世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施報告】平成28年10月15日(土)<友情支援>地域ふれあい運動於大阪府茨木市彩都

Japan Erwache!
~しあわせNo1シティ 茨木~

<正義の戦争、大東亜戦争開戦75年>
~皇國の譽、神風特別攻撃隊編制72年~
天皇弥栄
祭政一致
八紘一宇
神洲不滅
皇國再興
暴支膺懲
二韓征伐
逆臣、國賊=安倍晋三徹底懲罰
亡國の徒=自民党安倍政権駆除撲滅
金正恩抹殺
北朝鮮武装解除
匪賊=イスラム国誅伐
排他性一神教撲滅
皇軍復活、核武装
“「神の正義」を貫く祭政一致の宗教政党、幸福実現党”
161015_1249~001


井上功一であります。

風がなく、穏やかで
暖かい昨日(10/15)午後も、
学研都市兼新興住宅地
大阪府茨木市彩都にて、
161015_1257~001

<友情支援>
地域ふれあい運動

を、

実施致しましたので、
報告いたします。

残り255軒に、お邪魔し、
電子ロック集合住宅以外全戸
昨日で、
地域ふれあい運動終了。
161015_1305~001

有権者の皆様のご要望、地域特性を、
更に、理解できました。
また、
当方に賛同、
新たに、支持者となってくださる方も、
少々(累計8名)ありました。
その真心にお応えできる様、
更に精進して参ります。

1実施日時
平成28年10月15日(土)
12:50~20:30
161015_2040~001

2実施結果
彩都あさぎ2丁目、3丁目
161015_1344~001

255軒実施

マイナンバー廃止署名1筆


3巷の様子、声、ご要望
・在宅率は、70%程度で、かなり高く、
20:30頃まで実施しておりましたが、
若い世代が多く、
丁度帰宅時、夕飯時のお宅が、
大半で、割りにお話を
ゆっくり聞けました。
お年寄りの多い地域では、
19:30過ぎると、既に就寝というお宅も、
多くあります。
161015_1635~001


・1年前に、箕面から彩都に来られた
30代奥さん:
粉チーズ容器とフライパン返しを持ってエプロン姿

「イバラキケンからイバラキシへ
きはったんですか。
やあ、おもろいですねえ。~」
と喜んでくださり、

塾の要らない義務教育。

偽造領収書による政活費不正使用を、
阻止するには、
政治の世界に、主婦感覚、庶民感覚が必要。

大企業さんが撤退され続ける中、
商店街さん、地元企業さんに元氣なってもらい
税収確保するには、
消費税減税と、
とことん徴税することが
目的のマイナンバー制度廃止。
これを、國にも働きかける。

ということには、強く賛同、
再訪、署名も快諾してくださいました。
161015_1656~001

・20:30頃最後に訪問したお宅の
40代奥さん:
「趣旨は、ようわかりました。
川崎さんに、頑張ってもらいたいですね。
今後、
せっかく市議にならはるんやったら、
朝の通勤時間帯に、
彩都から出るバス、
JR茨木駅留まりだけやのうて、
阪急茨木市駅まで、
バス行く様にしてくださいな。
午前も、遅い時間やったら、
阪急まで行くのんあるんやけどねえ。
モノレールは、
阪急南茨木迄行きますけど、
遅いし、高いし、
そやから、お願いしますね。」

・小柄で若い声の60代奥さん:
若い恰好で出て来られので、
→「お父さんか、お母さん、
いてはりますか。」

「お父さんか、お母さん、
今、いません。」

→「あっ、失礼しました。
あんまり、若く見えましたんで、
お子さんか思いましたわ。」
と暫し、談笑。
161015_1703~001

・50代女性:
大型犬(ピレネー犬)がお出迎え
「アメリカ生活長くて、
4年前にここにきましたけど、
アメリカでは、身分証明書一つで、
手続き簡単にできるんで、
マイナンバーは、必要や思います。
内の娘、
幼稚園から大学迄、私学行ってます。

でも、教育は、
親が残せる最も大切な子供の財産。
お金、家、土地なんて残しても、
なんにもなりません。
そやから、
税金で賄う
義務教育には、多くを期待してません。

内の主人は、今日も朝5:00に出て、
まだ働いているんですよ。
それを、累進課税の税金で取って、
昼間から、パチンコして遊んでいる
生活保護不正受給者にばら撒いて、
財政赤字作っている様な日本は、
許されませんわ。~」
と、
核心を突いた心情を、吐露してくださいました。
その後、
オバマさんになってから、アメリカ建國の精神が、
失われてきた話。
「自由」を最大限重視した
政府機能を絞り、税金を安くするの「小さい政府」話。
で、少々談笑。

・30代奥さん:
3歳くらいの男の子も出てきて
「おはようございます。
おはようございます。」
お母さん
「ちょっと、出てきたらあかんよ。」

私、かがんで子供目線になり、
→「おはようございます。
でも、今、晩やで。こんばんわ。」

男の子
「こんばんわ。」

その後、お母さんと談笑。
帰り際は、
男の子が、
「バイバイ、また来てねえ。」

→「バイバイ、また来るわ。」
と、
多少、氣に入ってもらえました。

・60代男性:
広島生まれ、和歌山育ち、
茨木市東福井→彩都
「遅うまで大変やねえ。
茨城県から、茨木市へ
なんで来はったん。」

→「結婚ですねん。
恋愛結婚。
ご主人は、高槻の人で、
お父さんが、不動産関係で、
その世話で、
茨木市の東太田に家建て増してん。」

「どっからでんの。
で、あんたは、どっから来てはるの」

→「公認もらえたら、
幸福実現党ですねんけど、
いまのところ、無所属の手弁当ですねん。
私は、大阪市此花区伝法から、来てます。
川崎夫婦とは、20年来のつきあいでして。」


・丁度、車で帰宅して来られた
30代奥さん:
「なんか今日、昼間も、
派出所陳情の署名で、回ってはりましたよ。
私は、庭仕事していたんで、
詳しく聞きませんでしたけど。」
161015_1740~001



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2016/10/16(日) 10:37:22|
  2. 後援会、選挙、解任通告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2995-063796c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad