世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

平成26年10月03日(土)職場の懇親会参加

井上功一です。

昨夜(10/3)は、

職場の懇親会が、
ありましたので、参加致しました。

先週は、送別会がありましたので、
2週連続。
自転車乗って、カロリー消費を、
心がけたいと思います。
141003_1820~001

飲み放題、食べ放題で¥3,000。
デフレの影響で、
最近は、昔と比べて、安くなっております。
収入も減少しておりますが。

内の職場は、
珍しく、20代、30代、40代が多く
話を聞くと、いろいろ異文化が学べ、
勉強になります。
141003_1834~001


・新婚1年で、奥さんから、
子作りを、迫られる艶話。

・アラフィフ既婚者で、AKB48に嵌っていて、
CDを何枚も買い、「握手会」へ行っている人は、
中高年が、AKB48に夢中になっているのは、
若かりし頃、キャンディーズ、ピンクレディー等
アイドルの追っかけをやっていて、
AKB48にその類似性を見出し、
「青春よ、もう1度」と
憧憬が膨らんでいるから。
という話。
141003_1835~001

・御岳山にスノーボードによく行っていて、
御岳山の地理に詳しい人の噴火実況解説。
→この人の奥さんは、霊感があり、
霊が見える人みたいです。
141003_1807~001

*余談:男が、「育児休職」取るのは、恥。
内の職場で、
20代男性が、
男性にも関わらず、
「育児休職」を、半年間取得し、
出産前は、
年次有給休暇を取得して、
現在、休んでおりますが、
休む前に、
職場の皆の前で、挨拶もせず、
非常識なところがあります。

内の会社で、
男で、「育児休職」を取得したのは、
この若者が初。

制度としてあっても、
男が、「育児休職」を取ったりするのは、

「恥」

であります。


最近は、子育て支援、少子化対策
等といって、
「ダイバーシティー」
「ジェンダー」
「男女共同参画社会」
「イクメン」

等といって、
過剰に、

女性を持ち上げて、
甘やかして、

我がまま女、軟弱男が、
増加しておりますが、

結局、日本の国力衰退を
招くだけであります。

一昔前の職業婦人は、
もっと自分に厳しい人たちでした。
また、
「育児休職」を取る様なイクメンに、
育てられた子供は、
きっと、
歪なところがあると思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2014/10/04(土) 18:29:38|
  2. 行楽、親睦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年10月04日(土)箕面、勝尾寺ショートライド | ホーム | 【実施模様】平成26年10月02日(木)<10月号月刊誌定例ふれあい配布兼サラリーマン黄昏署名依頼戸別訪問>~12月13日は、“南京城陥落治安回復記念日”。~「支那による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』ユネスコ記憶遺産登録阻止署名」於豊中市南部その2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2114-df49c49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (671)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (525)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (207)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (321)
自転車 (1001)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる