世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2677年08月22日(火)福井県小浜、エンゼルライン、久須夜ケ岳619mヒルクライム<日本海往復ロングライド>→激しい雷雨の洗礼


井上功一であります。

本日8月22日(水)は、「処暑」。
太陽が、黄経150度に達して、
暑さが止む日。
楽しく快適な夏も、
いよいよ去って行きます。
170822_0916~001


08月22日(火)は、休みでしたので、
少々早起きし、
過ぎ行く夏を堪能するため、
ロードレーサー(自転車)で、
福井県小浜市迄行き、
170822_1403~001

福井県小浜湾にある
久須夜ケ岳(619m)ヒルクライムを、
実施して参りました。

山頂迄、
「エンゼルライン」が通じており、
10km弱で、山頂迄上ります。
170822_1420~001

街道沿いの田圃は、
170822_1158~001
稲穂が黄金色に色付き、
小浜では、稲刈りの真っ盛り。
170822_1204~001
栗の毬も大きくなり、
実りの秋が楽しみです。


曇りで、日差しは弱いながら、
非常に蒸し暑く、34℃。

久須夜ケ岳山頂からは、
向かいの大島半島にある
関西電力大飯原子力発電所が、
望めますが、
ここも、高浜原発同様、
海側からのテロ、攻撃に脆弱な感があり、
また、
自動車でアクセスできる
久須夜ケ岳から、
ロケットランチャーなんかで、
原子炉攻撃することも、
できるかもしれません。

さて、
絶景のエンゼルラインを上り、
170822_1421~001 
170822_1434~001 
170822_1452~001
山頂駐車場に到着するや否や、
170822_1541~001
5分も経たない内に、
海側から、積乱雲が迫ってきて
170822_1541~002
あっという間に覆われ、
激しい瀧の様な雷雨となりました。
170822_1545~001

最初の15分くらいは、
「スコール、天然シャワー。」感覚で、

体を冷やし、汗、埃を洗い流す為、
雨に打たれるがままにしておりましたが、
氣温も20℃くらいで、寒くなり、

山頂で、遮蔽物無く、
「バシッ、ドカン。」と、
そこらじゅうに落雷してきましたので、

屋根だけある駐車場ベンチに避難。
横殴りの雨を受けながら、
170822_1704~001

「今、自転車で下って落雷したら、
マルチン・ルターみたいに、
悟るかもしれんなあ。
でも、
多分、黒焦げ全裸死体になって、
恥かくだけやなあ。」


「同じ様に、電磁パルス発生するし、
落雷くらい普通にならんと、
核戦争できんなあ。」

「雷雨止むのまっとったら、
帰宅したら、0時廻るなあ。
それから、自転車掃除せなあかんし。」
170822_1706~001

「こりゃ、きっと、
若狭湾の龍神さんの大歓迎の意思表示
ちゃうかなあ。」

と、
誇大妄想に浸りながら、

稲妻、小浜湾の一瞬の閃きを、
味わっておりました。


2時間程度で、雷雨終了。
170822_1727~001
氣温は、10℃下がり、24℃。
非常に涼しくなりました。
170822_1728~001

水蒸氣が沸き上がり、
山々に雲がかかる
激しい雷雨後の
小浜湾も、
非常に風情があります。


雷雨後のエンゼルラインは、
小枝、落ち葉、小石が、
散らかり、所々道路が川になっておりましたので、
パンク、落車を避ける為、
超スローペースで、ダウンヒル。

エンゼルラインは、知らぬ間に、
通行止め。

入り口は、ゲートが閉められておりましたが、
親切な道路パトロールのオニイサンに、
開けて貰い、無事脱出。


夕日も射し、
170822_1755~001
ファミリーマートで、
170822_1836~001
補給を取っていると、
二重の虹迄出て、
170822_1825~001
日本海往復ライドを祝福。
何か良いことが有りそうです。

但し、
名田庄で日没。
堀越峠、美山、神楽坂、園部、ひいらぎ峠、能勢と
目出度く山道ナイトラン。

湿度が高くて、眠たく、
スローペース。
帰還は、2時過ぎ。

総走行距離300km超となりましたので、
良しとしたい。と思います。

ルート
伝法→淀川左岸道路→2号線→淀川大橋→神崎大橋南詰
→神崎川左岸道路→加島4丁目→毛斯倫(モスリン)大橋
→戸ノ内町→猪名川左岸道路→池田→川西篠山線→虫生
→東畦野→173号線→一庫ダム→北摂里山街道
→ひいらぎ峠→本梅→372号線→園部埴生→長谷八木線
→大河内口八田線→船坂→園部能勢線→園部→日吉温泉
→神楽坂トンネル→美山→162号線→堀越峠
→名田庄→エンゼルライン→久須夜ケ岳山頂
(往復)
往復。
復路は、池田から176号線で、十三迄行き、
淀川通、歌島通、43号線で帰還。


T14:32:53
M60.3
A20.9
D304.32


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/08/24(木) 00:14:31|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2677年08月24日(木)箕面、能勢、「野間大けやき」夏晴れ堪能ショートライド | ホーム | 2677年08月21日(月)真夏の大掃除完了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3338-730fc740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (680)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (533)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1014)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (76)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる