世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご報告】皇紀2676年8月15日(月)「正義の戦争、大東亜戦争終結の日」”靖國神社参拝”~幸福実現党豊中後援会~







<正義の戦争、大東亜戦争開戦75年>
「特攻の父」大西瀧治郎海軍中将生誕125周年
大日本帝國軍人は、皇國の譽れ

みづくかばねと
命をすてて
くさむすかばねと
身をもおしまず
國のため
つくししいさを
たかくもあるかな
千木のかたそぎ
雲にそびゆる
やしろにまつられ
くしみたまの
そのひかりは
山をもてらし
海をもてらせり




井上功一であります。
本日8月15日

「正義の戦争、大東亜戦争終結の日」

皇國の譽、大日本帝國軍人の皆様の偉業を称え、
その武勲を顕彰致し、
報國の至誠に、感謝の誠を奉げると共に、

皇國の弥栄を願い、

祭政一致の國體の再興
皇軍復活
日本再軍備
日本核武装

を誓う為、

靖國神社に、参拝致しましたこと。
以下、ご報告します。

また、

本日、早朝より、
靖國神社、各地の護國神社へ
参拝くださいました皆様、
本当にありがとうございました。
ご祭神も、
武人(もののふ)の心を解する皆様が、
参拝され、大変お喜びのことと思います。

例年、灼熱の8月15日ですが、
曇り勝ちで涼しい靖國神社。
社頭参拝、昇殿参拝共に、
参拝者の列が、途切れることなく続き、

ご遺族、戦友会の方々が7割。
英霊崇敬者の若い世代が3割。

制服姿の自衛官も多数参拝。

また、
幸福の科学東京都内支部、近隣支部の信者さん
全國の幸福実現党員さん
も、
多数参拝。

ここ数年で、
8月15日靖國神社参拝、護國神社参拝は、
幸福の科学定例行事になった感があり、
大変好ましい傾向であります。

次は、戦没者追悼式典を、天皇陛下に行幸啓賜り、
親しく御拝して頂き、
靖國神社にて、
國事として、
執り行うこと。
この実現こそが、
日本が、真なる独立國
である証左と言えるのであります。

ところで、
戦死者は、
招魂式にて、

氏名が謹書された
霊璽簿が、
御羽車に乗せられ、
本殿に奉納され、
ご祭神
として合祀されます。
遺骨、遺髪、遺品が、奉納される訳ではなく、
魂そのものを、お招きする
靖國神社は、非常に霊的真実に合致した
神社と言えます。
「散華したとしても、軍神となり、靖國神社に還ってくる。」
この生死一如の精神があったが故に、
皇軍将兵は、死を恐れず、非常に強かったのであります。
同盟國のドイツ兵も、勇猛果敢で有名でしたが、
同様のゲルマン神話があったからである。
と推察できます。

英雄は、
予め、戦場に赴く前に、
ヴァルキューレから
今日戦死し、
ヴァルファーター(戦いの父)である
ゲルマンの主催神ヴォータンが住まう
ヴァルハラ(英雄の殿堂)に、
導かれることを
ヴァルキューレ(戦乙女)に、
告げられ、

戦死後は、
天駆ける馬に乗った
ヴァルキューレによって、英雄は、
ヴァルハラへ運れる。という神話があります。



1.参拝日時
皇紀2676年8月15日(月)
10:20~10:50

靖國神社本殿昇殿参拝




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2016/08/15(月) 13:47:06|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2962-cfb60144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad