世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】皇紀2676年04月06日(水)<武勲顕彰街宣>天一号作戦(沖縄特攻)敢行71年~英霊の至誠に報い、今こそ、






【実施模様】皇紀2676年04月06日(水)<武勲顕彰街宣>天一号作戦(沖縄特攻)敢行71年~英霊の至誠に報い、今こそ、日本再軍備、日本核武装。~


Erwache Japan!
<天一号作戦(沖縄特攻)敢行71年>




おはようございます。
井上功一であります。

本日4月6日は、
天一号作戦(沖縄特攻)敢行の日。

71年前の昭和20年(1945年) 大日本帝國陸海軍が、

4月1日に沖縄へ上陸した米軍の艦隊・船団に対して
大規模反撃を加える為に、

戦艦大和大和以下の第2艦隊第1遊撃部隊の海上特攻と共に、

「天一号作戦」を、

陸軍は、第1次航空総攻撃。

海軍は、菊水一号作戦。

として敢行した日であり、

特攻精神を、現在に至るまで堅持する
我々、日本臣民に取って、
忘れることの出来ない日であります。

以後、
昭和20年6月23日、
沖縄の大日本帝國第32軍が玉砕するまで、
11回の航空総攻撃、
10回の菊水作戦を敢行。
陸軍約1000名、海軍約2000名が、特攻作戦で散華されました。
また、
1トン魚雷を搭載した陸軍キ-67三菱重爆撃機「飛龍」も、
徳之島近海で、敵輸送部隊雷撃にて、参戦し、
多大なる戦果を挙げました。

沖縄特攻にて、散華されました
英霊の武勲を、顕彰すると共に、

その殉國の至誠に報い、

光輝三千年の皇國の隆起興を期し、

世界情勢を直視して、

日本再軍備、日本核武装

を、日本國民の皆様に、

ご賛同いただく為、

<武勲顕彰街宣>
天一号作戦(沖縄特攻)敢行71年
~英霊の至誠に報い、今こそ、日本核武装、日本再軍備~

を敢行致しました。



現在、日本は、

皇統護持、
あるいは、
憲法9条「戦争放棄」堅持
の二者択一。

即ち、
憲法9条「戦争放棄」堅持し、
戦わずして、支那、南北朝鮮他敵國に破れ、
敵國の属國となり、
國民が、奴隷となって恥を晒して生きるか。
あるいは、
武人(もののふ)の心を体現せる
神武東征から始まる
萬世一系の皇統を護持し、
その肇國の精神に回帰し、
日本再軍備、日本核武装を実現して、
世界の護民官、東洋の盟主として、
世界人類の幸福に資するか。
その岐路にあるのであります。



1.実施日時、場所
平成28年04月06日(水)
07:30~08:00
JR西九条駅前スクランブル交差点歩道


2.実施結果
党幟、旭日旗掲揚
党襷、神洲不滅腕章装着で
演説しながら、

自作チラシ
〔表〕
皇紀2676年4月6日(水)<天一号作戦(沖縄特攻)敢行71周年>
英霊の至誠に報い、光輝三千年の皇國を護らん。
~沖縄と本土は一心同体。沖縄県民は、護國の譽。~
〔裏〕
<憲法13条「幸福追求権」は、憲法9条「戦争放棄」に優先す>
非核三原則は、法的拘束力無きスローガン。
今こそ、日本核武装、日本再軍備。
~我が國は、東洋の盟主、世界の護民官たらん~


20部程度手渡し



3.巷の様子、声
・乗降客が多く、自作チラシは、15分程度で完売。
チラシを読んで、
わざわざ返しに来られるオジサンも
いらっしゃいましたが、

世界情勢を、反映しておる様で、
皆さん、大変好意的でした。



4.【ご参考】特攻、玉砕による、米軍の戦意喪失
・昭和20年6月米国務省内の会議
「サイパン・硫黄島・比島・沖縄と、戦場が本土に近づくにつれ、
日本の捨て身の抵抗が強くなるばかりで、特攻戦法が熾烈を極めている。」
と報告。

・原子爆弾と細菌兵器の製造計画に最初から関与していた
スチムソン陸軍長官の1945年7月2日大統領への覚書
「日本本土上陸作戦の準備は進行しているが、
もし実行となると、日本は気狂いのように抵抗し、
米軍の損害見込みは、死傷者あわせて百万人を越すだろう。
この作戦をやらないですむに越したことはない。
日本の天皇制を認めて、降伏を勧告すべきだ。」

・大統領付幕僚長レーヒ提督の言及
「日本を無条件降伏させなければ、
こちらが負けというわけではない。
無条件降伏以外の降伏でもいいではないか。
無条件に固執して、われわれの戦死者を多くしても意味がない。」



5特攻は、合理的戦術
・特攻は、決死ではなく、「必死必中」の戦術であり、
「統率の外道」とも言われておりますが、
少ない稼働航空機、少ない熟練搭乗員、
また、高度な電子機器による追尾装置、誘導装置が無かった当時の大日本帝國の
環境を鑑みるに、
命中すれば、1:300の死傷率で、多大なる戦果となる合理的戦術であります。

・戦略的には、特攻を継続し、「一億総特攻」により、本土決戦を数年戦えば、
アメリカ側に厭戦ムードが漂い、講和に持ち込むことが出来る。
長期持久戦による思想戦という面もありました。
実際、「特攻機」の命中率56%。米艦船を、何百隻も撃沈しておりますし、
沖縄戦でも、特攻により、米軍に対し、30隻撃沈、300隻破壊、9000人以上戦死
を与えております。
特攻、ペリリューの戦い、硫黄島の戦い、沖縄戦があったが故、
日本は、皇統護持、國體護持が降伏条件となり、無条件降伏とは、なりませんで
した。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/04/06(水) 08:30:21|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2831-e422ced8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad