世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】平成28年04月27日(水)<サラリーマン黄昏戸別訪問>マイナンバー廃止署名依頼兼5/11前売券販売→署名累計605筆

<正義の戦争、大東亜戦争開戦75年>


天皇弥栄
祭政一致
八紘一宇
神洲不滅
皇國再興
暴支膺懲
二韓征伐
金正恩抹殺
北朝鮮武装解除
匪賊=イスラム国誅伐
排他性一神教撲滅
皇軍復活、核武装
“「神の正義」を貫く祭政一致の宗教政党、幸福実現党”
160427_1738~001


井上功一であります。

明日4月28日は、
「主権回復記念日」。

64年前の
昭和27年(1952年)
サンフンシスコ講和条約が、

発効して、

オキュパイドジャパン(占領下の日本)から、開放され、
日本の主権が、回復した
非常に重要な日であります。

本来であるならば、
昭和22年(1947年)
5月3日に施行された


政教分離と戦争放棄と平等重視で、國體を破壊する
日本屈辱の象徴
世界の嘲笑の的
現日本國憲法を、無効破棄し、
大日本帝國憲法に回帰して、

改めて、

祭政一致、
再軍備、核武装を

明確に謳う
正統な日本國憲法を、
制定すべきでありました。

それをせずに、
アメリカの一方的な保護を受け、
反戦平和を唱え、
金儲けに専念する
吉田ドクトリンによる
國家運営に安住し、
去勢されたオカマ日本を良しとしてて来た
日本臣民の罪は、
重いと言えます。

5/3は、「日本恥辱の日」として
平日にし、

4/28を、「日本主権回復記念日」
として
祝日にすべきであります。


ついでながら、
「國家神道」という言葉は、

連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が
昭和20年(1945年)12月15日発布した覚書
「国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、保全、監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件」
(俗称:神道指令)
の中で、
初めて出てくる
神道をファシズムの根本イデオロギーとして、
日本人の崇高で強靭な精神性を、
徹底的に叩き潰す為の
GHQの悪意ある造語であります。
戦前、日本には、
「神社神道」「教派神道」しかありませんでした。

神道指令では、
大東亜戦争、八紘一宇という言葉の禁止。

軍神を祀る靖國神社、明治神宮、乃木神社、東郷神社等を、
宗教的信仰の場でなく、國家主義神社である。

として、徹底的に政教分離を図り、
日本を、精神的に去勢しました。

後、宗教という言葉も、
明治維新以降、
英語の"religion"
言う言葉を、和訳したものであり、
國民が、神々を身近に感じ、
八百万の神々と日々共に暮らす
日本においては、
排他性一神教(ユダヤ教、キリスト教、ユダヤ教)の
"religion"の概念は、
ありませんでした。

現宗教法人法の宗教の概念が、
排他性一神教の"religion"の概念と言えます。

即ち、
開祖、若しくは教祖がいて、
基本教義があり、様々な儀式・儀典がある。
さらに、教えを弘めていこうとする活動を伴うものである。
この概念に該当しないものは、
宗教ではない、劣等宗教、アミニズムである。
とするのは、
単に、排他性一神教の勉強不足であり、
傲慢であります。

"religion"の概念に、宗教の多様性、多数性を、
今、付加しているのが、
幸福の科学である。
と考えられます。


さて、
本日は、
業務終了後、

<サラリーマン黄昏戸別訪問>
マイナンバー制度廃止署名依頼

5/11(水)大川隆法総裁大講演会「信仰と繁栄」於大阪城ホールのチケット販売
を、

大阪市東住吉区住道矢田


商店街にて、
160427_1845~001

実施しました。

1.実施日時場所
平成28年04月27日(水)
18:45〜19:30

大阪市東住吉区住道矢田

住道矢田(すんじやた)商店街

160427_1900~001


2.実施結果
17軒程度訪問
署名1筆
チケット販売0枚


3.訪問先の声、様子
・大和川右岸の団地の中にある商店街ですが、
閉店時間が早く、廃業店舗も多く、
署名は、1筆のみ。
160427_1906~001


・文房具店70代奥さん:
「ああ、署名ね。いいよ。
みんな綺麗な字書いてはるねえ。
名前と住所書くのね。」
と快く署名。

160427_1907~001
・締め切りは、4月30日(土)党本部必着ですが、
今日現在で、累計605筆署名を頂きました。

取り組み期間が長かった
「南京大虐殺、従軍慰安婦記憶遺産登録阻止署名」は、
909筆頂きましたが、

今回も、マイナンバー止む無し諦めモードが漂う中、
かなりの方が、ご賛同くださいました。

この真心にお応えし、
姑息な手段を用いて、
暴走を続ける自民党安倍政権に、
神の鉄槌を下す秋であります。

幸福実現党が、賛同を受けるのは、
保守の方々ではなく、
リベラル、無党派、極右、民族派
といった
戦後体制、
及び、
自民党安倍政権に、危惧と不満を持つ
方々である。と言えます。
160427_1922~001

今まで
幸福実現党シンパ
と思っていた保守の方々は、
磐石な自民党支持者。
決して取り込むことは、できません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2016/04/27(水) 22:54:13|
  2. 経済、増税阻止、震災復興
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2856-f0df4f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad