世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【考察】平成27年11月08日(日)来夏参院選、幸福実現党員の可能性


井上功一であります。
今日は、一日、情緒ある秋の長雨、大阪時雨。
151108_1240~001

中々、思索、誇大妄想が深まります。

参院選まで後8ヶ月。

教団、党本部共、
大勝利と、
いつもながら、
威勢は良いですが、

現実は、
連敗記録更新中で、
極めて厳しく、
「選挙は、恥をかくだけ。」
「単なる負け犬の遠吠え。」
と言った感もあります。


しかしながら、
政治運動、選挙は、
宗教活動、伝道活動と違い、

自作チラシ作るくらいで、
お金はかからず、

支部や、精舎に来て貰わなくとも、

政策、人物に賛同して頂き、
署名してもらったり、

選挙の時に、
最寄の
投票所で、
幸福実現党候補に、
投票してもらうだけでよく、
極めて、
シンプルかつ敷居の低い
誰でも参加可能な運動と言えます。

ただ、現在は、
宗教活動の方が、多忙で、
戦力を裂けないだけであり、

宗教活動に、余裕ができれば、
幸福実現党が選挙で勝てる
潜在能力は、十分あります。
後10年程度の辛抱かもしれません。

書籍
「いま、宗教に何が可能か
~現代の諸問題を読み解くカギ~」
151108_2029~001

は、
幸福の科学の潜在能力とその特徴が、
よくわかり、
今まで、連敗し続けてきた理由

今後、選挙で勝つ可能性
が十分理解できる楽しい本です。


来夏参院選、幸福実現党員の可能性に関し、
私見を、記述致します。


1.幸福実現党員の國政選挙基本戦略
(1)参院選全国比例で、1~2名当選(釈量子党首当選)
・2010年参院選から、基本戦略は、全くかわらず。
全国200万票(各支部5000~6000票確保、現得票の10倍)
*しかし、得票は、5年間で全く変わらず。

・幸福の科学最大の強みは、全国均一、標準化の実力保持
毎回選挙を、やっておりますが、
全国400支部が、田舎から都会まで、
均質に400票~600票確保。
このコンビニチェーン、大会社、軍の様な横並び均質な組織は、
他党にはないところであり、
有名人、巨大な全国組織がなければ、当選できないと言われる
参院選全国比例が、
幸福の科学、幸福実現党に、最も適している。
と言えます。

支部長さん方の横並び意識が、
非常に強いので、
他党との競争より、支部間競争をさせれば、
得票が増大します。
今は、
やることが多く、
エル・カンターレ伝道信仰伝道局に於ける
選挙の優先度が低いので、
それほど、真剣にやっておりません。
しかしながら、来夏は無理でも、
選挙に、本気で取り組める余力がでてくれば、
国政選挙で、確実に当選する。
と言えます。


*私も、2009年衆院選惨敗した時から、
提言し続けておりますが、
短期当選を、優先させるならば、選挙区を特化集中して、
政治部長他、
常時政治活動をやっている人を全国から集め、
資金も集中し、
個性の強く、アクの強い候補者を立てれば、
確実に当選します。
これをしないのは、
上記理由により、
教団基本単位である
支部の潜在能力を担保したいからだ。
と言えます。

(2)来夏参院選の選挙姿勢
誠を貫き、
正論、真実で戦い、
玉砕覚悟の「特攻精神」にて、
死中に、活を見出す。


(3)参院選都道府県区候補者の役割
・全国比例は、公営掲示板がなく、
道府県区候補者を立てることで、補う。

・基本的には、釈党首票集票の捨石。

(4)目標設定
企業秘密の為、非公開。

(5)祭政一致の政治活動、選挙運動
・左翼でなくとも、
保守、右翼の人でも、
宗教政党公明党を抑制する為、
政教分離をありがたがり、霊を笑う傾向があり、
幸福の科学も、
政教分離となりがちですが、

日本の國體は、
皇孫であらせられる天皇陛下を奉戴せる
祭政一致の國體であり、

「幸福実現党=幸福の科学」
「霊界、宇宙人、UFOを当然とする幸福実現党」
「公開霊言を、諜報に使う幸福実現党」
として、
祭政一致で、逃げ隠れせず、取り組むことが、
結局、社会啓蒙につながります。

UFO学園の秘密の取り組みも、
幸福実現党を全面に出して、
街宣、戸別訪問やりましたが、

「霊界、宇宙人を比科学的ということは、
憲法20条政教分離の悪意ある呪縛。
宇宙人から兵器じの技術供与受ける
アメリカ、ロシア、支那の情報操作。」

ということに、
多くの方が賛同してくださいました。


2.参院選取り組み方
(1)<役割分担>
・支持者、党員、ポスター、寄付の推進、進捗管理、進捗状況フィードバック
→支部長、女性部長、代表地区長
教団組織を、実質動かすことが可能。


・選挙指導、法律指導、政策教導、部外人脈構築、後援会行事企画、街宣、新規
開拓戸別訪問
→政治部長
政治部長の専門特化したスキルを生かすことが、重要。
いつも、どの支部も、政治部長が、
一人で、一生懸命選挙やっている感がありますが、
一人で、数百票から千票集めても、
ほとんど、当選ラインに到達しません。


(2)選挙の結果は、公示日までに決定
・毎回、公示日以降に、熱心に取り組む傾向がありますが、
公示日以降の選挙期間に、票は、ほとんど動かず、
勝負は、公示日まで。
街宣、支持者獲得、戸別訪問も、公示日まで。

・公示日までに、投票率5割ですので、
当選ラインの2倍の支持者獲得が必須。
到達していなければ、選挙止めるべき。
公示日以降は、お祭騒ぎ、単なる打ち上げ。

(3)日々の支持者獲得状況を、厳格に把握し、フィードバック
・進捗管理担当者を決め、今から、支持者獲得を、各人が、
進捗管理担当者に報告。
進捗管理者が、進捗状況、残数をリアルタイムにフィードバック。

(4)現在、支部にある名簿全ての方に、年内戸別訪問実施
・エル・カンターレ祭の告知を兼ね、
教団名簿、支持者カード、映画鑑賞権応募者、署名者を、
全て戸別訪問し、
基礎票を固め、必要支持者残数を把握。


(5)支持者獲得の対象
・各人の職場、近所、親族、友人、知人を、第一。
しかし、不可能な人も多いのが現実。
戸別訪問、ネットであろうが、
各人がやり易いところで、支持者獲得すれば良し。

・参院選全国比例の場合、
支持者は、豊中、池田、豊能、能勢、大阪に拘らず、日本全国が対象、
非常にやり易い。

・因みに、今春高槻市議選支援
戸別訪問では、
支持者率は、0.6%でした。
500軒の訪問して、
3人くらいが支持者になってくださいます。
結局、どんな方法であれ、

「やるか、やれへんか。」の問題。


(6)ポスター貼りに関して
信者さん宅に1~2枚

で行くのが、
基本スタイルでありますが、


最大限の効果を、上げるならば、
ほとんど目立たない街中に貼るよりも、

能勢町、豊能町
の山中、街道沿いに貼るのが、

非常に効果がありますので、
ご検討くだされば、幸いであります。

行楽、観光、レジャーで、
自転車、単車、自動車で、
市街地の方々が、
頻繁に訪れておりますし、

私も、
美山や、福井県、丹後半島の
深い山中で、
釈さんのポスターに出会うと、
「こんなところまで、
幸福実現党、幸福の科学
おるんか。」
と思って、驚きますので、
他の方々も、同様である。
と思います。

また、他になにもないので、
釈さんの写真

幸福実現党ロゴ
が、非常に目立ち、
見た方の潜在意識に、
強くインプットされます。

(7)党員拡大に関して
・現在、選挙に参加している100名弱の信者さんに、
まずは、党員となって貰う。


・党員を、世間一般で、更に拡大するには、
党員になるメリットが必要。
ペラペラの紙の党員証は、やっとできましたが、
機関紙を、月1回送ってくるだけでは、
党員になるめ魅力は、ありません。
他党並みに、
党首選定選挙権、あるいは、公認候補信任投票権
は、必要である。と考えます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/11/08(日) 21:23:45|
  2. 後援会、選挙、解任通告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2657-c1c52973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad