世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【参加報告】平成26年12月16日(火)豊中後援会ミーティング「今選挙結果を踏まえた来春4月統一地方選の取り組み方」




井上功一です。

昨夜は、

野口明子政治部長主催による
豊中後援会ミーティング
「今選挙結果を踏まえた来春4月統一地方選の取り組み方」
が、

開催されましたので、

進言したいところもあり、

参加して参りました。



1.開催日時場所
平成26年12月16日(火)
21:00~23:30


2.参加者
三上和慶支部長
植田弘子さん
小寺さん
野口明子さん
井上功一


3.平成27年4月統一地方選の取り組み方
・勝てる選挙をし、まず一人を当選させる。

・0.3%の得票しかなく、
常時政治活動する人が各支部5人未満では、
支部単位の政治運動をしていても、
効果が低い。支部結集で実施することが、必要。

・北摂エリア支部は、
平成27年4月迄の4ヶ月間は、
伝道、政治活動を、
幸福実現党
高槻市議会議員候補予定者
支援に、「特化集中」する。


・動員ではなく、
原則的に、志願者により支援を実施して、
支部内、支部間のトラブルを防ぐ。



4.参加者のご意見
・今回、初めて、幸福実現党の選挙に参加したが、
選挙後、支援者の方々に、
「お詫びとお礼」のメールを送り続けた
初めての選挙。
あまりにも、期待外れで、弱すぎる。
また、実力があるにも、かかわらず、
どうせ、幸福実現党は、落選と思ってか、
選挙に真剣に



・幸福実現党を得る比例区では、
責任が生じず、何時まで経っても、
状況は、変わらない。
幸福実現党を売るのではなく、
候補者本人の人間を売ることが、必要。
その為には、
その地域に住み根付き、顔を売り、
10年~20年スパンで、
市会議員、府会議員、国会議員と
ステップを踏んでいくことが、結局早道。

そういう意味で、
統一地方選には、
党幹部の方々が、率先垂範して、出馬すべきである。

毎回、幹部の方々が、落下傘で、国政選挙だけ出ていても、
どうしようもない。


・支援者の方々に、申し訳が立たないので、
惨敗して、恥をかくだけの選挙なら、
出ないほうが、良い、


・得票率0.3%では、他党を批判できないし、
マスコミに、諸派扱いされても仕方がない・


・部内で、得票が、前回より伸びたと喜び、
部外の支援者の方々を蔑ろにする風潮を改める必要がある。


・今回、40万ペース、200万ペース、あるいは、
圧力団体として、自民党に認めさせる。
といった目標は、不明瞭。
単に、近畿ブロック当選ライン30万票の目標とすべきであった。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/12/17(水) 23:21:54|
  2. 後援会、選挙、解任通告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年12月18日(木)ペダル交換「Time XPresso4」 | ホーム | 平成26年12月17日(水)幸福の今科学賛同者の方から、今年も、頂いた「御歳暮」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2247-22665209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (665)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (309)
自転車 (979)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (66)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる