世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】皇紀2676年05月15日(日)<慶祝街宣>沖縄県祖國日本復帰44周年『沖縄と本土は一心同体』





<正義の戦争、大東亜戦争開戦75年>


天皇弥栄
祭政一致
八紘一宇
神洲不滅
皇國再興
暴支膺懲
二韓征伐
金正恩抹殺
北朝鮮武装解除
匪賊=イスラム国誅伐
排他性一神教撲滅
國賊安倍政権懲罰
皇軍復活、核武装
“「神の正義」を貫く祭政一致の宗教政党、幸福実現党”




井上功一であります。


5月15日は、昭和47年(1972年)、
沖縄県が、米国から祖國日本に復帰した日であります。
昭和27年(1952年)4月28日の
サンフランシスコ講和条約発効から、
遅れること20年。
我が國の真なる主権回復記念日とも言えます。
主権回復44周年を、心より慶祝し、


<慶祝街宣>
沖縄県祖國日本復帰44周年
『沖縄と本土は一心同体』


を、
沖縄出身者の多い大正区にて、

敢行致しました。


1.開催日時、場所
JR大正駅前
皇紀2676年05月15日(日)
8:00~9:00

2.実施内容
旭日旗、党幟掲揚。
神洲不滅腕章、党襷装着にて実施。


演説しながら、
井上自作チラシ
皇紀2676年5月15日(日)
“慶祝沖縄県祖國復帰43周年
『沖縄と本土は一心同体。沖縄県民は、皇國民。』”他

25部程度手渡し



3.巷の声、様子
・天気もよく、行楽客が多く乗降しておりました。
5月15日が、沖縄祖國復帰の日が、
新鮮であったみたいで、
中高生のチラシの取りが、良い傾向にありました。

・演説は、沖縄県民は、
「人種的」「言語的」「歴史的」に、
皇國民、日本國民であり、
神武天皇の祖母、玉依姫の里帰先は、石垣島。
皇室の祖先は、沖縄でもあり、

沖縄と本土は一心同体であること。
「琉球独立運動」=「中華人民共和国琉球自治区化工作」であること。
本来は、、
自衛隊無制限交戦権付与し、
日本軍を創設して、
米軍基地の代わりに、
日本軍基地を設置するのが、
独立國。
しかし、
残念ながら、
現状では、沖縄防衛の為、
日米同盟は、不可欠。
世界最強の國と同盟関係を堅持するのは、
政治家の責務。
オバマ大統領の広島訪問は、
日本への核の脅威増大招くこと

を強調しておきました。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/15(日) 09:29:27|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2876-fb842a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad