世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

平成28年09月15日(木)中秋の名月






井上功一であります。

今年も、
お陰様で、

秋の透き通った夜空に輝く
中秋の名月を、

愛でることができました。
月見をした帰宅後。
急に、

ヨハネス・ブラームスの

交響曲第3番ヘ長調

が聴きたくなり、


1963年11月15日

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮

シュトゥットガルト放送交響楽団

盤を、聴きました。

デェフォルメされた
非常にスローテンポで、
フォルテを多様する
重厚な凄まじい演奏は、

これぞ、19世紀末の後期ロマン派
今蘇るドイツ精神。

改めて、感動しました。


花鳥風月、静寂な自然を愛し、
重厚で深遠な精神性を持ち、
魂、精神を重要視するという点で、
やはり、
ゲルマン民族と日本民族は、
共通点があります。


ハンス・クナッパーツブッシュは、

ヴァークナー指揮者の第一人者であり、

楽譜とおりに演奏するのではなく、
作曲家の心を読み取り、
それを、解釈して、
再現する指揮であり、


ヴィルヘルム・フルトベングラー
ヨーゼフ・カイルベルト
と共に、
私が、最も尊敬する指揮者であります。


ところで、最近、

凡亊徹底

静寂の時間

が、
幸福の科学で、

話題となっております。

禅の精神そのもので、
非常に良いことである。
と思います。


凡亊徹底とは、

当たり前のことを、
当たり前に、普通に
氣負わず、
焦らず、慌てず、
淡々と行うこと。

これこそ、
常時只菅打座、
日常生活に静寂の時間。


よく、企画、即決即断の判断、高所判断に拘り、

実務、事務処理、手作業、労働を

軽視する方もいらっしゃいますが、


実務、事務処理、手作業、労働が出来ずして、


企画、即決即断の判断、高所判断が、

できるはずがありません。

静寂の時間は、一人になること。

これが、十分でないと、霊的パワーが激減し、
下化衆生も、効率が悪くなります。

ネット、電話を遮断して、
群れずに、一人になることは、
非常に大事。



私も、
戸別訪問やったり、街宣やったりしておりますが、

山中を長時間、自転車乗って、
深く思索したりする
一人の時間が、最も至福の時であり、
パワーの源泉であります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2016/09/16(金) 00:09:22|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2981-ddfd3a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad