世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】 ”松井石根大将の霊言(南京攻略の司令官)「南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か”→12月13日は、“南京城陥落治安回復記念日”

天皇弥栄
八紘一宇
神洲不滅
暴支膺懲
二韓征伐


井上功一です。
77年前の
昭和12年(1937年)7月7日

コミンテルン(國際共産党)により、
「支那事変」の発端となった
盧溝橋事件が起り、

その後、
日本人居留民が、虐殺される
「通洲事件」が起き、

8月13日には、
中華民國の国民党軍が、
上海の日本人居留区を、
襲撃した
「第二次上海事変」 が勃発しました。

日本國民が、
「暴支膺懲」と激昂し、
近衛内閣は、軍事介入せざるを得なくなりました。

当時、
中華民國は、
内乱状態で、
国家の体を成しておりませんでした。

皇軍(日本軍)が、応戦し、
支那大陸へ進出していったのは、
今と同様、
大陸にいた多くのビジネスマン
その家族を保護し、
治安を回復させ、
支那人民を、
解放する為でありました。


本書は、
支那事変において、
南京攻略線を、
指揮された
上海派遣軍司令官
中支那方面軍司令官

松井石根陸軍大将公開霊言であります。
140924_2149~001



松井大将は、

常日頃、
私(井上)が、街宣で述べ、
自作チラシに書いている
とほぼ同じ様なことを、
おっしゃっており、

HS内の職員さん、信者さんにも、
戦後教育の除染が十分ではなく、
まだまだ、
私に敵対する方が
いらっしゃいますが、

この公開霊言は、
本当、励みになりました。


因みに、

松井大将の過去世は、

後醍醐天皇による
「建武の新政」

立役者である

「新田義貞」

でした。

戦死を覚悟で
大義の為に逍遥と戦場に赴く
「忠臣の鑑」「武人の鑑」
と言える方であります。

ところで、
ぜひ、近い内に、
特攻の父
「大西瀧治郎海軍中将」
の公開霊言も、
やってほしいと、
思っております。

以下、感想です。


1.12月13日は、“南京城陥落治安回復記念日”。

・便衣兵(ゲリラ兵)を射殺したことを、
民間人を殺したことにしている。
戦時国際法のハーグ陸戦条約で、
戦闘において、軍服を着用しない者は、
ゲリラ兵、スパイとして、
即射殺しても良いことになっている。

・世界で最も軍規厳しい皇軍は、
世界の模範とされ、
南京市内に、皇軍が進駐すると、
治安が回復し、犯罪が激減し、
避難していた南京市民が戻ってきた。

・軍規を犯し、
軍法会議に掛けられた日本兵は、
十数名程度。

・南京大虐殺は、蒋介石の戦時宣伝。
蒋介石は、儒教の国の人間として期待していたが、
二重性、三重性があり、嘘をつく。
現代の中国人、朝鮮人も、平気で嘘を付き、
開き直る武士道の欠落した民族。

・項羽のやったことを下に、
南京大虐殺を
日本人には、支那人の様に、
「易姓革命」の思想は無く、
虐殺、皆殺しにする文化は無い。

・支那人の死傷者は、日本軍との戦い1割、
支那人同士の内戦が9割。


2.最前線の戦場に、女郎屋開設は、不可能。

・砲弾飛び交い、爆弾が炸裂する戦場で、
戦闘の足手まといになる
従軍慰安婦を置く女郎屋開設は、不可能である。
こんなものは、
韓国とアメリカが、日本を封じ込める為に、
やっている謀略戦。

・従軍慰安婦を置く女郎屋は、
日本の統治下となり、治安が安定してから、
支那人や、朝鮮人が、金儲けの為始めたもの。


3.軍人は、精錬潔白。文民は、金権政治に走り腐敗。
・戦後は、軍部が暴走する。
その結果、戦争に突入した。という風潮があり、
やたら、
シビリアンコントロール(文民統制)を言うが、
民主政治で、腐敗し、金権政治、賄賂政治に堕すのは、
文民の方である。

・当時も、腐敗した文民政治家に、
日本国民が、辟易して、精錬潔白な軍人に期待していた。

・共産主義が、戦後は、持てはやされているが、
共産主義思想は、
帝國陸軍、帝國海軍といった
偉大な支配者、指導者が存在する機関を、
崩壊させ、
日本全体を、農民兵の様に、ばらけさせる思想。


4.アメリカと日本との戦争は、必然、不可避。
・アメリカは、大東亜戦争が始まる40年前から、
五大大国となった日本を仮想敵国とし、
戦争の準備を水面下で実施していた。

もう少しのところで、負けはしたが、
日本が、支那事変、大東亜戦争を戦わねば、
台湾、日本、朝鮮、支那は、アメリカの植民地となり、
アジア諸国は、独立開放は、実現されなかった。

・「大東亜戦争」は、「八紘一宇」の大義により、
負けると分かっていても、戦わねばならなかった
正義の線争、聖戦である。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:幸福の科学・幸福実現党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/09/24(水) 23:37:07|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平成26年09月25日(木)秋の黄昏 | ホーム | 2014年09月23日(火)<秋分の日>日本海往復ロングライド(舞鶴、五老ヶ岳)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2105-4b553435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (677)
後援会、選挙、解任通告 (557)
祭政一致、國史、教育 (530)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (324)
自転車 (1011)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (93)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (73)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる