世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参列報告】皇紀2676年04月23日(土)「靖國神社春季例大祭第二日祭」~正義の戦争、大東亜戦争開戦75年~











井上功一であります。
本日(4/23)午前、

今年も、

靖國神社
春季例大祭第二日祭

に参列致し、


御祭神の武勲を、
顕彰すると共に、

不戦の誓いを止め、

<神洲不滅の誓い>
即ち、
・世界に冠たる皇國大日本帝國の再興

・日本再軍備、日本核武装により、我が國が、東洋の盟主、世界の御民官として、世界人類の幸福に資すること

・暴支膺懲、二韓征伐

・現日本国憲法破棄→大日本帝國憲法回帰→正統な日本國憲法制定


を、
改めて、深く誓って参りました。

また、
昨日、
片桐澄子支部長より、
お預り致しました赤誠。
即ち、
皇國の光輝三千年の弥栄を願いつつ、
「天皇陛下萬歳。」を叫び、
散華されました
英霊の殉國の至誠に報い、
「片桐支部長が、己の使命を貫徹されんとする赤誠」を、
確かに、奉りましたこと。
ご報告致します。



いつも、
靖國神社に参拝致しますと、
諸外國にへつらうことを、
平和と称し、
属國の象徴である
戦争放棄を有り難がり続ける

現在の去勢された
オカマ日本は、

2676年萬世一系の皇統を誇る由緒正しい我が國において、

恥さらしな異常な時代であることを、
改めて、痛感し、

日本の神々の尋常ならざるお怒りが、
伝わって参り、

今世の使命に原点回帰し、
パワーの源泉としております。


正統な歴史観は、皇國史観。


諸外國の内政干渉は、
日本が、戦争のできる普通の独立國となるだけで、
排除可能と言えます。


靖國神社は、
吉田松陰、坂本龍馬
といった
幸福の科学所縁の志士も、祀られ、
皇國の譽れ、軍神そのものである
大日本帝國軍人が
数多く祀られており、

武人(もののふ)の心を体現せんとする

正に、
「幸福実現党の聖地」

であります。



1.境内、の様子
・30代女性教師に率いられ、
その説明に、真剣に聞き入る
修学旅行の中学生10数人がおりました。


・20代若夫婦が、
神門のところで、
「立派だねえ。宮崎の神宮行った時よりも、


・徳川宮司のお話では、
大東亜戦争終結70年の昨年は、
例年の1.3倍の参拝者があり、
年々、20代30代の若い世代の参拝者が
増えている。
とのことでした。



2.大祭の様子
・ご遺族、戦友会の方々が、8割でしたが、

小学生の男の子を連れて参列の30代若夫婦他
崇敬奉参者も増えており、
良い傾向にあります。


・有名人では、
海老名香葉子さん(故林家三平師匠の奥様)が、参列されておられ、
参列者から、
「香葉子ちゃんよ。」
「まあ、腰が曲がっちゃって。」
と声が上がっておりました。


・奏楽隊は、
幸福実現党
釈量子党首の母校である
國學院大學
吹奏楽部、フォーエルコール混声合唱団が、
奉仕されておりましたが、
本来であれば、
自衛隊音楽隊が、奉仕すべきであります。
また、
今後、日本も軍事力を行使し、
自衛官も、散華されることも予想されますので、

自衛官を、軍人として扱い、
戦死されました場合は、
靖國神社へ、
その御霊を、
招魂齋庭致し、
御祭神として、
お祀りすべきであります。
それでこそ、
戦死された自衛官の鎮魂になり、
ご遺族も報われ、
自衛隊の士気向上に繋がるのであります。



3.4月28日は、「日本主権回復の日」。5月3日は、「日本恥辱の日」


・4月28日は、「日本主権回復の日」として祝日に。
5月3日は、「日本恥辱の日」として平日に。



・昭和27年(1952年)4月28日
サンフランシスコ講和条約が、
発効し、
GHQ占領下の日本(オキュパイドジャパン)から、
解放され、
日本は、主権を回復しました。
本来であるならば、
祭政一致、再軍備、核武装を謳う

正統な日本國憲法を制定すべきでありましたが、

日本弱体化占領政策基本法である
現日本国憲法そのままで、
麻生さんのお祖父さんである
吉田茂首相の吉田ドクトリン
「アメリカは、日本の番犬様。
日本は、戦争放棄唱えて、
金儲けに専念する。」
に基づき、
64年間来ましたが、

バブル崩壊20年。
パワーオブバランスの変化(アメリカの軍事的プレゼンス低下)で、
立ち行かなくなっておる昨今であります。


・一方、昭和23年(1948年)4月28日
日本国憲法が施工されましたが、

日本国憲法は、

戦前から、
ドイツからアメリカに逃れてきた
フランクフルト学派の
ユダヤ人ボルシェが
入れ知恵して
アメリカに作成させた
実質、
悪意に満ちた
占領政策基本法、日本共産主義化法制であり、

憲法20条「政教分離」

9条「戦争放棄」により、
去勢された

オカマ日本を

作り上げてきた元凶であります。

また、
日本の宗教、伝統、文化に踏み込んでおり、

ウェストファリア条約違反ハーグ陸戦条約違反
であり、
現日本国憲法は、無効とも言えます。


・5月3日、教導街宣等を行うならば、

「憲法9条改正、再軍備、核武装。憲法20条改正、祭政一致。」

あるいは、

「現日本国憲法無効破棄、正統な日本國憲法制定」

と正面切ってやるべきであります。

「改憲」「改憲」と言って騒ぐだけでは、
巷の人から、自民党の手下の単なる保守と
思われるだけと言えます。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/04/23(土) 16:00:27|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2854-e90b9c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad