世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】平成28年06月16日(木)<サラリーマン黄昏訪問>「釈量子、数森後援会ご挨拶廻り」










<正義の戦争、大東亜戦争開戦75年>


天皇弥栄
祭政一致
八紘一宇
神洲不滅
皇國再興
暴支膺懲
二韓征伐
金正恩抹殺
北朝鮮武装解除
匪賊=イスラム国誅伐
排他性一神教撲滅
皇軍復活、核武装
“「神の正義」を貫く祭政一致の宗教政党、幸福実現党”



井上功一であります。

本日も、業務終了後


<サラリーマン黄昏訪問>
「釈量子、数森後援会ご挨拶廻り」

を、

大阪市東住吉区

大阪市阿倍野区



商店街にて、

実施しました。



1.実施日時場所
平成28年06月16日(木)
18:25~19:45
・大阪市東住吉区
明浄通商店街


・大阪市阿倍野区
文の里商店街
むつみ商店街
王子本通商店街
阿倍野王子商店街


以前何度も、
署名して下さり
賛同下さっている店舗他



2.実施結果
12軒程度訪問
マイナンバー廃止署名0筆
支持者カード記入2枚
支持者カードお預け0枚
支持者紹介(選挙葉書記入)0枚
選挙葉書お預け0枚
2V



3.訪問先の声、様子
・ファーストフードショップ78歳女性店長:
→「舛添さんやっと辞めはりましたげど、
野党も、与党も、スキャンダルで、
足引っ張りあって、
國会が、ワイドショーみたいなもんですなあ。」

「野党も、与党も、結局一緒。同じやねえ。
政治家は、自分のことしか考えてへんなあ。」

→「内は、野党も、与党もどっちでも
あらしませんし、戦後体制の外にありますねん。
この前の京都補選でも、
有効投票の2.37%なりましてん。
参院比例で2%超なったら、120万票くらいで、
社民党さんレベルでん。
なんとかお力添え頂けませんでしょうか。」

「紹介は、できひんけど。
これ(支持者カード)は、書くわ。」


・紳士服点90歳男性:
海軍兵学校にいかんと、神戸商船学校出て、
京大法学部、大阪外大英語科出られて、
戦後は、左翼運動に従事された方
「この子(釈党首)、綺麗な子やなあ。
でも、
可愛そうに、46歳独身で、
こんな政治の世界に入ってしもて、
青春台無しやなあ。このまま、年いって
枯れていくんかいな。
幸福の科学、幸福実現党は、善人ばっかりやからなあ。
ほんま、可哀想や。
政治家は腹黒い悪人やないとなられへんわ。
これは、左も、右もいっしょやで。
政治家は、やっぱり金。
後、地方議員でも、5億円ないとなられへんなあ。
それか、市民運動、労働組合の草の根。
あんたも、党に専従して、
お金もろてやっとるんかもしれんけど、
政治なんかかかわっとったら、
一生棒に振るで。」

→「いや私、フルタイムサラリーマンですねん。
余暇に、収入の範囲内で、
趣味の一つとして、後援会活動してますねん。」

「ワシが、左翼なったんは、
戦後、神戸商船大学が、GHQに接収されて、
なってしもたんや。
アメリカは、自由の國という面もあったんやけど、
表向きは、反政府運動、陰で反米運動やってた。
でも、GHQの高官の一人が、理解をしてくれて、
かなり支援うけたで。
でも、1952年レッドパージがきつうなって、
就職試験は、NHK、朝日新聞、毎日新聞
全部合格しとったのに、パーなってしもて、
どっこも就職できん様になってしもたんや。
ほんで、この商売はじめたんやけど、
最初は、全然売れんで、じっとたえとったんや。
子供のミルク買えんで女房もないとったなあ。
お客さんが、買ってくれたら、
そく牛乳買いに、走ったの思い出すわ。~」
その後、
同じ共産主義でも、
スターリンのナショナリズム共産主義

毛沢東のグローバリズム共産主義
が異なるという話

天皇機関説の美濃部達吉の是非

身の上話

他、労働組合、左翼話で盛り上がり、

「わしも、涙脆い人情家で、
浪花節の人間やから、
今回も、多分あかんと思うけど
この綺麗な釈さん、
支援するわ。」

と支持者カードを、
ご記入くださいました。


・八紘一宇、皇國史観は、
右、左関係なく、通じることを、
改めて実感しました。





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/06/16(木) 23:29:11|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2907-f3f6684a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad