世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】2677年10月03日(火)<サラリーマン出勤前解散街宣>「戦争解散。再軍備・核武装、朝鮮殲滅選挙。」






~清潔で、勇断できる政治~
<10月25日は、神風特別攻撃隊敷島隊特攻成功の日>
自分の國は自分で護る。
減税は、最大の福祉(消費税8%→5%)
JAPAN ERWACHE!
八紘一宇
四海同胞
神洲不滅
北朝鮮征伐、駆除撲滅
大日本帝國軍人は、皇國の譽
正義の戦争=大東亜戦争終結72年
皇軍による支那事変制圧80年


井上功一であります。


今朝も、
皇國光輝三千年の彌榮を願い、

朝鮮動乱、朝鮮戦争を

日本核武装、皇軍復活

世界に冠たる皇國
大日本帝國再興の好機

「自由と民主主義」の世界秩序構築序章

と捉え、


戦時衆院選、
真なる争点は、

「日本核武装、
日本再軍備、
イコールパートナー日米同盟。
日本が、軍事力を行使する普通の独立國になること。
減税は、最大の福祉政策、経済政策。」
であることに、

日本國民の皆様に、
ご賛同頂く為、

<サラリーマン出勤前報國街宣>

を、敢行致しました。



1.実施場所日時
大阪府豊中市
阪急電鉄蛍池駅
3階モノレール連絡通路
2677年10月03日(火)
07:20~08:50


2.実施結果
旭日旗、党幟掲揚
八紘一宇腕章装着にて、
街宣実施。

演説しながら、

・大阪府版幸福実現NEWS
・4頁政策チラシ
20部程度手渡し。



3.巷の声、様子
・乗り継ぎの乗降客が
途切れず、
宣伝効果抜群。
本日は、
ワイドショー、劇場型選挙に流されないこと。

大和魂の精華
必死必中の特攻精神を
踏まえ、
再軍備、核武装
皇國史観
を、
本心で
氣合を入れて啓蒙。
賛同してくださる方も、
そこそこありました。


・60代男性:
前にもあったことのある
リベラル系オジサン
旭日旗を指して

「旭日旗と、
あんたとこの党と
なんの関係あるん。」

→「大日本帝國軍人に敬意を表し、
日本再軍備、核武装の覚悟で、
掲揚しております。」


「この旗、不愉快な人間もおんねん。
何が、帝國軍人や。」


→「コラ、非國民。
帝國軍人を侮辱することは、許さんぞ。
誰のお陰で、
そんな文句言えるか、よう考え。」
叱り飛ばし、
教導すると、

リベラルオジサンは、

「分かった。分かった。」
と小走りに、
改札口へ行ってしまいました。
Mein Kampf
は、
まだまだ続きます。




関連記事
スポンサーサイト



  1. 2017/10/03(火) 08:50:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【実施模様】2677年10月04日(水)<サラリーマン出勤前解散街宣>「戦争解散。再軍備・核武装、朝鮮殲滅選挙。」 | ホーム | 【実施模様】2677年10月02日(月)<サラリーマン出勤前解散街宣>「戦争解散。再軍備・核武装、朝鮮殲滅選挙。」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3406-11bcf5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (977)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (64)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる