世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施報告】平成29年01月14日(土)~友情支援~第1部「新春ふれあい運動」於大阪府茨木市蔵垣内、第2部「隠れキリシタンの里、雪中訪問」於大阪府茨木市泉原、下音羽、錢原


JAPAN ERWACHE!
~しあわせNo1シティ 茨木~

穿孔不可知論
支那事変制圧80年
12月13日は、南京解放治安回復祝祭日。

天皇弥榮
祭政一致
八紘一宇
皇軍復活
日本核武装
暴支膺懲
二韓征伐
170114_0930~001



井上功一であります。

本日も、
第一部
11:00~15:00は、

1000年の歴史を誇る
大阪府茨木市蔵垣内(くらがいち)
170114_1425~001
にて、

川崎ちえこ後援会
~友情支援~
「新年ふれあい運動」

第二部
17:00~18:15は、
泉原(いずはら)、下音羽(しもおとわ)、錢原(ぜにはら)にて、

川崎さん初帯同で、
支持者さん宅を、

「隠れキリシタンの里、雪中訪問」
170114_1721~001 

を、敢行しました。


この冬一番の寒波到来の日で、
平地で氣温4~5℃。
常時強風が吹き、小雪が舞い、
訪問通知が、道一面に飛んだりして、
楽しい珍道中。

冬場に活躍する
フェルトグラウ色の
冬場の街宣、デモで着用する
ドイツ軍オーバーコート着用で、
防寒対策万全。
大して寒くありませんでした。


また、
川崎さんと、
支持者の方々を、
帯同訪問した
山間部で氣温1~-1℃。
下音羽から、雪が降り始め、
錢原の途中で、1cm程度の積雪。
ノーマルタイヤの為、
急勾配のタイトなコーナーが続く為、
それ以上、上らず、
残念ながら、10軒残して帰還。

しかしながら、
訪問先では、偉く感動され、
「川崎ちえこ」の
顔と名前が強く残った様でした。

一部
1実施日時
平成29年01月14日(土)
11:00~15:00


2実施結果
大阪府茨木市蔵垣内(くらがいち)
76軒実施、不在約5割

時間無く、
チラシ300部程度は、ポスティング


3巷の様子、声、ご要望
・あるマンションは、
「私、日本語わかりません。~」
とおっしゃる様な
イラン人、タイ人、ベトナム人他
外人さんが、入居者の8割である
不思議なマンションがありましたが、
外人さんは、律儀で、
全て戸外に出てきてくださいました。
170114_1119~001


・60代男性:
「~3%、5%、8%と消費税が上がったけど、
國の借金は、減ってへんわなあ。
やっぱり、嘘があるなあ。
まあ頑張ってや。~」
170114_1114~001


・70代女性:
「~不正排除、消費税とか減税は、
ぜひしてもらいたいですね。」
170114_1159~001


・40代女性:
「奨学金の借金で困っている
子おるみたいやから、
茨木市独自で、
本当に優秀な子に対する
給付型奨学金、考えてほしいですね。」
170114_1435~001


二部
1実施日時
平成29年01月14日(土)
17:00~18:15


2実施結果
大阪府茨木市泉原、下音羽、錢原
8軒実施、不在2軒
170114_1742~001


3巷の様子、声、ご要望
・マイナバー廃止に強く賛同してくださった
自治会役員60代男性:
満面の笑みで歓迎してれくださり、
「山奥迄、寒い中、ありがとう。
ほんと頑張ってくださいね。」


・山村の自立と活性化に
取り組んでいらっしゃる72歳女性:
今回は、ご主人もご在宅で、
ご夫婦で、
偉く歓迎してくださいました。

・塾に行かなくても進学できる
義務教育に強く賛同、
息子さんお二人も、
塾に行かずに、大学進学
伝統文化を、非常に大切にされる
50代女性:
今回は、奥さん不在で、
ご主人と対応:
「~川崎さんのことは、
よく聞いております。
寒い中、よく来てくださいました。
内は、築200年なります。~」


・400年の歴史を誇る旧家の
81歳女性:
門に、自家用の女篭が設置してあります。
「~雪の中、よく来て下さいました。
こういう山の年寄りも、
茨木のい中心部へ、
氣軽に行ける様にしてもらいたいですね。」
170114_1759~001


・中小企業勤務の兼業農家で、
激坂の上にご自宅のある50代男性:
訪問した直後は、ご主人不在で、
中穂積ご出身の奥さんと談笑。
川崎さんの、
待機児童解消他の話に、賛同してくださり、
帰ろうとしていると、
ご主人がご帰宅。
握手をしながら、
川崎さんの訪問を、
大変、喜んでくださいました。


・70代住職:
「あんた来た翌日に、
幸福の科学から、本来て、
車(ベンツ)の中に置いてあって、
3分の1くらい読んだ。」
こんな雪の中、こんな山奥まで
来てくれて、ほんとありがとう。
幸福の科学の建物の横にある
仏壇屋には、よく行くから、
今度、寄るわ。
雪ふっとるから、きいつけて、
帰ってな。」
と山門のところまで、出てきて
見送ってくださいました。
170114_1808~001

他、

道を歩いていた70代男性に、
声をかけると、
JR総持寺駅の話で盛り上がったり、

「雪の降る寒い夜、
ハイヒール履いてきた
熱心で、
元氣なおもろいオバチャン。」

として、
山村の方々に、
川崎さんが、強く印象に、
残り、
なかなか効果的なご挨拶廻りだった。
と思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2017/01/15(日) 09:22:58|
  2. 後援会、選挙、解任通告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3107-f3fdcce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad