世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

2014年06月15日(日)日本海(舞鶴軍港)往復ロングライド

昨日(6/15)は、天気もよく、
比較的涼しい日でしたので、
2月2日以来、4ヶ月ぶりに、
舞鶴に行ってきました。

気温は、24℃~30℃。
非常に寒暖差が大きく、
日差しが強い割りに、
比較的涼しく、快適。
多くのサイクリストが、
練習をしておりました。

いつもは、綾部経由で、
ひたすら27号線を北上し、
西舞鶴の漁港へ行きますが、

今回は、趣向を変え、
山家から、
交通量の少ない
風光明媚な
小浜綾部線を北上し、
菅坂南トンネルを抜け、
140615_1328~001
タイトなワインディングロードを下って、

東舞鶴の軍港の方へ
行きました。
140615_1401~001
日本海側唯一の軍港で、
海上自衛隊の舞鶴地方隊があり、
国道27号線からも、
停泊する艦艇が見えます。
140615_1412~001

舞鶴軍港は、
坂本竜馬が、
舞鶴湾を一望できる五老岳へ
上って、
入り組んだ入り江にある
舞鶴湾が、軍港として最適であるとして、
開港させ、
舞鶴鎮守府の初代司令長官は、
東郷平八郎でした。

帝國海軍のレンガ造りの倉庫が、
多く残っており、
赤レンガ博物館なんかもあり、
多くの観光客で賑わっております。
140615_1404~001

朝は、アップルポテトパイ1斤を、
食しておりましたが、
案外低カロリーで、
小浜舞鶴線では、
ハンガーノックになってスローダウン。
昼食後も、スピード回復せず、
途中で、補給をとった方が良かったと思います。

和知付近の由良川岸辺では、
乗馬の練習をする人があり、
140615_1156~001

また、園部付近の田圃では、
小麦が実り、麦秋。
140615_1816~001

いろいろと、見所のある楽しい1日でした。
涼しい
梅雨時期に走るのも、良いものです。
最近の夏は、殺人的な暑さですからね。

ルート
三国→天竺川堤防→勝部寺内線→曽根→猪名川河川敷道路
→呉服橋→173号線→一庫ダム→里山街道→ひいらぎ峠
→372号線→大河内口八田線→中山峠
→長谷八木線→京丹波町→27号線→山家→小浜綾部線
→五津合→菅坂南トンネル→東舞鶴→舞鶴軍港
→27号線→京丹波町→9号線→中山峠
→大河内口八田線→372号線→ひいらぎ峠
→能勢街道→一庫ダム→173号線→池田→176号線→三国


T10:55:45
D246.59
A22.5
M57.8

中山峠
140615_1047~001 

川西市多田になった
湊侑子さんのポスター
140615_0902~001 




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/06/16(月) 06:53:48|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【これは、エエヨ!】早稲田大学創立者・大隈重信「大学教育の意義」を語る→九鬼一学長の名誉回復、全面支援の一書 | ホーム | 平成26年06月14日(土)大人の健全な夜遊び参加~夜間布教配布~ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1965-ddfaf2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (361)
軍事外交、再軍備、核武装 (673)
後援会、選挙、解任通告 (556)
祭政一致、國史、教育 (529)
経済、増税阻止、震災復興 (234)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (212)
宇宙 (45)
行楽、親睦 (322)
自転車 (1004)
音楽 (32)
健康 (34)
【これは、エエヨ!】 (88)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (72)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる