世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

明日2677年11月25日(土)<追悼>三島由紀夫憂國忌47年~正義と美の極致~皇軍復活、日本核武装を、期さん。「自決」と「自殺」の相違。

JAPAN ERWACHE!
天皇彌榮
八紘一宇
四海同胞
神洲不滅
皇軍復活
日本核武装
暴支膺懲
北朝鮮征伐、駆除撲滅
大日本帝國軍人は、皇國の譽
神風特別攻撃隊編成73年
正義の戦争=大東亜戦争開戦76年
皇軍による支那事変制圧80年
12月8日は、降魔の日、大東亜戦争開戦記念日
12月13日は、皇軍による南京解放治安回復祝祭日



井上功一であります。


明日11月25日は、
三島由紀夫憂國忌。
三島由紀夫


47年前の昭和45年(西暦1970年)

三島由紀夫先生が、
楯の会隊員と共に、
陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内東部方面総監部
にて、
益田兼利総監を人質に取り、

バルコニーから、

自衛隊員に、

「現憲法を護る自民党には、
全く
期待出来ない。
シビリアンコントロールに統制され、
実質、自衛隊も違憲とする
現日本国憲法を護る様な自衛隊であってはならない。
自衛隊を、國軍とすべく決起せよ。」

という趣旨の演説をされ、
自衛隊員に
軍事クーデターを呼び掛けられましたが、
自衛隊員が奮起せず、

失望され、

切腹により、
自決された日であります。

・自主憲法制定
・自衛隊の國軍化
を軍事クーデターにより敢行し、

日本を、真なる独立國とせんとする。

この憂國の至誠は、

日本独立、皇國再興への礎

であります。

憂國忌47年を追悼し、
三島由紀夫先生の偉業を顕彰致したい。
と思います。

最近、
大川隆法総裁先生より、

御法話
「自己犠牲の精神」

を賜り、

本日11月24日、憂國忌の前日に、
開示されることは、
非常にタイムリーであり、

・自己犠牲の精神
・特攻精神
・報國の至誠

が、
今、強く求められておるのだ。
と言えます。


よって、
吉田ドクトリン、戦後レジーム
即ち、
便利で、快適な生活に安住し、
敗戦利得を食み、
47年経って未だに、
憲法改正ゴッコをやっておる現状を改め、
北朝鮮の核攻撃、支那の世界征服といった
東アジア情勢、世界情勢を直視し、

・占領政策基本法=現日本国憲法無効破棄
・大日本帝國憲法回帰
・祭政一致、皇軍復活を謳う正統な日本國憲法制定
・日本核武装

また、
・選挙に勝てずとも、
憲法改正できずとも、
憲法9条適用除外、
有事には、自衛隊を軍として
自由に作戦行動させ、
核攻撃を想定し、
核武装、核シェルター普及を、
水面下で促進。
これが、
幸福実現党の使命であります。


幸福の科学には、
大川隆法総裁先生による

三島由紀夫先生の公開霊言

「天才作家 三島由紀夫の描く死後の世界」
高天原から投げかける 憂国のメッセージ 
121008_0154~001


がございますが、
自己犠牲の極地とも言える
三島由紀夫精神が、
非常に凝縮され、
その死生観がご理解頂けます。
特に、
「自決」と「自殺」の違いが、
秀逸であります。


1.「自決」と「自殺」の違い
・”死ぬべきときに、
死ねない人間は駄目だよ。
「死んだら、地獄に行くかもしれない」
などと言って恐れて、
死ねないような人間は、
やはり、
偉人・英傑の仲間には入れないな。”

ともおっしゃっており


・”(戦前、戦中の日本人は、)
もっと筋金が入っていたし、
「正義のために、あるいは、お國のために、
命を惜しまない」
という鋼のような精神を持った日本男児、
武士(もののふ)だった。”

ともおっしゃております。

2.三島先生への親近感
・私(井上)は、
「自決」と「自殺」の違い
「憂國」
リヒャルト・ヴァークナー信奉者
他、
三島先生に、
非常に親近感があります。

*因みに、
リヒャルト・ヴァークナーについては、
三島先生が、主演された映画「憂國」の中で、
割腹自決をするシーンのBGMは、
楽劇「トリスタンとイゾルデ」
のエンディングで、
イゾルデが歌う
「愛の死」であります。

・また、
ゲルマンの叙事詩エッダ、サーガを基に、
ゲルマン神話、アスガルト文明を
現代に再現し、
ドイツ精神を復活させた
上演時間16時間超の

序夜「ラインの黄金」
第一夜「ヴァルキューレ」
第二夜「ジークフリート」
第三夜「神々の黄昏」

からなる

四部作「ニーベルングの指輪」

第三夜「神々の黄昏」では、
最終場面

ヴォータン(オーディン)の9人の娘の中で、
最愛の娘であり、
元ヴァルキューレの
ブリュンヒルデが、

家臣達に、
ライン川の岸辺に薪を積み上げさせ、
非業の死を遂げた
英雄ジークフリートの亡骸を、
薪の上に設置させ、
松明で、点火し、

矮人族アルベリヒが、
愛を断念し、ライン黄金を盗んで作った
ニーベルングの指輪を、
ラインの乙女に返して、

欲望、執着を増大させ、数多くの災いを、
招いたニーベルングの指輪の呪いを解いて、

神々共に、現文明を終焉させ、
新たな文明を開闢する為に、
また、
ジークフリートの崇高な名誉を分かち合う為に、

燃え盛る薪の中へ、
元天駆ける馬であった
愛馬グラーネと共に、
飛び込み、
世界は、焔に包まれ、
次に、ライン川の水が溢れ、
終焉となりますが、

最終場面、
超ドラマティックソプラノである
ブリュンヒルデによって
20分以上
歌われる勇壮かつ格調高いアリアが、
有名な
「ブリュンヒルデの自己犠牲」
であります。

自己犠牲の本質が、
直感でわかるアリアである。
と言えます。

・私(井上)は、
小学生のころから、
「自決」と「自殺」は違う。
自殺は、自分の逃避の為死ぬことであり、
自決は、責を負い、公に殉ずることである。
と考え、友達と討論しておりました。
また、
常日頃から、
もし切腹することになれば、
作法に則り、怯む事無く、
本当に、切腹できるだろうか?

戦場に赴いた時、
死ぬまで戦うことができるであろうか?
ということを、常に考えておりました。

でありますので、
「反戦平和教育」には、
小学生低学年の頃から、
非常な違和感があり、

小6の時にも、
「平和、戦争放棄に関する作文」
を書かされましたが、

「戦争、軍事力は、
独立國の手段として必要である。
戦争により、科学技術が発達し、
崇高な精神が養われることがある。
日本も二度と戦争に負けない様、
再軍備し、軍備増強すべきである。」

といった様な作文を書き、
担任の女の先生が、悲嘆しておりました。


・ヒャルト・ヴァークナーに関しては、
私(井上)は、
幼少時より、
戦争映画、戦争記録フィルムを、
よく視聴しておりましたが、

フランシス・フォード・コッポラ監督
「地獄の黙示録」で、
有名な
「ヴァルキューレの騎行」を聴き、
ヴァークナーのオペラ、楽劇に傾倒する様に
なり、

ヴァークナーのオペラ、楽劇がきっかけで、
真理の道に辿りつき、
辿りついた書籍は、
「憂国」という文字に目が留まった

「天照大神の降臨~憂国の神示~」

でありました。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/11/24(金) 03:56:10|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ご報告】2677年11月25日(土)<追悼三島由紀夫憂忌47年>湊川神社(楠公さん)参拝~今こそ、報國の至誠発露の秋~ | ホーム | 2677年11月23日(木、祝)<奉祝 新嘗祭、初転法輪祭>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3474-a9db5f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (675)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1010)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (73)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる