世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2016年02月07日(日)北方領土の日<金剛葛城山系セミロングライド>滝畑ダム、堺かつらぎ線、蔵王峠、堀越観音、串柿の里、鍋谷峠

井上功一であります。
今日は、北方領土の日でありますが、

今朝、
北朝鮮が、ロケットを打ち上げ、
沖縄上空を領空侵犯し、
宇宙空間に到達させ、
人工衛星を軌道に乗せました。

折角なので、
高価かもしれませんが、
PAC3の性能を試す為、
撃墜すべきでありました。


核弾頭小型化も進んでおりますし、

実質、ICBMを完成させた。
ということでありましょう。
北朝鮮は、
地球の何処でも、
核弾頭付ICBMを打ち込む能力をもった。
のかもしれません。

外交は、バランスオブパワー。
軍事力が優位でなければ、
話し合いもできません。
特に、ICBM、SLBMを中心とする
戦略核の優劣で、
外交は、決着が付くというのが、
常識であります。

日本も、
1年程度で、
ICBM開発配備できる潜在能力があるのですから、

今年こそ、核武装、再軍備を実現したいものであります。
他、
核戦争に備え、強力な空気清浄機を設置し、
地下街シェルター化
コストパフォーマンスの高い
迎撃、核サイト攻撃用レーザー砲開発
等も、現実を直視し、
社会保障、各種補助金にしている税金を、
転用し、実現すべきであります。

北朝鮮は、非常に分かり易く、
日本が、核武装し、戦争の出来る國になること。
黙らせるのも、簡単なことであります。


さて、
今日は、朝の内、少々曇っておりましたが、
午後から晴れ予報でしたので、

3年くらい前、台風の被害で、
通行止めになっていた
河内長野の酷道として有名な

「府道61号線(堺かつらぎ線)」

を経て、

金剛葛城山系の

蔵王峠、堀越観音、串柿の里、鍋谷峠
160207_1230~001

へ、

ロードレーサー(自転車)で、

行って来ました。

気温は、3℃~5℃。鍋谷峠で、1℃。

金剛葛城山系は、小雪が舞っておりましたが、
強い日差しで、それほど寒くありませんでした。

梨の木隧道側から、
160207_1311~001
滝畑ダムへ出て、
160207_1316~001  

「府道61号線(堺かつらぎ線)」
へ入ります。

激坂の
滑り止め付きコンクリート道
石畳が続き、
なかなか楽しい道です。

5年前と同様、
蔵王峠手前400mくらいが、
アイスバーンになっておりました。
160207_1401~001

蔵王峠は、
160207_1406~001
2011年01月14日(土)以来、5年振り。

堀越観音の駐車場で、
ツール・ド・フランスの
アルプスの山岳ステージの様な
串柿の里の
160207_1409~001 
160207_1410~001
絶景を撮影していると、

斜度30°以上ある様な登山道を、
トライアルバイクの若者数人が、
登って行きました。
やっぱり、エンジン付きは、
有利だと思います。

ガードレールの無い
急勾配の九十九折を下り、
160207_1426~001 
160207_1427~001

割りに緩斜面の480号線を、
上り、

鍋谷峠に到達。
160207_1520~001
480号線は、
30年以上前から、
シマノレーシングの練習コースです。

峠付近下りの北斜面は、アイスバーンでした。
峠を上りきったところで、
後ろから来た大型オートバイが、
私を抜いていきました。

なんとなく、
速度落とさずにコーナーへ
突入されていかれたので、
なんとなく、
落車転倒するんちゃうか。
と思っておりましたら、
予想通り、
左カーブの第1コーナーで、
転倒され、
オートバイが、10mくらい対向車線を、
滑っておりました。
車が来ておらず、
不幸中の幸い。

ライダーの方は、
オートバイを起こしていらっしゃったので、
怪我は、なかった。と思います。

アイスバーンでは、
強い前ブレーキ、倒し過ぎ、
スピード出し過ぎだと、
嬉しいくらい、転倒します。

ルート
三国→176号線→梅田→御堂筋→大国町→25号線→八尾
→170号線→河内長野→河内長野かつらぎ線→滝尻→林道
→横谷→梨の木隧道→滝畑ダム→堺かつらぎ線
→蔵王峠→堀越観音→折登→480号線(父鬼街道)
→鍋谷峠→170号線→八尾→25号線
→恵比寿町→堺筋→1号線→梅田→176号線→三国


T7.19.31
D138.93
A18.9 
M59.3


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/02/07(日) 22:56:59|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2760-1419d24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad