世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

皇紀2676年11月03日(木、祝)<奉祝明治節>舞子濱(明石大橋)、六甲山(あじさいロード経由)セミロングライド

井上功一であります。
本日11月03日は、

明治大帝陛下が、
ご生誕遊ばされた

「明治節」

嘉永5年9月22日(1852年11月3日)
*当初は、旧暦9月22日。

短期間で、
日本を、世界に冠たる近代國家になさしめられ、
日本臣民の崇高で強靭な精神、
誠を尊ぶ大和魂を世界に示された

明治大帝陛下を偲び、

世界に新秩序を齎した
大日本帝國の光輝燦然たる歴史を讃える日。


大日本帝國が、戦ってきた事変、戦争、
日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、
大東亜戦争は、

全て、
「八紘一宇」の大義に基づく、

自存自衛、
人種平等の世界秩序構築を、
目的とし、
常に、戦時國際法を、遵守した
正義の戦争、聖戦であります。

特に、
大東亜戦争は、
志半ばにして、終戦となり、
共産主義、グローバリズム拡大完全阻止とは
なりませんでしたが、
・人種平等の精神を世界に浸透
・アジヤ、アフリカの欧米植民地支配からの開放、独立
という、
「人類史の大転換点」
となりました。

大日本帝國軍人は、皇國の誉。


我々は、
大日本帝國の末裔であることを、
誇りとして、

世界に冠たる皇國、
大日本帝國の再興を、
期することが、
本日の意義であります。

さて、
明治大帝陛下は、
兵庫県神戸市垂水区の舞子濱(明石海峡付近)の景観を、
ことのほか愛され、
1885年以来、7回行幸された。
と伝えられております。
161103_1227~001


本日、
眩しい日の出と共に、
団地の玄関ドアへ、
國旗を、掲揚して、

明治大帝陛下を偲び、

ロードレーサー(自転車)で、

明治大帝陛下所縁の
明石海峡大橋のある「舞子公園」
まで、行き、

折角なので、
神戸迄行ったついでに、
神戸大学横から上り始める
「あじさいロード」を経由して、
六甲山へ、上ってきました。
氣温は、六甲山で、11℃くらい。平地で17℃。

先々週迄は、ウェアは、
半袖ロードジャージ、半丈ビブショーツでしたが、
本日は、
半袖ロードジャージ、半丈ビブショーツで、
インナーシャツ、アームウォーマーを着け、
ウインドブレーカーも携行。
しかしながら、日差しが、非常に暖かく、
六甲山の下りになるまでは、
アームウォーマーを外し、ウインドブレーカーも、
着用せず。


現在居住している大阪市此花区伝法からは、
43号線を利用すれば、
161103_1047~001
神戸も非常に近く感じ、
あっという間に、
明石海峡大橋のある
「舞子公園」。

舞子濱は、
キラキラ輝く瀬戸内海、
巨大な建造物である明石海峡大橋
161103_1243~001
風流な松林
遠方に淡路島が望め、
1年を通して暖かく、
非常に風流で、心安らぐ
良い処です。
161103_1244~001


舞子公園には、

明治大帝陛下の歌碑があり、
御歌が、刻まれております。
161103_1249~001

正面の御歌
はりまがた 舞子の濱に 旅寝して 見し夜こひしき 月の影かな

右面の御歌
あしたつの 舞子の濱の 松原は 千代をやしなふ 処なりけり

左面の御歌
はりまがた 舞子の濱の はま松乃 かけに遊ひし 春をしそ思ふ 

舞子公園では、
お孫さん達の写真を撮影するご夫人。
ござを引いて、弁当を食べる人。
161103_1255~001
他、割りに人出がありました。

帰りは、
神戸大学横の「あじさいロード」で、
丁字ヶ辻迄上り、
六甲山尾根伝いの
宝塚神戸明石線を縦断して、
161103_1614~001
宝塚の逆瀬川に下り、
武庫川河川敷道路で、43号線で、伝法へ帰還。

「あじさいロード」は、下ったことはありますが、
上るのは、初めて。
161103_1436~001

定番の逆瀬川から上るルートより、
勾配は、割りに緩く、
只管、ヘアピン、タイトなコーナーの続く、
ワインディングロードを、
上って行きます。
神戸港が、時々見え、
展望の良い楽しい道です。
161103_1454~001

但し、交通量が、多いのが難点。

伝法に引っ越してきてから、
六甲山他、瀬戸内海側の兵庫県が、
大変近くなったのが、
メリットの1つです。


ルート
伝法→43号線→三ノ宮→神戸明石線→元町→28号線→長田
→2号線→舞子公園(明石海峡大橋)→2号線→舞子公園
→岩屋→43号線→新在家→市道神戸六甲線→六甲ケーブル下
→あじさいロード→丁字ヶ辻→宝塚神戸明石線→逆瀬川
→宝塚→武庫川右岸河川敷道路→43号線→伝法


T5:47:52
D117.20
A20.2
M69.0



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フォト日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2016/11/03(木) 22:00:29|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/3017-2cb0dd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad