世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2015年05月17日(日)若狭高浜日本海往復ロングライド


昨日(5/17)は、
早朝より、晴天でしたので、
福井県の高浜まで行ってきました。
昨年の8月19日以来9ヶ月ぶり。
気温は、堀越峠で、23℃~25℃程度

途中の美山では、
公道を使った
翌週(5/24)
美山サイクルロードレースが、
開催されるので、
揃いのチームジャージを着た
非常に多くのサイクリストが、
コースで、練習をしておりました。

堀越トンネル
150517_1327~001

コース上、数箇所の目立つ場所に、
釈量子党首のポスターが貼ってあるので、
多少の宣伝になるかもしれません。
印象が強く残るので、
山間部にポスターを貼ることは、
重要だと思います。

また、
街道上は、季節柄、
ツーリングするモーターバイクが多く、

往時、
道の駅「名田庄」のトイレで、
150517_1341~001
放尿していると、
隣に来た60代の長身ライダーが、
「1日何kmくらい走られるんですか。」
→「100km~200kmです。」
「平坦違うて、山があるから、大変ですね。」
→「日本は、どこ行くのにも、
アップダウンありますからねえ。
でも、走ると気持ちいい季節です。」
と少々会話。
最近は、自転車乗っていると、
よく声をかけられます。

石山坂峠を越え、
150517_1415~001 

高浜へ着くと、
150517_1438~001

若狭富士、青葉山を拝み、
150517_1440~002

若狭湾を撮影して、
150517_1440~001 
150517_1440~003 
150517_1443~001 

来た道を、帰還することにしました。
日本海は、いつ行っても、非常に美しい所です。

帰りの堀越峠では、野生の猿がおりましたし、
150517_1657~001

一庫ダムでは、車道脇を、鹿が走っておりました。

体重は、まだまだ軽くなりませんが、
大分、走れる様になってきました。


ルート
三国→天竺川堤防→勝部寺内線→曽根→猪名川左岸道路
→呉羽橋→173号線→一庫ダム→ひいらぎ峠→372号線
→園部→日吉→佐々江→神楽坂→美山→162号線→堀越峠
→名田庄→坂本高浜線→石山坂峠→福谷第一トンネル
→福谷第二トンネル →高浜→白浜海水浴場
(往復)
復路は、173号線→池田→176号線→三国


T10:47:35
D249.34
A23.1
M66.0


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ロードバイク - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/05/18(月) 07:39:42|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【実施模様】平成27年05月18日(月)<サラリーマン黄昏署名依頼戸別訪問>“「大東亜戦争は、肇國の精神『八紘一宇』による聖戦」とする「終戦70年正統談話」の発表を求める署名”於関目商店街、城東商店街※現署名累計132筆 | ホーム | 2015年05月13日(水)箕面、高山、妙見山、野間の大ケヤキ、大野山セミロングライド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2409-dff66314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (527)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (211)
宇宙 (44)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1004)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる