世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

平成29年01月13日(金)淀川、冬の風景~強制連行従軍慰安婦像は、朝鮮民族淫乱変態性奴隷末裔自認の象徴~





井上功一であります。


清々しい寒さが、ここ数日続いております。
これが、本来の冬。
寒さを味わえ、嬉しい毎日。

さて、
ここ最近、再び、

南京大虐殺同様、

永遠に、日本から金を吸い取り、

原爆投下、焼夷弾絨毯爆撃の正当化の為
アメリカも黙認する


全くの嘘、出鱈目、捏造の
「強制連行従軍慰安婦」が、

話題になっておりましたが、

強制連行従軍慰安婦を、
有り難がる
朝鮮民族は、
自ら、恥も外聞もなく

「淫乱変態性奴隷の末裔」であることを、

自認しておる。

ということであります。

世界中に、

性奴隷像を建てまくり、
「性奴隷の末裔である哀れな朝鮮民族でございます。
どうぞ、恵んでくださいな。」

世界に、恥を晒せば良いのであります。

本質は、
皇軍による
南京解放治安回復であった
南京大虐殺も、
端的に申せば、

國民党軍、八路軍が、
如何に弱かったかを、
世界に宣伝している様なもの。


結局、
「弱者に優しい。」
「弱者救済」
ことを、善とし、

福祉、人権同和、反戦平和、社会保障

と言った言葉に弱く、

実は、強権者である
「自称弱者」の圧力に屈する
現日本の集合想念、空氣が、
現象として生じている。

という帰結。



これを、まともにするには、

・個人に於いては、
仏子、皇國民としての自覚と
自己責任と自助努力に裏打ちされた
自由意志の発露。


・國家においては、
八紘一宇を掲げつつ、
國益第一に、
國家主義、國粋主義、ナショナリズムに回帰して
祭政一致の國體再興
皇軍復活、核武装。


・國家精神としては、
125代2677年の萬世一系の皇統を誇る
我が國史を、
正統な皇國史観として
深く浸透させること。


この3点である。

と考えます。

また、この3点は、

幸福実現党の存在意義でもあります。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/14(土) 10:41:06|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3106-8e010e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad