世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】 「国際伝道を志す者たちへの外国語学習のヒント」→国外における伝道の厳しさ、アジア・アフリカで伝道が進み、欧米で進まない理由が、理解できる。

井上功一です。
140916_0708~001

8月下旬より、9月初頭にかけて、
幸福の科学大学開学認可申請にあたり、

下村博文文部科学大臣を始め、
文部科学が、
「信教の自由侵害」
「言論の自由侵害」
延いては
宗教弾圧とも言える妨害を、
しておる様ですが、

これを逆手にとり、

「人間幸福学」
「経営成功学」
「人間学」
「幸福学」
「比較宗教学から見た
幸福の科学教義」

を、
開祖であられる
大川隆法総裁自らによる
多くの解説
公開霊言により、

学問としての輪郭、概要が、
非常に鮮明になってきており、


また、
幸福の科学教団としても、
戸別訪問、駅前チラシ配布他により、
「幸福の科学大学」の告知を、
外部に対して
徹底的に行い、
賛同者、賛助者を募るモーションを、
かけております。

災い転じて、福となす。
常勝思考。

ここが、
幸福の科学としての運営の上手さ
であると、
思う今日、この頃であります。


さて、
この1ヶ月で、
書籍は、多数発刊されております。

お陰様で、
これらの書籍群を読むことで、
内部の信者としても、
大変、勉強になり、
今まで、今一つ不明瞭であった

「人間幸福学」
「経営成功学」

が、
非常に可能性を秘めたものであり、
皇國日本の再興を、期するに際して、
必要不可欠なものであることが、
よく理解でき、
有り難いことであります。

多忙で、
これら書籍の紹介が、
できておりませんが、

【これは、エエヨ!】で、
アップして行きたいと思います。


「国際伝道を志す者たちへの外国語学習のヒント」


単なる英語勉強の話ではなく、

・アジア、アフリカで、伝道が進みやすいのは、
日本を先進国と思っているから。
逆に、欧米は、自国の文化、伝統、宗教に、
誇りを持っており、
アジア発の新興宗教(HS)に、入信すると、
WASP階級から、脱落した人と思われるので、
伝道は、進みにくい。

・世界宗教になった宗教の伝道は、
軍事、貿易と一体となっている。
宗教だけで、伝道するには、

・日本で、モルモン教宣教師タレントが、
かなり上手な日本語で、関西弁でジョークを
言ったりしているが、
モルモン教の信者は、日本でそんなに増えない。
これと同様なことが、
HSの国際伝道にも言える。

・伝道で使える外国語は、
その国の文化、伝統、宗教を深く理解し、
悩み相談に答え、
ネイティブの人を論破できるレベルが必要。


と言った
現実を直視した興味深い内容であります。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/09/16(火) 08:00:49|
  2. 祭政一致、國史、教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年09月07日(日)「コウノトリチャレンジライドin但馬2014」の写真 | ホーム | 平成26年09月16日(火)赤い朝日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2094-c08a4b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (671)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (526)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (207)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (321)
自転車 (1002)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる