世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【拝聴報告】平成27年09月19日(土)『奇跡を呼ぶ心』~<祝>平和安全保障関連法案成立、戦争できる國が、普通の独立國。~

【拝聴報告】平成27年09月19日(土)『奇跡を呼ぶ心』~<祝>平和安全保障関連法案成立、戦争できる國が、普通の独立國。~

<祝>平和安全保障関連法案成立
戦争できる國が、普通の独立國。


聖戦=大東亜戦争は、『人類史の大転換』。

天皇弥栄
祭政一致
八紘一宇
神洲不滅
皇國再興
暴支膺懲
二韓征伐
匪賊=イスラム国誅伐
排他性一神教撲滅
再軍備、核武装
戦争放棄反対


井上功一であります。

本日は、

五月山ドライブウェイから帰還後、

洗体、洗濯して、

(宗)幸福の科学豊中支部へ、出向き、


『奇跡を呼ぶ心』

の衛星中継を、
拝聴して参りました。


予想どおり、
『奇跡』の話では無く、

・平和安全保障関連法案成立

・日本の國體論

でありました。

質疑応答の3問で、
『奇跡』が起るメカニズムのご説明。

しかしながら、

「滅私奉公の精神」
「特攻精神」
に徹して、
正義と誠を貫き、
他者の評価を頓着せず、
隠忍自重し、
出来る事を、貫徹する中に、

『奇跡』

が、必然的に生じる。

というご示唆で、
あったのだと、思います。


岡田 克也民主党代表守護霊が、

大川総裁のところへ来て、
語ったところによると、

「國賊野党、非國民、左翼、反日マスコミ
による
気違いじみた反対デモ、反対街宣、反対乱闘で、

揺さぶったにも関わらず、


平和安全保障関連法案成立した要因は、


・安倍倍首相の心が全く揺れなかった事

・自民党が、割れずに最後まで心一つであった事

そして、
そのバックに、
一歩も引かない日本の神々の存在があり、

自民党幹部が、日本の神々の強い意志を、
貫いたことにあった。」


ということでありました。
これが、

『奇跡を呼ぶ心』

の結論でありました。

終了後は、
50代と、60代のオネエサマ
お二人と、

「國賊議員、左翼、非國民、
反日マスコミ一体となった
今回の気違いじみた
反対運動は、とにかく目立って
顔と名前を売る。という
事前選挙運動。」

「内(豊中支部)は、
会内で、一般化する前から、
『皇紀2670年』
『八紘一宇』『祭政一致』『萬世一系』
『日本核武装』
に言及し、
靖國神社参拝を実施していた。
今、
神武理事長となり、
『祭政一致』の國體再興を、
明確に打ち出されるので、
非常に、感慨深いものがある。
神武理事長と縁が、深いかもしれない。」

といった話で、
盛り上がっておりました。

以下、感想を述べます。


Ⅰ.岡田克也民主党代表守護霊の釈明
1.平和安全保障関連法案成立の要因
・安倍倍首相の心が全く揺れなかった事

・自民党が、割れずに最後まで心一つであった事


2.大川隆法総裁に、支持政党を、
民主党にしてもらう為にした配慮
・イオングループの広告に、
大々的に、
大川総裁が、高評価される
武井咲さんを、
活用した。

・同じ東大法学部同窓生として
泣き付いた。

→ほとんど、幼稚な思考であります。

Ⅱ.反対運動の盛り上がり要因
1.反対デモ参加者
・日本は、代議員制の間接民主主義。
しかし、テレビに映り、インタビューされた
反対運動やっている非國民が、
野党政治家、反日マスコミに乗せられて、
「直接民主制気分」を満喫し、
デモや、街宣だけで、國家を転覆できる。
と誇大妄想し、
暴れていただけの話。
素人が、軍事同盟の作戦展開を議論しても、
全く不毛。


2.学者
・憲法学者は、ほぼ反対
→単なる訓詁学
占領政策基本法である
現日本国憲法が、無くなったら、
飯の種が無くなって困るから、反対。

・国際政治学者は、賛成多数
→リアリスト、世界情勢に応じて、
現実を直視し、論陣を張る。
例えば、
東京大学大学院法学政治学研究科
藤原帰一教授は、
東大の講義で、

「戦争すべき時は、
戦争すべきだ。」

また、
「国際政治学の使命は、
分類仕分け。善悪判断は、不可。
善悪判断は、宗教の役割。」

とも、おっしゃておられます。
やっぱり、リアリスト。

やっと、
戦後70年経って、
戦争放棄、政教分離の呪縛から、
覚醒しつつあるところである。
と言えます。


3.政治家
マキャベリズムに徹し、
安倍談話で、譲歩し、
平和安全保障関連法案の
論点も、ホルムズ海峡他にずらし、
上手く成立させた。
これが、プロの政治家。


Ⅲ.日本の國體護持が、憲法の役割
・125代2675年の皇統を誇る
八紘一宇、神洲不滅、祭政一致の
不文法の皇國日本の國體
が、
高々、70年足らずの
政教分離、戦争放棄を謳う
成文法の現日本國憲法に、
呪縛される必要は無いのであります。

・憲法とは、
単なる
日本の國體護持の奉仕者である。
といえます。

・現に、尖閣、沖縄は、当然収奪。
日本も属國にせん。として、
軍備拡張の勤しむ
我が國の最大の仮想的國である
中華人民共和国
が、存在する以上、

何もせず、戦わずして敗れ、
國民が、奴隷として恥を晒して生きる。
を良し。とする。
というのは、全くの利敵行為。
政治家として失格。人間としても失格。

支那の侵攻に備え、
対支那戦争の準備をするのが、
普通の独立國であり、
それが、政治家の最も重要な責任。

Ⅳ.幸福実現党に必要な要素=更なる忍耐力
1.法案成立させた自民党からの学び
・忍耐力。持ち堪える力。
批判、反対、攻撃の嵐が来ても、
涼しい顔をして、普通に持ち堪えること。
→幸福実現党、幸福の科学には、
まだまだ不足。

2.竹下登さんの言葉
・「体制側にある者は、
如何なる時も、
持ち堪えなければならない。」


3.幸福実現党の姿勢
・「安易な妥協は、決してしない。」
結果がついてくるまで、
言い続け、実行し続け、
とにかく耐え抜く。


・今の幸福実現党は、八咫烏状態で、
一定の方向性を示し、
誘導する役割しかないが、
それでも、全く無駄ではない。
微妙な影響は、多少出来きている。
絶え続けることが、重要。


・幸福実現党は、
神の意志、地球的正義を貫くことが、第一。
選挙の当落は、第二。

4.平和の定義
神の正義を貫き、悪と戦って得られるものが、「平和」。
悪に無抵抗で、従うのは、単なる「隷従」。
反対派が、目指すものは、「隷従」。


Ⅴ.次は、沖縄独立運動清算
1.翁長雄志沖縄県知事に、お灸をすえる
・日本國民の生命と財産と安全に関わる
外交まで、口出しし、
外交路線をひっくり返そうとするのは、
知事として、分を超えている。調子に乗りすぎ。

・お灸の為、政府は、刑法77条「国家内乱罪」で、
翁長知事を、一度、逮捕拘束した方が良い。

2.大阪都実現は、日本分断
・大阪に関所ができ、関税払わなければ、
大阪を通過出来ない様にする。
といった様なことが、行われれば、
日本は、完全に分断されてしまう。

・地方自治、地方分権を宣伝しすぎた
政府のツケが、今、来ている。
地方が、勝手なことをし続ければ、
國家が、崩壊する。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:憲法九条 - ジャンル:政治・経済

  1. 2015/09/19(土) 22:46:26|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015年09月20日(日)26年振りに、HDバー(プロフィールデザイン)テスト | ホーム | 【御案内】■明日(9/20)開催!視察報告!―中国の「抗日戦争勝利70周年・軍事パレード」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2592-454722a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (556)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1004)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (88)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる