世界に冠たる皇國、大日本帝國 Donners Hammer「今日の模様」

天皇弥栄、八紘一宇、祭政一致、必勝神風、神洲不滅、皇軍復活、核武装、暴支膺懲、二韓征伐、排他性一神教撲滅。

【実施模様】平成26年05月21日(水)<サラリーマン出勤前街宣>「日本無制限交戦権行使、核武装、再軍備宣言」~八紘一宇、暴支膺懲、二韓征伐~於阪急神崎川駅神洲橋南詰


皇尊弥榮
八紘一宇
暴支膺懲
二韓征伐



井上功一です。
風雨が、激しい状況でしたが、

今朝も、
海軍記念日(5/27)も近く、
大日本帝國の再興を願い、

臨時にて、


<サラリーマン出勤前街宣>
「日本無制限交戦行使、
核武装、再軍備宣言」
~八紘一宇、暴支膺懲、二韓征伐~


を実施しました。


1.開催日時、場所
阪急神崎川駅神洲橋南詰
平成26年05月21日(水)
07:20~07:50


2.実施内容
旭日旗、党ノボリ掲揚、
透明ビニルカッパ、党タスキ装着で、実施。

井上自作チラシ
<八紘一宇、暴支膺懲、二韓征伐>
世界に冠たる皇國、大日本帝國再興
無制限交戦権行使宣言
~集団的自衛権行使容認は、独立国として、最低ライン~
を3部程度手渡し。



3.巷の声、様子
・風雨が激しく、
チラシは、ほとんど取られませんでしたが、
(強風で、
党ノボリのカンザシが、
ぶっ飛んだりしましだ、
旭日旗は、頑強で問題無し。)

「~集団的自衛権は、
アメリカのいいなり止めて、
独立国となる第一歩。
無制限交戦権行使を宣言して
軍事力、戦争を自由に行使する
世界の護民官となるのが、本来であります。~」
とやっていると、
振り返って、
チラシを所望する方もありました。



・演説内容は、
集団的自衛権行使容認は、
日米同盟を、
イコールパートナー
の軍事同盟にし、

日本が、一方的な保護
アメリカのいいなりを、
止め
自立するだけのことであり、


日本共産党さんの
ポスタースローガン
「アメリカのいいなり
もう止めよう。」
を、実現する
第一歩であり、



独立国、真の主権国家
であるならば、


「日本無制限交戦行使」

を宣言し、
戦争を、外交の一手段として、
行使することが、必定。



「八紘一宇」の大義により、、
「世界の護民官」
「東洋の盟主」
として、

フィリピン、ベトナムを助け、
チベット、内モンゴル、東トルキスタンを、
独立解放させ、

国際犯罪人国家
支那、両朝鮮
を征伐し、
世界人類の福祉、和平増進の為

「愛故の戦争」
「正義の戦争」

行使する責務があること。

有事には、
超法規的措置、
9条適用除外にて
自衛隊が、無制限交戦可能なこと。


を、強調し、
賛同を求めました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:中共の侵略 - ジャンル:政治・経済

  1. 2014/05/21(水) 09:55:34|
  2. 軍事外交、再軍備、核武装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平成26年05月21日(水)死去した知人の骨上げ参加 | ホーム | 平成26年05月20日(火)サラリーマン出勤前街宣用チラシ完成”<八紘一宇、暴支膺懲、二韓征伐>世界に冠たる皇國、大日本帝國再興日本無制限交戦権行使宣言~集団的自衛権行使容認は、独立國として最低ライン~”>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hstoyonaka.blog.fc2.com/tb.php/1926-04249480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター(2011/10/3より)

検索フォーム

プロフィール

井上功一

Author:井上功一
私は、
皇國民、日本國民であります。


天御祖神を開闢の始祖せる
正史30000年を誇る
我が國が、
『祭政一致』の國體、
肇國の精神『八紘一宇』
に回帰することにより、

天孫であらせられます
天皇陛下を奉戴せる
世界に冠たる皇國=大日本帝國として
再興致すことをを期して、

日々、精進しております。

尚、
私は、

靖國神社崇敬奉賛会会員、曹洞宗檀家
國粋主義者、民族派、
であります。


座右の銘:生死一如(ショウジイチニョ)

尊敬する人:神功皇后、大西瀧治郎

趣味:オペラ鑑賞、自転車

カテゴリ

未分類 (360)
軍事外交、再軍備、核武装 (664)
後援会、選挙、解任通告 (552)
祭政一致、國史、教育 (523)
経済、増税阻止、震災復興 (223)
人口政策、生涯現役 (18)
宗教 (196)
宇宙 (43)
行楽、親睦 (306)
自転車 (974)
音楽 (21)
健康 (32)
【これは、エエヨ!】 (84)
ご挨拶廻り(商店街、巷) (63)
ご挨拶廻り(山岳、農村) (1)

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる