーム | 2678年01月18日(木)遂に、靴底破れ、水漏れ。→靴購入。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3562-d6fb0b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (678)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (531)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1015)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (74)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる