世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】皇紀2675年12月09日(水)<サラリーマン出勤前街宣>~(祝)南京城陥落治安回復78年~




Great East Asia War is Holy War!
聖戦=大東亜戦争は、人類史の大転換。
12月13日は、南京城陥落治安回復祝祭日。


天皇弥栄
祭政一致
八紘一宇
神洲不滅
皇國再興
暴支膺懲
二韓征伐
匪賊=イスラム国誅伐
排他性一神教撲滅
皇軍復活、核武装



皆様へ



井上功一であります。

12月13日は、
日本臣民にとっても、
支那人民にとっても、
大変大切な日であります。

コミンテルン支那支部により、
78年前の昭和12年(1937年)7月7日勃発した盧溝橋事件に端を発する支那事変。

内乱状態にあった支那の秩序維持、
日本居留民の保護の為、

神功皇后の三韓征伐以来の軍紀厳しい伝統を持つ
松井石根大将率いる
皇軍(大日本帝國陸軍)中支那方面軍が、
南京攻略戦において、
中華民國の南京城を陥落させ、
南京市内に治安と秩序をもたらし、
支那人民を、
軍閥、蒋介石の國民党軍の恐怖、圧政から解放させた
「 南京城解放治安回復祝祭日」

であるからであります。

南京城陥落治安回復78周年を祝し、

大日本帝國中支那方面軍の偉業を称え、

感謝の誠を捧げる為、



<サラリーマン出勤前街宣>


を敢行致しました。



1.実施日時場所
平成27年12月09日(水)7:20~7:50
阪急電鉄庄内駅東口




2.実施内容
旭日旗、党幟掲揚。
党襷、神洲不滅旭日旗腕章装着


演説しながら、
自作チラシ
”《支那事変勃発78周年》12月13日(日)は、<祝>南京城解放治安回復祝祭日「南京大虐殺」は、嘘、デタラメ、捏造の反日プロパガンダ。”


15部程度手渡し




3.巷の声、様子
・通勤中の60代男性:
チラシのタイトルに関心を寄せられ、
「あなた、このチラシに書いてある、本人?」

→「そうです。
私は、
議員でも、政治家でなんでもありません。

ウダツの上がらぬ
普通のサラリーマンでして、
これ終わったら、出勤しますねんわ。

大日本帝國軍人の名誉をお護りし、
武勲を顕彰する為

皇國史観を浸透させる為、
やってます。」 

と少々会話。


・20代30代の若い方々の方が、
関心を寄せてくださる傾向にありました。






付録:
【United Nations(国連)ユネスコ記憶遺産登録スキャンダル】
幸福実現党によるユネスコへの4回に及ぶ反論文書提出、
デモ、署名による抗議にも関わらず、

今年10月10日に、
中華人民共和国が申請していた「南京大虐殺」が、ユネスコの記憶遺産に登録されてしまいました。

しかしながら、
調査の結果、

(1)登録申請のプロセスがブラックボックス
(世界遺産は、公開。記憶遺産は、非公開)。


(2)「南京」登録の問題点
?ユネスコの審議の場に、「南京」資料がなかった。(中国語が解らないIACの委員が、中国に行って調査したことが根拠。)

?登録の決定打は、「日本政府が認めているから」
という検証放棄の怠慢姿勢

しかし、
30万人虐殺は、証拠がなく、
嘘、デタラメ、捏造であることは、証明済。

と判明。

ユネスコ記憶遺産登録審査には、
日本からお金を毟り取り続ける申請者中華人民共和国の工作圧力が濃厚。

登録取り消しをさせる運動を、挙國一致で実施すると共に、

連合国(United Nations )側の既得権益を確保し、
枢軸國から拠出金だけ取り続ける国連(United Nations )を、
有り難がる風潮を、止めることであります。

拠出金も停止し、
日本に対する無礼が続くなら、
国連(United Nations )を脱退すべきであります。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/09(水) 10:58:06|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2686-03a1248e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad