世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

明朝の紀元節7駅連続奉祝街宣用チラシ完成

井上功一であります。
お陰様で、
明朝の紀元節7駅連続奉祝街宣用チラシ完成しました。
 <奉祝紀元節>皇紀2676年2月11日(木、祝)東洋の盟主、世界の護民官=大日本帝國 今こそ、祭政一致、日本再軍備、日本核武装。~排他性一神教宗教紛争の鍵は、八紘一宇と八百万の神々~

<奉祝紀元節>皇紀2676年2月11 日(木、祝)
東洋の盟主、世界の護民官=大日本帝國
今こそ、祭政一致、日本再軍備、日本核武装。
~排他性一神教宗教紛争解決の鍵は、八紘一宇と八百万の神々~


2月11日は、紀元節。2676年前の2月11日(旧暦の1月1日)、初代天皇であらせられる神武天皇が、橿原の宮
にて、即位遊ばされ、都をお開きになりました。この時、「~六合を兼ねて都を開き、八紘を掩ひて宇と為さんこと、亦可からずや。~」と仰せになり、これが、「八紘一宇」(世界は、一家。人類は、皆兄弟。) この肇國の精神「八紘一宇」が、「八百万の神々」と共に、2676年を経た今も受け継がれ、他宗教、異文化を、換骨奪胎、消化吸収し、日本化してしま
う多様性と多数性を認める非常に寛容な我が國の國體となり、日本臣民の自信と誇りの源泉となっておるのであります。一神教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)へ、「八紘一宇」が浸透すれば、宗教紛争解決も解決します。
1.世界に誇れる2676年125代萬世一系直系男子の皇統
・天照大神の御子孫であらせられます初代天皇、神武天皇が、橿原の宮で即位されてより、2675年125代萬世一系直系男子の皇統が続き、単一民族として國家の独立を保っておるのは、世界で日本しかありません。 ユダヤ教千年王國も実現しておりませんし、ローマ帝國も、東ローマ帝国が滅亡するまでの1500年程度の歴史しかありません。ましてや、中国4000年の歴史と喧伝する支那も、同一王朝が1000年以上続いたことはなく、モンゴル人や、満州人、異民族に征服されたりしておるのであります。
・初代天皇、神武天皇の御祖母様の豊玉姫様は、公開霊言で、宮古島出身と仰せになられており、3000年の昔より、沖縄は、日本の霊域であり、沖縄は、原初より皇室に深く関わっております。沖縄支那起源は、誤りであり、沖縄本土一体史観が、正統であります。
・「天皇制」という言葉は、 制度なら廃止できるという共産党用語であります。 正しくは、「皇統」。 我が國は、皇國。國體の根幹が、 「皇統」であり、 「皇統」を、人間が勝手に、廃止することは、できません。コミンテルン(國際共産党)日本支部によって、昭和7年(1932年)5月に、「日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」が採択され、昭和7年(1932年)7月10日付国際共産党日本支部中央委員会機関紙『赤旗』特別号に、日本語訳が掲載され、「天皇制」という悪意に満ちた共産党用語が使われる様になり、現在に至っておるのであります。
・また、大日本帝國の帝國は、帝國主義インペリアリズムの帝國ではありません。帝(みかど)の國、天皇陛下の國家、皇國、神國という意味であります。
2.眞なる主権國家としての必然「祭政一致」「再軍備」「核武装」
・戦後レジームからの脱却とは、「政教分離」「戦争放棄」の呪縛から覚醒すること。日本は、古来より神々と共に暮す祭政一致の皇國であり、政教分離は、日本の世界に誇る強靭な精神性を骨抜きにする占領政策の悪意。
國事として、天皇陛下に、靖國神社へ親しく御拝賜ること。そして、歴史観は、政治、外交に優先し、國體そのものであり、皇國史観こそが、我が國の正統な歴史観。國史教育において、日本國民に自信と誇りをもたらす為、神話と聖戦=大東亜戦争他アジアの独立解放に終始した大日本帝國の偉大な歩みを正しく教えることが、必然であります。
・また、外交の一手段として、戦争、軍事力を行使するのが、普通の独立國である。というのが、國際常識。
更に、日米同盟ガイドライン改定により、日本が攻撃を受けた場合、米軍は、一旦グアムまで撤退し、1 ヶ月半程度は、日本単独で単独で戦い、その後、体制を立て直した米軍が支援に来ることになっており、日本再軍備は、必定。
・外交の優劣は、戦略核(のパワーオブバランスで決まり、北朝鮮迄、実質核弾頭付ICBMを持つに至った現在、核武装國に囲まれる日本が、核武装するのは、当然。(日本は、戦略核兵器を、1年程度で開発配備する潜在能力有。)
日本國民 幸福実現党員 井上功一
〒561-0822豊中市三国2-3-4 446





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2016/02/11(木) 00:31:57|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2765-43d61eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad