世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【2回目を観た感想】平成27年10月27日(火)<サラリーマン黄昏映画鑑賞>「UFO学園の秘密」(宇宙の法)

聖戦=大東亜戦争は、『人類史の大転換』。
神風特別攻撃隊結成71年
<祝>南京城陥落治安回復78年
12月13日は、「南京城陥落治安回復解放記念日」。


天皇弥栄
祭政一致
八紘一宇
神洲不滅
皇國再興
暴支膺懲
二韓征伐
匪賊=イスラム国誅伐
排他性一神教撲滅
皇軍復活、核武装

井上功一です。

本日は、雨が降りそうでしたし、
151027_2032~001

公開期間も、11月6日(金)までですので、

業務終了後、

いつもの
<サラリーマン黄昏戸別訪問>
をせずに、

「UFO学園の秘密」(宇宙の法)

を、
梅田スカイビルタワーイースト3Fにある
151027_1815~001
シネ・リーブル梅田
で、観てきました。
151027_1817~001


職場は、旭区ですが、
18:20に、なんとか間に合いました。

シネ・リーブル梅田へ行くまでの道中は、
支那人の多いこと、多いこと。
若い男女が、大声で、しゃべっておりました。
151027_1808~001

会場の入りは、15人くらいで、
空いていて快適に鑑賞できました。


10月10日(土)に観て以来、
2回目。

1回目は、全体像を掴み、
・幸福の科学による正面突破宇宙霊界教導啓蒙映画、

・幸福の科学学園宣伝映画、

・1億2000万年前から続くレプタリアン地球侵略工作暴露

というテーマを、
堪能しましたが、

期間を空けて
2回目を観ると、
ストーリーが分かっており、
ゆとりがあるので、
意外なところが楽しめました。
151027_2036~001

以下、感想です。
ほとんど誇大妄想かもしれません。


1.ユースケの魂は、オジサン。
・も、ボールペンを、胸ポケットに刺しますが、
ユースケも同様で、
守護霊も、一人だけ貴族のオジサンであり、
魂年齢は、中年のオジサンだと思います。

・オジサンは、
ユーモアを解する貴族、ジェントルマン。
オジサンハ、やっぱり偉大だと思います。


2.UFOの中では、時間が空間に変わる。
・レイと校長先生が、牽引ビームで、UFOに乗船させられ、
宇宙体験させられた時は、11:10で、
戻って来た時も、11:10分。
時間が空間に変わっており、
UFOの中は、4次元以降の世界観である。
と考えられます。

・波長同通装置の時は、5人が、幽体離脱して、
UFO内で、物質化するという高度な悟り。


3.現代の若者にも、「特攻精神」が継承されている。
・レイが、タイラと夜空を見上げながら、
将来を語り合うシーンがありますが、
レイは、
「航空自衛隊の戦闘機乗りになり、
宇宙人が攻めてきたら、
UFOに突っ込んで、
地球を宇宙人の侵略から護る。」
と言っておりました。
「特攻精神」が、現代の若者にも、
確実に、継承されておることを、
象徴的に、描いているのかもしれません。


4.中華人民共和国は、裏宇宙の邪神アーリマン信仰国家
・最後のシーンでは、
習近平国家主席が、アーリマンを崇拝する
蜘蛛型宇宙人カンダハールから、

「1億年前、サタンを送ってより進めてきた計画は、
決して失敗は、許されないのだ。」

と指示を、受けておりましたが、
きっと、これは、リアル現実であり、
中華人民共和国が、共産主義の唯物論国家というのは、
支那人民を統治する為の洗脳であり、
唯物論国家では、全く無く、
実際は、支那共産党幹部は、
裏宇宙の邪神アーリマン信仰を立てているのであります。
文鮮明は、蜘蛛型霊体。金日成は、タラバ蟹型霊体ですので、
両朝鮮は、カンダハールの影響下にあるのかもしれません。


・地球の敵は、光の神オーラマツダとその軍勢が集まる
日本を破壊し、地球人類を奴隷、食料にせんと画策する
カンダハールの直接指導を受ける
中華人民共和国。
アーリマン信仰国家中華人民共和国を、
解体、消滅させ、民族毎の独立國とすることが、
地球的正義であります。


・各民族の伝統、文化、宗教を、お互い尊重しながら、
共存共栄を目指す
我が國の肇國「八紘一宇」の対極にある
選ばれし者のみ偉いという過剰な選民思想、排他性一神教、支配欲は、
アーリマンへ通じる道。


・米海軍が、南シナ海の支那人工島から
12カイリ以内の海域での哨戒活動を、実施する様になったのも、
「UFO学園の秘密」で、
地球的正義に、再び醒したのかもしれません。


・中華人民共和国と対峙するには、
惑星連合側の宇宙人から、
技術供与を日本が受ける道が正道でありますが、
より、パワーオブバランスを有利にするなら、
支那、ロシア、アメリカと、種族の違う
レプタリアンが覇を競っておりますので、
日本と同盟関係にある
アメリカを影響下に置く
レプタリアンを、
光の神オーラマツダを信仰するレプタリアンに、
改宗させるという道もあります。


・レプタリアンを観察していると、
目立つ攻撃一本槍、パワーでねじ伏せる戦法で、
割りに、打たれ弱そうな感があります。
ゲリラ長期持久戦でやれば、
案外、根を上げる可能性があります。
打たれ弱いので、やたらロボットのグレイを多用。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2015/10/28(水) 01:01:23|
  2. 宇宙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2644-2c1f7b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad