世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご参考】ベニート・ムッソリーニ、國家ファシスト党について~Viva il Duce!~



JAPAN ERWACHE!
二韓征伐
神洲不滅
必勝神風
皇軍復活
日本核武装




井上功一であります。
世界最先端の諜報手法である
スピリチェント
霊界諜報(公開霊言)によれば、

文在寅大統領は、

ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世下のイタリア王國
國家ファシスト党のドーチェ

「ベニート・ムッソリーニ」
1883年7月29日 - 1945年4月28日
*ヒトラーより、6歳上。
の霊指導を
受けているという話があります。



文韓国新大統領が、
ムッソリーニを尊敬している様で、
それで、
大統領選挙を、
人氣を取る
「未来を約束する公言」
により、
ムッソリーニが、
霊指導をしていたみたいです。


文韓国新大統領の
潜在意識の本心は、
益々、反日を煽って、
日本を、エスケープゴートにし、
北朝鮮の核、軍事力
韓国の経済力
支那のバックアップ
にて、
朝鮮民族による朝鮮統一を行い、
日本を植民地にすること。


以下、
ベニート・ムッソリーニに理解の参考に
して頂ければ、幸いであります。



1.ファシスト党政権誕生の経緯
・イタリア半島が統一されたのは、
19世紀になってから。
ドイツと同様、欧米の帝國主義、工業化の波に
乗り遅れた感があり、
第一次世界大戦も、
イタリアは、
1915年になってから、
連合国側で参戦、
一応、戦勝國になったものの、
経済的にも、民族的にも疲弊した状態。
その中で、
世界政府、世界市民を掲げ、
階級闘争で、
イタリア國内で、
暴虐に限りを尽くしていた
共産主義者に、多くのイタリア國民が、
危機感を持ち、議会制政治に失望しておりました。
その中で、
世界政府、世界市民を掲げ、
階級闘争で、
イタリア國内で、
暴虐に限りを尽くしていた
共産主義者に、多くのイタリア國民が、
危機感を持ち、議会制政治に失望しておりました。
その中で、
世界政府、世界市民を掲げ、
階級闘争で、
イタリア國内で、
暴虐に限りを尽くしていた
共産主義者に、多くのイタリア國民が、
危機感を持ち、議会制政治に失望しておりました。
その中で、

イタリア國民を、
愛國心、ナショナリズムで束ね、
階級闘争ではなく、階級協調で、
イタリアが一つに纏まり、

今風にいうならば、
「イタリアファースト」で、

偉大なイタリアを目指す
「國家ファシスト党」
の支持が選挙で拡大。

國家ファシスト党政権誕生に
いたりました。

その後、
党武装組織「黒シャツ隊」
により、政敵排除。



・ムッソリーニは、元々、
「イタリア社会党」で活躍した
熱心な党員でした。
しかし、
自身は、軍人で、戦傷を負い、

第一次世界大戦中も、
「イタリア社会党」が掲げる
全く非現実的な
「國際主義と反戦主義」に失望。
戦後、ムッソリーニは、
「イタリア社会党」から除名。

ニーチェの超人思想(選民思想)、
救済力を失ったキリスト教に失望した反キリスト教思想にも、
影響を受け、
グローバリズムに対抗する
ナショナリズムで、
イタリアが結束し、強國として再興する為、
「國家ファシスト党」
を結成。




2.ファシスの名の由来
・「國家ファシスト党」は、
共和制ローマにおいて
執政官の権威の象徴であった
ファスケス(束桿)に由来。

・斧を、十数本から数十本の棒で巻き、
皮の紐で束ねて作成。

・イタリア民族としての結束を、
意味します。



3.八紘一宇と愛國心とグローバリズムについて
・八紘一宇、ファシズム、ナチズム、ナショナリズムは、
何れも、
愛國心、ナショナリズムを出発点としますが、
ファシズム、ナチズムは、
選民思想(選ばれし者)があり、
自民族が世界のリーダー
自民族以外は、劣等民族で、奴隷にし、
他國は、植民地にして良い。
という選民思想があります。
「旧約聖書」、支那の「中華思想」
朝鮮の「小中華思想」も同様。

・また、
グローバリズム、共産主義は、
國家、民族の伝統文化宗教を破壊し、
一つの価値観、思想を押し付け、
強制する思想。


・一方、
八紘一宇は、
「世界は、一家。人類は、皆兄弟。」
各民族が、進歩、発展を目指しながらも、
お互い、民族固有の伝統、文化、宗教を尊重しながら、
共存共栄を目指していく道。
各民族が進歩しながらも、世界全体の調和を目指す思想。
複数性、多様性を認め、自由を尊重する思想。









関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/05/12(金) 10:10:13|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3214-e7c8791b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad