世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】平成28年05月02日(月)<サラリーマン黄昏テレマ>5/11入場券販売兼釈量子支持依頼 



<正義の戦争、大東亜戦争開戦75年>


天皇弥栄
祭政一致
八紘一宇
神洲不滅
皇國再興
暴支膺懲
二韓征伐
金正恩抹殺
北朝鮮武装解除
匪賊=イスラム国誅伐
排他性一神教撲滅
國賊安倍政権懲罰
皇軍復活、核武装
“「神の正義」を貫く祭政一致の宗教政党、幸福実現党”




井上功一であります。
昨日も、

業務終了後、

豊中支部へ

赴き、

<サラリーマン黄昏テレマ>
5/11「信仰と繁栄」於大阪城ホールのチケット販売

釈量子支持依頼


を、

実施しました。





1.実施日時場所
平成28年05月02日(月)
19:05~21:00

池田市の信者さん、会員さん宅


2.実施結果
67コール
入場券販売0枚
入場券購入済み2人
参加確約1人
釈量子支持表明3V
転居、電番変更24人
退会3人
死去2人



3.テレマ先の声、様子
・連休の谷間で、半分が留守でした。


・80代男性:
「この前、ご夫婦で来られたので、
チケット購入さしてもらいました。」



・60代女性:
「今、おりません。
20年前に亡くなりました。」


・70代男性:
「大川さんの講演は、好きですねんけど、
今回は、仕事で、多分無理やと思います。
もし、行けるようやったら、
ネットで豊中支部調べて、
連絡させてもらいます。」



※丁度、テレマが終わった
21:00頃、
野口さんと山中さんが、お越しになり、
23:20頃まで談笑。
私の終電時間が来たので、
終了しましたが、
私が、自転車て来ておれば、
1:00迄続いていた。
と思います。


主な話題
・在日朝鮮人、在日支那人の身近な凶悪犯罪とその原因。

・無血革命は、負けた相手を、皆殺しにしない革命であって、
戦わず流血無しの話し合い解決ではない話。


・支那、朝鮮は、儒教の易姓革命の國であり、

負けた王朝、相手は、皆殺しにする革命。
現在にも、継承されている。
政治家が失脚すると、殺害されるか、自殺する。
よって、信じられるのは、自分の一族、家族だけという文化があり、
滅私奉公、公共心が、伝統に欠落している。

この文化があるから、
支那人、朝鮮人は、根底に残虐性がある。
また、
中華思想という選民思想があり、
多民族を蔑視、差別する一方、その裏返しとして過剰な被害者意識がある。
更に、過剰な反日教育を受けている。

一方、日本には、革命は無く、
皇孫であらせられる
天皇陛下の
萬世一系125代2676年の皇統が続き、
復古維新があるだけである。

八紘一宇
世界は、一家。人類は、皆兄弟。
が、國是であり、
各民族の伝統文化を尊重して、
共存共栄を目指しながらも、
神の正義を貫き、
世界秩序を乱し、
皇國に仇為す敵には、
神の鉄槌を下す
武人(もののふ)の心がある。
という話。


・在日犯罪を、撲滅するには、
上記の民族的特性の違いを、
十分理解して、距離感をとって付き合うこと。
犯罪者は、在日であろうとなかろうと、
徹底的に処罰し、過剰な人権配慮をやめること。
在日の人は、日本の被害者で可哀想な人達という
戦後の呪縛から、
日本人自身が、覚醒すること。



・選挙取り組みについて
普通の候補者は、
最低、
当選ライン票の7倍の名簿を持ち、
支持依頼手紙、テレマ、ご挨拶廻りで、
全ての名簿記載者へ、
公示日までに
何らかのアプローチし、
当選ライン2倍程度の
確実な支持者を集めている。
公示日以降は、
この支持者の確認作業と
選挙運動パフォーマンスのみ。

これができなければ、
戦わずして落選決定。
という厳しい現実がある。

例えば、各支部6000なら、
各支部42000の名簿、
12000の支持者が必要。


・今は、支部単位で、政治活動、選挙運動しているが、
戦力を集中特化させ、

全國の政治部長を、
各支部から切り離し、
釈量子後援会の所属の
独立組織の一員として
取り組める様にすること。

・参院選迄、2ヵ月程度。
釈レディが、2000軒戸別訪問するだけでは、
全く足らず、

全國で、
釈オヤジ、釈オバサン、釈ジイチャン、釈バアチャン、釈ニイチャン、釈ネイチャン
総動員して、
徹底的にご挨拶廻りし、
日々進捗管理していかなかければ、
全國支部均一に、
有効投票2%確保は、
かなり厳しい。


といった話題で、
延々と話が続いておりました。











関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/03(火) 07:16:11|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2864-a0e1e9b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad