世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参加報告】平成28年01月09日(土)”「正義の法」講義”→「神の正義」ココに在り。宗教紛争の元凶

井上功一であります。

昨日(1/9)は、
<國威發揚6駅連続街宣>
朝鮮動乱に備えむ。二韓征伐
~軍事力=外交力~

終了後、


宗教法人幸福の科学豊中支部へ、出向き、
160109_2153~001


衛星中継の

大川隆法総裁による

”「正義の法」講義”

を、拝聴して参りました。
160109_2156~001


いつもなら、
皆さんに捕まらない様に、
サッサと、離脱しますが、

年末赴任された

片桐支部長の顔を、

拝んでおこうと、

支部長の話を聴き、
気を緩めていると、

オバサマ、オネイサマ方に、
囲まれて、長居してしまいました。
160109_2210~001

片桐支部長は、
予想どおり、

昔(25年~20年前)、
北部Bブロック
北摂支部、
吹田摂津地区
他で、
で大変お世話になった
ASさんの妹さんでした。
原点回帰の年、
奇遇な巡り合わせ。

昔と変わらず、
お茶目で、若々しく、
なかなか良いと思います。

さて、
1日経ち、
ある程度、
井上功一色が、濃厚になっているかもしれませんが、
忘れない内にご法話の感想を、記述致します。


「正義の法」講義の翌日である
今日(1/10)は、
安倍さんが、急に
「北朝鮮制裁を、日本独自で強化する。」
「早急に、ロシアを訪問する。」
「今夏参院選で、憲法改正を争点とする。」
と声明をだしたり、

金正恩第一書記が、
「水爆実験は、自衛的措置。」
と声明をだしたり、

ほんま、
みんな、
エル・カンターレにひれ伏している感がある
というか
現金な人達なんだなあ。
という感があります。


講義で、
最も印象に残っているのは、

・「神の正義」ココに在り。

・宗教紛争の元凶は、排他性一神教。

・安倍政権終焉の鉄槌。
安倍談話は、出さなかった方が良かった。
10億払う日韓同意は、ゲンナリ。
結局、単なる軟体動物だった。

・リアルな敵戦力の直視、軍事力行使、自衛戦争の肯定。

・幸福実現党への注力増大。

といったところでありますが、


いつも、私が言及していることを、
ストレートに言ってくださり、
スカッと爽やか、コカ・コーラ。

ほんと、嬉しい講義でありました。


1.御法話の結論
(1)「神の正義」ココに在り。
~日本の羅針盤、世界の北極星~
マストとしての正義の法

・ソクラテスでも、「正義の法」は、説けない。

・本物の正義を説ける人は、長く長く人類を導いてきた人だけ。

・幸福の科学の歩みは、宗教が、國際政治学を飲み込んできた歩み。

(2)幸福の追求、探求が、目的。
・幸福の科学→心の問題として扱う

・幸福実現党→この世的、現実的な問題として扱う


(3)日本における幸福の科学認知度は、割りに高い。
・高度に進化した都会型人間→日本人(洗練された國民性)

・黙っている→肯定している。

・全部否定する人はおらず、
心の内に秘め、程度な距離感が取れる。


2.宗教紛争の元凶は、排他性一神教。
・宗教は、紛争、戦争の原因であり、人を不幸にする
という考えがある。

・しかし、宗教紛争の原因は、
「他宗は、悪魔」とする一神教の問題。

・幸福の科学は、神は、一つではなく
世界に多くの神々が存在することを、
証明する為、公開霊言をやっている。

・キリスト教国が、
イスラム国(スンニ派)を、殲滅するまでやると、
ヒトラーと同じになる。
どこかで、戦後処理をし、スンニ派が住めるところを、
作る必要がある。

*世界に、「八百万の神々」「八紘一宇」
の精神を浸透させることが、宗教紛争の鍵
と考えます。

3.リアルな敵戦力の直視、軍事力行使、自衛戦争の肯定、対支那作戦・対北朝鮮作戦の立案
(1)敵戦力の過小評価は、政治家の単なる現実逃避
・北朝鮮の「水爆実験」を「強化型原爆」であるとするマスコミ、政治家があるが、
事が、大きくなり、責任を取らされるのを、回避しているだけ。
本質は、北朝鮮が、核兵器の小型化に成功し、核弾頭として使用できる能力を持ったということ。

・北朝鮮は、次に、大陸間弾道弾(ICBM)の実験を行い、実用化する。
そうすれば、地球上どこでも、核弾頭を打ち込むことができ、
水爆を保有する(米、露、支、英、仏)の常任理事国と同等となり、
北朝鮮は、益々、恫喝外交に励むこととなる。

・幸福の科学は、1994年当時から、
対支那作戦、対北朝鮮作戦の立案


(2)軍事力行使、自衛戦争の肯定
・1928年のパリ不戦条約(ブリアン・ケロッグ協定)では、
「國際紛争の手段として、戦争は用いない。
但し、自衛戦争を除く。」
とされている。
軍事力行使、自衛戦争は、
世界が認める
独立國、主権國家の当然の権利。
憲法9条「戦争放棄」を在り難がり、
これを、否定し、
自國民が、敵國の脅威にさらされ、
國家が滅亡するのを、放置するのは、
単なる無責任、國賊。


・今夏参院選では、憲法9条改正を、正面切って、
打ち出すべきである。
それができない自民党なら、幸福実現党が代わる。

4.その他
・プーチン大統領が、自分のロシア語訳霊言を、読み、
大川隆法総裁に、会いたがってる。
直接あっても、それほど、幸福実現党にメリットがないので、
幸福実現党を國政政党として、実態のあるものとして、
幸福実現党を橋渡しとしてもらいたい。

・「水爆実験」やっている時に、
「銃規制」を泣きながらやっていたオバマ大統領は、
もはやレームダック。
アメリカは、自分と自分の家族を、銃で守る権利が、
憲法で保障されており、
それを規制するのは、フロンティアスピリットを否定し、
自由を奪うことになる。刀狩を受け入れた日本とは、全く違う。

・マスコミの黙殺権と情報リテラシーの啓蒙

といった講義がありました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2016/01/10(日) 23:39:48|
  2. 宗教
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2728-75453cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad