世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご参考】平成28年東京都知事選:七海ひろこ候補の過去世は、三韓征伐の「神功皇后」

井上功一であります。

東京都知事選におきましては、

神功皇后
神功皇后

であらせられる
幸福実現党広報本部長兼財務局長

七海ひろこ候補

が、連日、大活躍。

平成三韓征伐の様を、呈している観があります。

しかしながら、
21人も、立候補しているにも関わらず、

3人の候補者だけに、
スポットライトを当て続ける
マスコミの報道姿勢には、
非常に多くの日本國民の皆さんは、

あほらしくて、
テレビ、新聞、
そして、身贔屓主体のネットも、
視聴る気にならない。
というのが、現実だと思います。

いっそのこと、
公職選挙法改正して、
選挙報道は、
・選挙公報
・政見放送
・選挙広告
のみ。
それ以外は、一切禁止。
と規制した方が良いかもしれません。

以下、

神功皇后

について、

記述致しますので、

投票依頼テレマ等奮起の一助
として、
ご活用くだされば、幸いであります。


1.神功皇后
・神功皇后は、
「古事記」「日本書紀」にも、
その御威光が、記載されている

2世紀ごろに、活躍された
仲哀天皇の皇后であり、
 
三韓征伐を敢行された
日本の軍神中の軍神
軍紀厳しい皇軍の祖
 
であらせられます。


・仲哀天皇が、西國巡幸の折、

仲哀天皇が、琴を弾き、
建内宿禰大臣が、審神者を務める中、

神功皇后が、
公開霊言により、
神事を受けられると

その神(実は、天照大神の荒魂)が、
「西方に國(朝鮮半島)がある。
金銀財宝を始めとして、
目も眩む珍宝が、その國にある。
私は、その國を帰属させようと思う。」

と仰せになりましたが、


仲哀天皇は、
「高いところに上って、
西の方を見ましても、
大海原だけで、國土は、見えません。」


朝鮮半島征伐に、
煮え切らない様子であったのを、
その神は、大層お怒りになり、

「凡そ、この天下は、汝が、統治する國ではない。
汝は、片隅に控えておれ。」
おっしゃいました。

暫くすると、
琴の音が、止み、
仲哀天皇は、既に、崩御されておりました。


・神功皇后は、
神意に従わなかったことで、
仲哀天皇が、早く崩御されたことを、
大変悲しまれ、

再び、神事を受けられ、

新羅を親征を、決意されました。
その際、
皇后は、家臣に、
「戦争を起こして、将兵を動かすことは、
國家の大事である。
皇國の興廃此の一戦に在り。
平和を維持できるか、危機を増大させるか
皇軍が勝つか、敗れるか。
今、新羅を征伐する。
その是非を、汝ら家臣に託す。
しかし、負ければ、汝ら家臣の責任となることが、
大変心苦しいところである。
女の身であるが、
男子の姿となって、この作戦を敢行する。
上は、高天原の神々の霊力のご加護を受け、
下は、群臣の助けを借り、
将兵を奮起させ、
高波を渡り、軍船を整えて、
財を生む地(繁栄)を、求めよう。
この戦争に勝ったなら、群臣の手柄。
負けたならば、ただ私一人の罪である。
既に、私は、この覚悟である。
皆で、審議されよ。」

と仰せになりましたが、
家臣みな、感動し、
詔を請けられることとなりました。

・臨月でしたが、
(応神天皇を御懐妊)
石を腹に挟み、

「事竟へて還らむ日に、
玆土に産れたまへ」

と祈請され、
新羅征伐へ、出撃なされました。


・新羅征伐の途中、
椋橋総社(豊中市庄本町)付近の
猪名川の松林にて、
 
戦勝祈願をなされましたが、
猪名川上流の
能勢の美奴売山(みぬめやま、現、三草山)の神がやって来られ、
「美奴売山の杉の木を切って船を作れば必ず勝利するであろう。」
と告げられ、
その通りに、神功皇后が、
美奴売山の杉の木で、軍船を造られて、
三韓征伐に出撃されると、
勝利を収められました。
豊中にも、非常に縁の深いお方であります。

・新羅王は、
軍旗が、日に輝き、
海に満ちる軍船。
日本の軍勢を見て、

「吾が聞かく、東に神國有り、日本と謂ふ。
亦聖王有り、天皇と謂ふといふことを。
必ず其の國の神兵ならむ。
豈兵を挙げて距くべけんや」

といって、無条件降伏し、
自縄自縛し、
土下座謝罪してました。
 そして、
馬飼となって、
馬を毎年、天皇陛下に献上して、
日本に朝貢することを約束しました。
神功皇后2

皇軍(日本軍)のある人が、
「新羅王を誅殺しましょう。」
と進言しましたが、

神功皇后は、

「初め神の教を承りて、金銀の國を授けむとし、
又三軍に号令して曰ひしく、
『自ら服はむをな殺しそ』いひき。
今し既に財國を獲つ。
亦人自づからに降服ひぬ。
殺すは不祥し」

とおおせになり、
降服した者を処刑することを全軍に禁じ、
新羅王の縛を解かれました。

これが、
皇軍の伝統であり、
大日本帝國陸軍海軍に、
受け継がれておるのであります。

・高麗、百済の王も、
日本の軍勢を偵察させ、
とても勝ち目がないと理解し、

「今より以後、
永く西蕃と称ひつつ、
朝貢ること絶たじ」
といって、
土下座謝罪して、
日本に朝貢することを約束しました。

新羅、高麗、百済共に、
日本に朝貢することになったが故、

「三韓征伐」

というのであります。
神功皇后3

そもそも、
日本と朝鮮半島の関係は、
これが正しいのです。

また、
日本が、朝鮮人、支那人に、
土下座謝罪外交するのは、
歴史的にみても、全くナンセンス。

日本は、
原始人に近い朝鮮人、支那人に、
正統な東亜細亜史(皇國史観)を教導し、
もっと
礼儀作法をわきまえた現代人に、
調教しなければなりません。


*余談ですが、
公開霊言
”社民党福島瑞穂党首へのレクイエム
「そして誰もいなくなった」 ”
では、
福島瑞穂党首の守護霊は、
「神功皇后の三韓征伐で、
首を刎ねられた。
神道が、憎くて憎くて仕方が無い。
日本が破滅すればいい。」
というようなことを言っておりました。

現在の反日日本人の多くは、
日本の神々に、
過去世で、征伐され、逆恨みしている人が、
多いのかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2016/07/19(火) 23:35:04|
  2. 後援会、選挙、解任通告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

神功皇后は応神天皇と共に八幡神の一柱とされていますね。
我が家でも石清水八幡宮の近くに居を構えているので
八幡神をお祀りしていますが

残念なことに石清水八幡宮でも
御祭神に関する説明は殆どありません。

石清水自体が何度か歴史上の舞台にもなり
今年は国宝にも指定されたり
近頃はパワースポット扱いもされているようですが

御祭神がどういう方でどういう実績があるのか
そういうことを有耶無耶にせず
しっかり伝えて頂きたいものですね。


  1. 2016/07/20(水) 15:52:13 |
  2. URL |
  3. maka #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

maka様 ご祭神の謂れ、 地名の由来等を、地元民として、知ることが、郷土愛に繋がりますし、ご祭神とのご縁も、より深いものとなることと思います。
  1. 2016/07/21(木) 19:48:32 |
  2. URL |
  3. 井上功一 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2937-4ddc8dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad