世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【これは、エエヨ!】”超訳霊言 ハイデガー「今」を語る 第二のヒトラーは出現するのか”→「Deutschland über alles(世界に冠たる我がドイツ)再興の一書」。アドルフ・ヒトラー、ドイツ第三帝國、ナチス(Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei )の正当な評価。反ユダヤ主義の本質。「存在と時間」の宗教的解は、「霊的人生観」と「正しき心の探求」。

140701_2122~001 
井上功一です。

現在、
United Nations(連合国)による
戦後体制
即ち、
グローバリズムによる
ユダヤ一神教的世界支配

から、脱却し、

「八紘一宇」

「ナショナリズム」
による
各国の文化伝統を尊重した
世界人類が「共存共栄」する
世界真秩序を、
構築せんとして

我が国は、取り組んでおり、


戦後体制からの脱却は、
枢軸国を正当に、評価し、

連合国側の犯罪を
白日の下に晒すことであります。


現在、戦後体制を維持せんとして、
支那、米国が、
日本を、今までどおり封じ込めるべく、
プロパガンダを実施しておりますが、
支那政府、米政府を扇動している
本当の黒幕は、
国家を持たない国際ユダヤ人。
現在、米国は、
WASP(ホワイトアングロサクソンプロテスタント)の国家ではなく、
国際ユダヤ人の支配する国家に成り下がっているのが、
現状であります。

現在、同盟国のドイツは、
日本以上に、戦勝国の内政干渉が酷く、
独裁者、専制国家の例えとして
アドルフ・ヒトラー、ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)を、
常に用いられ、
真なるドイツの國史を、伝えようとすると、
「歴史修正」として、他国から断罪され、

それに甘んじ、耐えているのが現状であります。

ドイツのユダヤ人虐殺は、600万人と言われておりますので、
残虐行為、虐殺ということであれば、
ソビエト連邦、中華人民共和国では、数千万人の虐殺が、
行われておりますし、
「民族浄化」をスローガンとして
自治区内での猟奇的残虐行為、拷問と比べれば、
ナチス・ドイツの方が、まだマシとも言えます。


また、
自由が著しく制限されており、
ドイツ国歌も、
第1番~第4番まである内
第3番しか歌えず、

ナチス党の党歌「ホルスト・ヴァッセル」も歌えず、

ドイツ第三帝國時代の国旗
「ハーケンクロイツ旗」も、掲揚できません。


本書は、
ドイツ第三帝國時代を生きた
偉大な哲学者
マルチン・ハイデガーの超訳霊言で、
ドイツ第三帝國の
ドイツ国民が、
ヒトラーを
ドイツに、自信と誇りをもたらす
「救世主」として
ドイツ国内の様相。
ヨーロッパでは、いかに嫌われているか。

といったことが、
リアルに分かり、

枢軸国側を、一方的に悪とする
連合国側の呪縛から、覚醒し、
世界に冠たるドイツとして再興を、
期する一書であると思います。

余談ですが、
ユダヤ系ドイツ人のハンナ・アーレントは、
マルチン・ハイデガーの愛人であったことは、
有名な話です。

ハンナ・アーレントは、
ユダヤ人でありながら、
アイヒマン裁判で、
執拗なイスラエルのナチス狩りに、異を唱え、
アイヒマンを、命令に従った単なる役人である
として
「悪の凡庸さ」
として解釈しました。
常に、真理を追究する
真の哲学者であります。

以下、
本書の感想を述べます。

Ⅰ.「存在と時間」の宗教的解
・「存在と時間」の宗教的解は、
「霊的人生観」と「正しき心の探求」。

・人間は、Der Sein(そこにある存在)=魂。
よって、「場所」と「時間」を与える必要がある。
単なる存在ではなく、存在感。これが魂。

Ⅱ.ヒトラーを待ち望んでいた当時のドイツ国民
・第一次世界大戦に、背後の敵によって敗れ、
多大な賠償金を課せられ、屈辱を受け、疲弊したドイツを、
「ベルサイユ条約破棄」「再軍備」により、
戦時経済学に基づく、財政出動による「雇用創出」「需要の創出」で、
ドイツを、短期間で、再興させたヒトラーは、
当時のドイツ国民の90%以上が、熱狂的に支持していた。

・ヒトラーは、ケインズ経済学実践者としての「経済的な天才性」、
電撃戦による「軍事的な天才性」がある。

・ヒトラーは、知識人からは、貧乏学生上がりで、
無教養と思われているが、
膨大な読書による自学自習、類稀なる記憶力により、
実際は、かなりの知的能力があった。

・現在のEUを創ろうとしていたとも言え、
ヒトラーは、50年先取りしていた。とも言える。


Ⅲ.欧米社会では、歴史的にも、非常に嫌われているユダヤ人
・聖書に、
イエス・キリストが、かかる前夜、
「一人だけ許してもいい。」と言われたが、
ユダヤ人たちは、殺人犯の「バラバを許せ。」と言い、
「その呪いが、ユダヤ人や、その子孫の上にかかっても構わない」
と言った様なことが書かれているが、
これを、
「彷徨えるユダヤ人千年の放浪」
「キリストの血の贖いは、ユダヤ人が受ける」
というのが、欧米に浸透しており、
ヒトラーが、それを利用したとも言える。

・ユダヤ教徒は、未だに、「イエスは、救世主ではない。」
と頑迷に言い続けており、
熱心なクリスチャンであるほど、
本当は、ユダヤ人に憎しみを持っている。

・純粋なクリスチャンからすれば、
ユダヤ人は、イエスを認めず、迫害した頑固者で、
国をほろぼした馬鹿者たちである。

・シェークスピアも、その作品の中で、
ユダヤ人を、非常に馬鹿にしている。

・ヨーロッパの宗教的土壌として、
ユダヤ教対ユダヤ教の戦い以外に、
キリスト教によって滅ぼされた
ケルトのドルイド教、エッダ・サーガのゲルマンの神々
の戦いがあり、
それが、混ざり合って、
日本と同様シンクレティズムとなっている。

・ヴァークナー信奉者で、
バイロイト祝祭劇場のパトロンでもあり、
楽劇「ニーベルングの指輪」にも、
傾倒していたヒトラーは、
ゲルマンの神々の復活を目指した
魔術師とも言える。

・ヘンリー・フォードも、
著書「国際ユダヤ人」の中で、
ユダヤ人共産主義者による
米国、ドイツ支配と、
資本主義の破壊を明らかにし、
ヒトラーも、フォードを、賞賛し、
ヒトラーの執務室には、
ヘンリー・フォードの肖像画が掲揚してありました。

Ⅳ.ドイツ国歌
作詞:ハインリッヒ・ホフマン・フォン・ファラースリーベン
作曲:ヨーゼフ・ハイドン

1番
Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt,
Wenn es stets zu Schutz und Trutze
Brüderlich zusammenhält,
Von der Maas bis an die Memel,
Von der Etsch bis an den Belt -
|: Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt. :|


ドイツよ、全てに冠たる、
世界に冠たる我がドイツよ!
マース川からメーメル川、
エッシュ川からベルト海峡まで
護りの為めに いつも
兄弟の如く団結せば
ドイツよ、汝は全てに冠たる、
世界に冠たる我がドイツなり!

2番
Deutsche Frauen, deutsche Treue,
Deutscher Wein und deutscher Sang
Sollen in der Welt behalten
Ihren alten schönen Klang,
Uns zu edler Tat begeistern
Unser ganzes Leben lang.
|: Deutsche Frauen, deutsche Treue,
Deutscher Wein und deutscher Sang. :|



ドイツの女、ドイツの誠、
ドイツの酒にドイツの歌よ。
その古への調べを
宇内に保持し、
この身命ある限り、
我らを弥貴き業へと赴かせよ。
ドイツの女、ドイツの誠、
ドイツの酒にドイツの歌よ。

3番
Einigkeit und Recht und Freiheit
Für das deutsche Vaterland!
Danach laßt uns alle streben
Brüderlich mit Herz und Hand!
Einigkeit und Recht und Freiheit
Sind des Glückes Unterpfand.
|: Blüh' im Glanze dieses Glückes,
Blühe, deutsches Vaterland. :|



団結と権利と自由を
祖国ドイツの為に!
我ら兄弟の如く挙りて
その為に努めようぞ!
団結と権利と自由こそ
幸福の証しなれ。
この幸福のもと栄光あれ、
栄光あれ、祖国ドイツよ!

4番
Deutschland, Deutschland über alles,
Und im Unglück nun erst recht.
Nur im Unglück kann die Liebe
Zeigen, ob sie stark und echt.
Und so soll es weiterklingen
Von Geschlechte zu Geschlecht:
|: Deutschland, Deutschland über alles,
Und im Unglück nun erst recht. :| )


ドイツよ、全てに冠たる、
艱難の時にこそ冠たるドイツよ。
艱難の時にのみ愛は
己が強さと清さの程を示さん。
かくて世代から世代へと
ドイツはこれぞと遍く報らすなり。
ドイツよ、全てに冠たる、
艱難の時にこそ冠たるドイツよ。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/07/10(木) 21:17:32|
  2. 【これは、エエヨ!】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【実施模様】平成26年07月11日(金)<サラリーマン黄昏署名依頼戸別訪問>~12月13日は、“南京城陥落治安回復記念日”。~「支那による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』ユネスコ記憶遺産登録阻止署名」於阪急神崎川駅前、三津屋商店街  | ホーム | 【実施模様】<サラリーマン黄昏署名依頼戸別訪問>~12月13日は、“南京城陥落治安回復記念日”。~「支那による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』ユネスコ記憶遺産登録阻止署名」於東三国商店街  >>

コメント

鉤十字の復活

今後のヨーロッパを予測すると、違った形での鉤十字(新生ナチス?)が復活するように感じられます。
しかし極端な(ユダヤ人迫害などの)特定人種への弾圧や侵略主義はやらず他民族を許容するでしょう。

ドイツに新しい指導者(ヒトラーを研究し、ヒトラーの良い所を十分に取り入れて生かせる)が現れ、ドイツのベルリンを中心都市にしてヨーロッパ諸国を統合、新生第三帝国が誕生し、隆盛を極めるかもしれません。
そして南極に新たな帝国を築くでしょう??
  1. 2014/07/11(金) 18:43:51 |
  2. URL |
  3. とおりすがり #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

Re: 鉤十字の復活

とおりすがり様

ご意見、ありがとうございます。
私も、ドイツの再興を、期待しております。
United Nations(連合国)による
ユダヤ教的戦後体制を、終結させ、

かつての枢軸国(日本、ドイツ)が、
世界真秩序を、構築すべきであると思います。

本当の黒幕=ユダヤ
の呪縛から覚醒しなければならないと、
思っております。

  1. 2014/07/11(金) 22:51:44 |
  2. URL |
  3. 井上功一 #qhByB3uI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/2003-0c621259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (671)
後援会、選挙、解任通告 (555)
祭政一致、國史、教育 (526)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (207)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (321)
自転車 (1002)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (86)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる