世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【ご案内】12/13(日)「南京城陥落治安回復祝祭日」JAPAN+(プラス)セミナー勝岡寛次先生「このままでは沖縄は中国に飲み込まれる―『自己決定権』『琉球大虐殺』をめぐって」


井上功一であります。

12/13(日)
「南京城陥落治安回復祝祭日」
14:00-17:00
に、
「沖縄本土一体史観」で有名な
勝岡寛次先生をお招きし、

支那による本土沖縄分断工作、琉球独立運動を、
阻止すべく、
JAPAN+(プラス)セミナー
「このままでは沖縄は中国に飲み込まれる―『自己決定権』『琉球大虐殺』をめぐって」
が、開催されます。

東京開催ではありますが、ご参加頂ければ、幸いであります。

私も、3年程前に、勝岡寛次先生のお話を聴きましたが、
沖縄人は、言語文法的にも、人類学的にも、日本人。
琉球王国の歴史書、中山世鑑には、
初代王舜天は、源為頼の子とされており、日本起源。

琉球への幻想があるが、
琉球王国は、八公二民の重税で、私有財産が認められず、
移転の自由もない社会主義国家。
琉球処分により、大日本帝國の沖縄県になったことで、
一般庶民が、やっと奴隷状態から開放され、
自由と平等を得たのが本当のところ。
他、
沖縄の真実の歴史観
「沖 縄本土一体史観」
は、大変勉強になりました。
沖縄関連の、
街宣、チラシは、必ず、
「沖縄本土一体史観」
を、盛り込みます。






ここからご案内

12/13()JAPAN(プラス)セミナーのご案内

 

JAPAN(プラス)では、来る1213()14:00より、赤坂のユートピア活動推進館において、沖縄の歴史問題に詳しい勝岡寛次先生をお招きし、二部構成で、以 下のテーマでご講演をいただきます。

 

◆第一部:このままでは沖縄は中国に飲み込まれる―「自己決定権」「琉球大虐殺」をめぐって―

 

◆第二部:沖縄は日本であって中国ではない、これだけの証拠

 

<企画趣旨>

現在、沖縄では、全国の左翼の支援を受けた形で、翁長知事による反米反基地闘争が激化して います。また、先日の翁長知事による国連演説を機に、中国による琉球独立工作も、水面下で活発化しています。

 

何よりも看過できないのは、「琉球大虐殺」なる、新たな歴史のねつ造です。

 

今回の翁長知事の国連演説を、どこよりも早く、そして大々的に報道したのは、実は日本では なく中国でした。

 

中国では、翁長知事が国連のスピーチで言及した「先の沖縄戦における集団自決」を「琉球大 屠殺(大虐殺)」と呼び、「日本軍は27万人もの琉球人を虐殺した」という、とんでもないデマがまことしやかに報道されてい るのです。

 

※参考:中国の新聞記事より「琉球大屠殺殺害27万琉球島民!」

http://toutiao.com/i6204061537310065153/

 

ほとんどの日本国民が知らない間に、中国は「30万人の南京大虐殺」に続いて、今度は沖縄をターゲットにし、「27万人の琉球大虐殺」という嘘の歴史のねつ造を、着々と始めているのです。

 

◆◆◆

 

JAPAN+では、今回の翁長知事の国連演説の問題点、特に「自己決定権」という言葉の危険性や、中 国による本土と沖縄の分断工作にいち早く気づき、特集記事を組んで警鐘を鳴らしてきました。

 

JAPAN+特集「沖縄を守ろう」

http://japan-plus.net/category/movie/defend-okinawa/

 

今回、講師にお招きする勝岡寛次先生は、沖縄戦における集団自決について、長年調査をされ てこられた第一人者でいらっしゃいます。

 

また、日本と沖縄のルーツが同じであり、沖縄の人々が正真正銘の日本人であることを、さま ざまな角度から研究し、実証されてきたことでも有名です。

 

今回は勝岡先生に特別にお願いをし、中国が仕掛けている「自己決定権」「琉球大虐殺」とい う新たな情報戦に打ち克つためのセミナーを、開催していただくことになりました。

 

師走の慌ただしい中ではありますが、日本の正しい歴史観を国内外に示すため、そして「沖縄 の誇り」を取り戻すために、ぜひ一人でも多くの方にお声がけいただいて、ユートピア活動推進館にお集まりください!

 

12/13JAPAN+セミナーのご案内》

 

■日時:12月13日()

14:00-17:00(受付13:30より)

 

■第一部基調講演

演題:「このままでは沖縄は中国に飲み込まれる―『自己決定権』『琉球大虐殺』をめぐって」

 

■第二部

演題:「沖縄は日本であって中国ではない、これだけの証拠」

 

第一部・二部ゲスト講師:勝岡寛次氏

[講師プロフィール]

昭和32年、広島県生れ。早稲田大学第一文学部卒、早稲田大学大学院博士課程修了。現在、明星大学戦後教育史研究センター勤務。朝日新聞「慰安婦報道」に対する独立検証委員 会事務局長、日台交流教育会事務局次長。「日本の教育改革」有識者懇談会事務局長。国語問題協議会評議委員。

 

※主な著書

『安倍談話と朝日新聞慰安婦問題と南京事件はいかにして捏造されたか』(双葉社)、『沖縄 戦集団自決虚構の「軍命令」―マスコミの報道ではわからない県民集団自決の真相に迫る!』(明成社)、『韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する―歪曲された対日関係史』(小学館文庫)、『「慰安婦」政府資料が証明する〈河野談話〉の虚構』(明成社)、ほか多数。

 

・幸福実現TV出演「沖縄のルーツはどこ?」(2012712日オンエア)

https://youtu.be/ll5i4Kx1Xec

 

・幸福実現NEWS33号「戦後沖縄史観の虚構を正す沖縄と本土の絆」(20136月)

http://info.hr-party.jp/files/2013/06/ZjolFdjz.pdf

 

■総括&JAPAN+(ジャパンプラス)活動報告

 

矢内筆勝

幸福実現党総務会長兼出版局長

JAPAN+(プラス)会長

子供の未来を守る会福島・沖縄実行委員長

 

■会場:ユートピア活動推進館2階

東京都港区赤坂2-10-8

東京メトロ溜池山王駅9番出口・徒歩3

★地図http://www.shoja-irh.jp/utopiakskan/access.html

 

■お申し込み・お問い合わせ

 

※氏名(ふりがな)・住所(市町村まで)・TELを明記の上、下記事務局までメールでお申し込み下さい。

 

※件名に「1213日セミナー希望」とご記入ください。

⇒講演会事務局【japanplus.mail@gmail.com

 

※当日運営費・資料コピー代として、JAPAN+へのカンパ(一口1000円)のご協力をお願いいたします。

 

☆当日のセミナー受付・設営スタッフ大募集!

セミナー当日の受付や設営のお手伝いにご協力いただける方は、事務局までご連絡ください。 よろしくお願いします!

 

■主催:JAPAN+(ジャパンプラス)

公式ホームページhttp://japan-plus.net

Facebook https://www.facebook.com/japanplus111

 

■後援

中国・マスコミ問題研究会

沖縄・九州防衛プロジェクト

日本守ろうTVhttp://bit.ly/OAzH1Q

FreeAsiaNetworkFANhttp://freeasia.sakura.ne.jp/book/


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:沖縄問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/12/03(木) 20:36:56|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015年12月05日(土)琵琶湖一周ロングライド | ホーム | <沖縄航空特攻>陸軍キ-67三菱四式重爆「飛龍」自在丸中隊内藤廣司軍曹雷撃奮戦記~天一号作戦(航空総攻撃(陸軍)、菊水作戦(海軍))昭和20年4月6日→7月19日~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2677-cc7439ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (975)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (65)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる