世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2677年7月29日(土)<暴支膺懲>『追悼通洲事件発生80周年』~7月29日、支那人による日本人大虐殺「通洲事件」の日~

JAPAN ERWACHE!
正義の戦争=大東亜戦争終結72年
支那事変制圧80年
7月7日は、コミンテルンによる蘆溝橋事件の日
7月29日は、支那人による通洲事件の日
12月13日は、皇軍による南京解放治安回復祝祭日
大日本帝國軍人は、皇國の譽

北朝鮮、支那の攻撃、侵略に晒される今、
國会で、スキャンダル合戦に興じ、
反戦平和を唱え、軍事力、戦争を忌避し、
戦わずして敗れ、外國の奴隷となること勿れ。




井上功一であります。


本日7月29日未明、
北朝鮮がミサイル発射し、
日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に
着水致しました。

陸上幕僚長、防衛大臣の辞任を、
見届けて、
発射して、北朝鮮の
お馬鹿な仔豚チャンは、
さぞ、ご満悦のことでありましょう。

どうでも良いスキャンダルで、
國会で遊び続け、
北朝鮮、支那、
あるいは、
韓国のエージェントと言える
國賊=既存國会議員、
いよいよ駆除撲滅し、

核武装し、皇軍復活させ、

神の正義を貫き、
戦争、軍事力を行使する國家
とならない限り、
我が國は、数年の内に、
戦わずして敗れ、滅亡必至。



また、
7月29日は、
我が國の正統な國史を理解する上で、
忘れることのできない日であります。
なぜなら、
80年前、昭和12年(1937年)

日本人が、支那人に虐殺された

「通洲事件」

が起こった日であるからであります。

同年7月7日
コミンテルンにより、
盧溝橋事件が発生し、
「支那事変」が勃発しておりました。

北京の東12kmの通洲において、
冀東(きとう)防共自治政府支那人保安隊が、
日本軍守備隊、及び日本人居留民を、
260名虐殺しましたが、
男性は、陰茎を切断される。
女性は、強姦された後、陰部に箒や木片を突っ込まれる、
陰部や、乳房を切断される。妊婦は、腹を縦に切り裂かれる。
子供は、指を切断され、針金で鼻輪をされる。
カフェでは、女給の生首がカウンタに並べられたり、
酸鼻を極める猟奇的な殺され方でした。

日本國民は、
「通洲事件」に
「暴支膺懲」と激昂し、
近衛内閣は、
支那國内の日本人を、
保護するため、
帝國陸軍、海軍陸戦を派遣し、
軍事介入せざるを得なくなりました。
支那事変では、
皇軍戦車部隊の初陣と言え、
目覚ましい活躍を致しました。

犠牲になられました皆様を、
追悼慰霊し、
皇軍の武勲を顕彰するとともに、

國民を護れる
普通の独立國となる為、

皇軍復活、日本核武装
を、
強くお誓い致します。

ところで、
この「通洲事件」が真実であり、

「南京大虐殺」は、

支那人が行った虐殺「通洲事件」を、モデルにして、
日本から金を毟り取る為、
支那人が捏造したフィクションであるとも言えます。


以下、
通洲事件に、概要と背景を記述いたしますので、
参考にして頂ければ、幸いであります。


1.「通洲事件」で、軍事介入が本格化した「支那事変」
・「通洲事件」が発生した当時の中華民国は、国家の体をなしておらず、馬賊、軍閥、中国共産党、国民党の内乱状態で、日本人居留民が、危機に晒され、虐殺、暴行、強姦の被害に、数多くあっており、皇軍、即ち、大日本帝國陸軍、大日本帝國海軍陸戦隊が、日本人居留民の保護、治安維持の為に、派遣されたというのが、正しいところであります。また、日本人が、支那人により虐殺された「通洲事件」を知った大多数の日本國民が、「暴支膺懲(暴虐な支那を懲罰せよ)」と激昂し、近衛内閣が、軍事介入せざるを得なくなりました。

・昭和11年(1936年)12月12日西安事件 で、 国民党の蒋介石拉致監禁され、 蒋介石と支那共産党の周恩来との間で、 密約が交わされ、 以降、 共同抗日と国共合作が促進されました。

・昭和12年(1937年)は、7月7日の「盧溝橋事件」に始まり、「通州事件」「大山事件」「第2次上海事変」他、支那による日本人への挑発、虐殺が多発、最終的に、12月13日に、皇軍が、南京を陥落させ、南京市内の治安回復をもたらしました。



2.「南京大虐殺」は、「通洲事件」を元にした支那が創ったフィクション
・昭和12年(1937年)12月13日、神功皇后の三韓征伐以来の軍紀正しい皇軍は、 「南京をオープンシティにする。」と、居留民に再三の避難勧告を出しましたが、南京を守備する國民党軍は、 申し入れを聞かず抵抗。 最後は、軍服を脱ぎ、 民間人の服を着た「便衣兵」となり、 ゲリラ兵として抵抗。 戦時国際法に基づき、ゲリラ兵は、スパイとして射殺すれども、 日本軍は、組織的に 民間人を虐殺しておりません。支那が、國際連盟に「皇軍が、2万人住民を虐殺した。」と訴えても、 事実無根として、無視されました。 (この当時、國際連盟は、反日的でした。) という事実があります。実際、死んだのは、皇軍と國民党軍双方、100名ずつくらいが妥当なところで、虐殺等、全く行われておりません。逆に、多くの南京市民は、
皇軍の進駐によって、治安が回復することを、歓迎し、南京城が陥落した後、南京城内に戻ってきて、皇軍が南京に進駐してから人口が増加しました。

・幸福実現党の霊界諜報=「レイプ・オブ・ザ・南京」の著者アイリス・チャン公開霊言による検証では、アイリス・チャンは、日本封じ込めで、利害が一致するアメリカ政府と支那政府によって、「レイプ・オブ・ザ・南京」を、書かされ、資料を調査していく内に、「南京大虐殺」は、嘘、捏造であることが、分かっていった。また、35万人大虐殺は、広島、長崎の原爆犠牲者、東京大空襲の犠牲者とほぼ同数で、アメリカの民間人虐殺の罪を隠蔽する為の数字。短期間で35万人。長期なら日本の戦没者300万人に匹敵する数字。等と証言しております。

・「南京大虐殺」は、支那人が、日本人を虐殺した「通洲事件」の体験を元にしたフィクションであり、12月13日は、正しくは、「南京解放治安回復祝祭日」であるのであります。

日本國民 幸福実現党員 井上功一
〒554-0002大阪市此花区伝法6-3-4-1119 PHS:070-5163-4296
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2017/07/29(土) 07:51:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2677年7月29日(土)<暴支膺懲>~通洲事件発生80周年~「國威発揚追悼街宣」ヨドバシカメラ梅田店前歩道 | ホーム | 【これは、エエヨ!】「清水幾太郎の新霊言」→日本生存には、密かに民間で核武装と、有>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3297-443ef213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (675)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1010)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (73)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる